RSS | ATOM | SEARCH
オリオンビールの今後

JUGEMテーマ:ビジネス

 

2019123日付の日経ビジネスによると、ビール系飲料国内5位のオリオンビールは、野村ホールディングスと米投資ファンド、カーライル・グループによる買収を受け入れることを決めたそうです。

 

このニュースは、すでに各メディアが、動向を報じていましたが、123日に開催された取締役会で決まったそうなので、現経営陣も、海外販路に関する経営資源があるカーライル・グループ等に買収された方が、会社としてもっと成長できると踏んだのでしょう。

 

記事では、

・オーシャン・ホールディングス(野村51%、カーライル49%出資)がTOBを行う

・約600人いるオリオンビールの株主から株式を取得する

・買い付け期間は124日から322日まで

・買収金額は最大で500億円超になる見込み

・オリオンビールの現筆頭株主で10%を出資するアサヒビールはTOBに応じる

・アサヒビールは、再出資により現状の出資比率を維持するとみられる

そうです。

 

食品工場の仕事をするので、飲料製品詳しい人に聞いた話ですが、飲料製品は、工業製品ではありますが、

「同じレシピ、同じ原料であっても、製造に使用する水によって味が変わる」

そうです。

この「微妙な違い」は、「官能検査員」や「その製品を愛飲する通」でなければ、わからないレベルらしいです。

確かに、内地の水は、全般的に軟水、沖縄の現在の水道水は、世界保健機構(WHO)の基準に照らせば、一応「軟水」の部類ですが、「中程度の軟水」なので、内地の工場でオリオンビールを製造すれば、「微妙な違いが分かる人」には、「オリオンビール名護工場で作るビールとは違う」と感じるのでしょう。

 

また、食べ物は、気候、風土など、どこの土地で食するかでも「味が違う」と感じます。

食材は違いますが、ソーキそばに入れる「島トウガラシ」ですが、沖縄でソーキそばに入れると、ピリッと辛くて美味しいですが、お土産で、ソーキそばセットと島トウガラシを購入して内地で作って食べても、イマイチです。

 

また、長粒米で製造する「泡盛」もそうです。

沖縄で飲むと「美味しい」と思っても、内地で飲むと「クセが強いなぁ」と感じることもしばしばです。

 

そんなこともあるので、野村&カーライル・グループに買収されることで、経営的な外界進出は期待できますが、製造効率を重視した「海外拠点でのオリオンビールの製造」は、やめて欲しいな、と思います。

そもそも、「オリオンビール」は、地ビールだから内地の人も観光で沖縄を訪れれば、飲みたくなるわけです。

国内市場は、消費者のビール離れや少子化で、「苦戦」が予想されるので、経営的には今回の買収は「良い方向」に向かうでしょう。

しかし、もともとのオリオンビールじゃないビールが製造される単なるビール会社に変質していくんじゃないのかな、という気もする今回の買収ですね。

 

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ
7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:ニュースを題材にした話, 11:59
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.logcom.jp/trackback/867690