RSS | ATOM | SEARCH
家計調査でわかるグレープフルーツの消費量

JUGEMテーマ:ニュース

 

2019年1月27日付の「Newsポストセブン」が、

「「グレープフルーツ離れ」が家計調査で判明 10年で消費6割減」

という見出し記事を報じていました。

 

記事によると、

・家計調査の収支項目分類が2020年に見直される(※原則5年ごと改定)

・「家計調査2020年収支項目分類改定(案)」が作成されパブコメが募集されている

・今年の改定案で見ると、「グレープフルーツ」が「他の柑きつ類」に統合される(案)

・理由として挙げられているのは「消費支出に占める構成比が継続的に低くなっているため

・近年、スーパーや青果店の店頭を見ても、グレープフルーツの存在感は薄い

・積極的なプロモーションをかけている事業者や団体も思い当たらない

・消費支出の推移を見てみると、2008年に全国平均で589円だったが、2017年には231円

・他の果物を見ると(2008年→2017年)

りんご4177円→4252

みかん4124円→3757

梨1686円→1525

ぶどう1991円→2214

いちご3072円→2629

バナナ4218円→4022

これら、販売期間の長いメジャー果物は根強い人気を誇っている

・その他の嗜好性の強い果物は、

柿967円→932

桃1170円→984

すいか1226円→1130

メロン1260円→943

キウイフルーツ810円→1340

と減少気味ではあるが、10年間で消費支出が半減以下の果物はない

・ちなみに

オレンジ473円→524

と、なんとか持ちこたえている

ということだそうです。

 

見出しを見た時は「グレープフルーツが6割減だなんて、えー?!」と思いました。

ホテルの朝食バイキングには、必ずグレープフルーツジュースがあるし、居酒屋でもグレープフルーツ系チューハイやカクテルは人気メニューなので、個人的には、日常的によく飲んでいたからです。

ただ、この統計は「家計調査」なので、よくよく考えてみると、確かにグレープフルーツを果物として購入する機会は減ったように思います。

 

購入機会が減った理由は、私の場合は「食べるのが面倒くさい」からです。

最近は「果物の皮に栄養がある」と健康番組で医者や医学博士が主張しているので、私も、りんごやぶどうは、表面を洗って、皮ごと食べる機会が増えました。

しかし、グレープフルーツは、なかなか皮ごと食べるわけにはいかないです。

一般的に、購入額が減少している理由は、記事にもあるように「特別な販売プロモーション」をしていないから、他の果物に消費を奪われている、ということかもしれません。

 

食べ物に関する「家計調査収支」ですが、数十年前と比較して、そもそも「外食」や「中食」の割合が増えているので、間接的に飲食店で消費したグレープフルーツは、家計調査収支には、反映されません。

つまり、「消費者が最終的に購入している実感」と「家計調査のデータ」には、隔たりがある・・・要は「10年でグレープフルーツの消費が6割減少」とは一概に言えないのかもしれないですね。

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ
7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:ニュースを題材にした話, 13:12
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.logcom.jp/trackback/867696