RSS | ATOM | SEARCH
全国に広がって欲しいホテルの全室禁煙

JUGEMテーマ:日記・一般

 

先月のある週は、仕事でまるまる1週間、同じホテルに滞在していました。

ホテルの選定は、

・訪問先の近くにある

・そこそこ快適である

・価格的にリーズナブルである

・禁煙室である

・駅に近い

といった点が基準になります。

 

ただ、今回は上記項目の中で満たさない項目がありました。

それは「禁煙室」です。

私は、原則「禁煙室」で予約できないホテルには泊まりません。

しかし、訪問先への便利さや価格を考えると、今回は「しょうがないか」という判断で、泣く泣く予約しました。

ウェブ上は「禁煙室」が無くても「早めにチェックイン」すれば「(禁煙室を)ご用意できます」といわれるケースもあるので期待したのですが、「通しで禁煙室が確保できる」部屋はないといわれ、諦めました。

 

最近の比較的新しい築年数のホテルや古いホテルでもリフォームされたホテルであれば、喫煙室設定でも、消臭がかなり効いていて、殆どタバコ臭が気にならないケースもあります。

しかし、今回は、少々後悔しました。

消臭剤や空気清浄機は用意されていて、空気清浄機は「加湿」設定にして、部屋に滞在している間は、ずっと稼働させていますし、消臭剤も1本使い切るぐらい部屋中に吹き付けしています。

けれども、やはり、臭うんですよね。

 

深夜にトイレに起きたときなどによくわかるのですが、口の中がにちゃにちゃして、唾液がタバコ臭いのです。

おそらく、部屋で仕事をしたり、テレビを見ているときは、徐々に「タバコ臭」になれてしまうのですが、タバコ臭のする空気を寝ているときに呼吸により吸い込み、ふと目が覚めた時は、からだが「タバコ臭拒否反応」をして臭いに敏感になるのかもしれません。

 

話題は少し変わりますが、20181218日付の日本経済新聞によると、「20197月から学校や病院などは全面禁煙」になることを厚生労働省が発表したそうです。

これは、「受動喫煙対策を強化する改正健康増進法」に基づくものですが、対象施設は、

・学校や病院、行政機関が屋内全面禁煙

・薬局や介護施設、整骨院などの施術所、児童福祉施設

などになりますが、「屋外喫煙所を設置すること」は認められるそうです。

 

また、2018126日付の信濃毎日新聞によると、東京五輪パラリンピックに合わせて、長野県内のホテル、旅館の客室を全室禁煙にする動きが広がっているそうです。

それにしても、今週は部屋においてある衣類は臭うし、頭痛はするし。。。

全国的に、この「全室禁煙」の流れが広がってくれることを切に願いたいです。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ625号より)

 

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ
7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:一般コラム, 07:18
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.logcom.jp/trackback/867668