RSS | ATOM | SEARCH
JR東海が開始した“泡ビール”のリスク対策

JUGEMテーマ:ニュース

 

2019年2月7日付のFNNニュースが、

「新幹線で店さながらの“泡ビール”提供 JR東海が車内販売で」

という見出しニュースを報じていました。

 

FNNニュースによると、

・東海道新幹線の車内で、お店で飲むようなビールを楽しめるサービスが登場した

・JR東海が2月6日から、東京駅 - 名古屋駅間を走る一部の新幹線で販売を始めた

・今まで缶のまま売っていたビールに、専用のサーバーを取り付けてつぐ

・(専用サーバーは)1秒間におよそ4万回の振動で、きめ細やかな泡が立つ仕組み

・(専用サーバーは) 缶に取り付けるだけで、車内での扱いが簡単なことから導入された

・ 価格は、おつまみとセットで500円。

・2019年2月末でJR北海道が、3月末でJR九州が車内販売を終了すると発表

・JR東海によると、

「お店と同じような高品質の生ビールを車内で提供することで、東海道新幹線の車内販売の魅力づけになるだろうということ、快適な乗車時間をすごしてもらえるということで、取り組ませていただくことにした」

とのことです。

 

私は、ビール党ではないので、夏季の一時期は「生ビールがうまい」と感じるだけでそれ以外の季節は「生ビールでも缶ビールでもどちらでもいい」(注:今回の新サービスは生ビールもどき(泡ビール)ですが)ので、今回のニュースは「かなり嬉しいサービス開始」とは感じません。

しかし、ビール党の方にとっては「一度は利用してみたい」と思うサービスでしょう。

 

ただ、私は、学生時代に新幹線の車内販売のアルバイトをしたことがあるので、その経験から言うと、「売り子さんとJR東海の車掌さんは大変だ」と思います」

飛行機であれば、安定飛行に入れば、殆ど揺れはありません。

しかし、新幹線は、直線距離が長いとは言っても、鉄道なので揺れます。

・テーブルの溝を深くする

・缶の要領に対して大きめのカップで提供する

といった対策を取らないと、ほぼ確実に、カップのビールはこぼれます。

ビールがこぼれた際の苦情は売り子さんや車掌に行くでしょうから、「リスクを想定して対応策をあらかじめ計画しておく」ことが必要でしょう。

特に、車内販売を担当するJR東海パッセンジャーサービスは、

・ビールをコップに注いでいる途中にこぼれる

・お客様の衣服等を汚す

・A席、E席など奥の座席のお客様に提供する際に通路側のお客様に迷惑をかける

といった際の処置に必要な備品(おしぼり、ふきんなど)やお詫び手順を決めておく必要があるでしょう。

 

また、気になるのは、清掃サービス会社と調整はできているのかなぁ、と思います。

現在、海外の人が驚嘆するのは「東京駅で短時間に清掃を完了すること」です。

カップビールの提供により、清掃上の手間暇も増すのではないかという気がします。

今後の動向を見守りたいと思います。

 

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ
7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:ニュースを題材にした話, 08:53
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.logcom.jp/trackback/867704