RSS | ATOM | SEARCH
デジカメデータの消失

JUGEMテーマ:日記・一般

 

先日のことですが、個人的には「(プチ)ショッキング」な出来事がありました。

それは、コンパクトデジタルカメラのデータが全てなくなっていたからです。

 

私の習慣として、数枚レベルの撮影だと「そのまま放置」していることもありますが、数十枚撮影した際は、こまめにパソコンやハードディスクにデータを落としています。

そのため、「消えた画像データ」は、約1年分ですが、感覚的には90%以上は、バックアップされていると思います。

 

しかし、データが消えた日に、100枚ほど撮影していました。

このデータは、全く保存していなかったので、「苦労して撮影した時間が全て無駄」になってしまいました。

 

私の場合、容易に

・手元で記憶をたどりたい

・友人に画像を見せて説明したい

・友達やSNSで知らせたい

といった理由から、スマホでも同じアングルで何枚か撮影する習慣があります。

やはり、「通信機能」を利用する場合は、「スマホ撮影の方がはるかに便利」です。

 

ただ、スマホだと、

・バッテリーがすぐになくなる

・画質がややデジカメより落ちる

・細長い画像となり芸術的に落ちる

といったデメリットがあります。

 

そのため、スマホでの撮影枚数は少ないのです。

しかし、デジカメで撮影した場面の何分の一かは、スマホ撮影していたので、「全く画像がない」という状態にはならず、データが消失した際にも「叫び狂う」ほどの焦りはありませんでした。

 

話を元に戻しますが、「デジカメ画像が消えた理由」がはっきりしません。

考えられるのは、「1枚だけデータを消去するつもりが、誤ってデータ全消去」の操作をしてしまった可能性です。

細心の注意を払っているので、それはまずない、と考えたいのですが、真相はわかりません。

ITに強い友人に聞くと、「消去してもデータは復元できるよ、でもめっちゃお金がかかる」といわれたのでもしかしたら、復元できるのかもしれません。

 

しかし、復元しようとは思いません。

消えたデータの殆どは、風景写真ですが、景色は十分に目に焼き付けた、と思っているからです。

思い起こせば、今から27年前(学生時代)にも海外旅行で撮影したデータ(当時はフィルム)を一部、カメラごと海に流してしまったことがあります。

流してしまった画像は、この時の旅行で撮影した画像のたぶん2割ぐらい(旅の後半戦)ですが、意外といまでも当時のアルバムを見て、画像のない部分についても「記憶」は残っています。

 

私は、「メモ代わり」にデジカメを使うことがあります。

例えば、新聞を読んできて、昔なら「スクラップブック」ですが、今では、デジカメでパシャっと撮っておくわけです。

これらは、仕事やブログのネタになるので、これらのほとんどは、パソコン等に取り込んでいなかったので、結構痛いです。

バックアップはこまめに。。。ですね。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ637号より)

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ
7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:一般コラム, 11:47
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.logcom.jp/trackback/867763