RSS | ATOM | SEARCH
コンビニエンスストアのセルフ式コーヒー

JUGEMテーマ:ニュース

 

2019年1月22日付のテレビ西日本が、

「セルフ悪用 コンビニで100円払い150円ラテ注ぐ “窃盗"で62歳男逮捕」

という報道をしていました。

 

この事件は、報道によると、

・那珂川市の62歳の男性がコンビニエンスストアのセルフ式のコーヒーメーカーを悪用した

・支払ったのは100円なのに150円のカフェラテを注いだとして、窃盗の現行犯で逮捕された

・警察によると、店では数日前にも同様の被害があった

・犯行のあった1月21日は店のオーナーが、男性がカフェラテを入れるのを目撃した

・男性は警察の調べに対して、故意にやった、と容疑を認めている

・セブン&アイホールディングスによると、セルフ式のコーヒーマシンで商品を購入する際、客がどのボタンを押したか、レジカウンターの内側からわかるシステムが採用されている

ということのようです。

 

この報道で気になったのは「逮捕」の方法です。

報道だと、

・窃盗の現行犯で逮捕された

・店のオーナーがカフェラテを入れるのを目撃した

ということなので、逮捕はオーナーによる「私人逮捕」なのかもしれません。

 

私人逮捕とは、

・目の前で犯罪が起きた時、現行犯であれば一般の方が逮捕できる

・例としては、目の前で暴行事件や強盗に遭遇し、

警察到着の時間に間に合いそうもない

緊急性が必要な場合

という仕組みです。

 

それから、もう一つ気になったのが、コンビニエンスストアのセルフ式カフェの方式です。

今回の事件現場は、セブンイレブンですが、現在のセブンイレブンのセルフ式は、「客がどのボタンを押したのかレジからわかる方式」だそうです。

 

他の大手(ローソン、ファミリーマート)を調べてみると、

・ローソン:購入すると店員が入れてくれる

・ファミリーマート:飲料の種類に関わらず、カップのサイズで価格が同一になっている

ようです。

 

私個人は、記憶の限りでは、コンビニのセルフ式カフェは、ファミリーマートしかたぶん、利用したことがないですが、言われてみると、上記のようだった気がします。

ファミリーマートでは、何度か利用しているのですが、正直、購入した種類と違う飲料のボタンを押してしまったこともありましたが、ファミリーマートなら、支払価格的には、問題なしです(笑)

 

今回の事件は、逮捕された男性は、「一度や二度ではなく何度も」のようなので悪質ですが、窃盗額的には少額なので不起訴にはなるのかもしれません。

ただ、セブンイレブンでは、今後は、客が購入すると購入した種類のカップを渡し、セルフ式コーヒーメーカーにカップを置くと、飲料を自動認識して購入したもの以外は抽出されないような仕組みにするようです。

さすが、資金力に余裕がある大手コンビニですね。

現在設置されているセルフ式メーカーの入れ替え費用は、本部が持つのか、店舗側が持つのか、気になるところです。

 

それにしても、コンビニは「どうやって人手をかけずに済むのか」は常に研究しているようです。

先日、ファミリーマートで「くじ」をひき、購入価格100円程度の栄養ドリンクが当たりました。

以前は、その場で店員が、その当たった商品を取りに行き、レジが停滞しました。

しかし、今年は、(原則)後日、客が当たった商品をレジに持って引き換えする方式に変わりました。

このことで、

・定員の手間が省ける

・次回来店に繋がる

という効果があります。

進化するコンビニをこれからもチェックしていこうと思います。

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ
7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:ニュースを題材にした話, 12:10
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.logcom.jp/trackback/867692