RSS | ATOM | SEARCH
祝日としては最後になる12月23日

JUGEMテーマ:日記・一般

 

今日は、今上天皇(平成)さまの85回目の誕生日です。

また、来年の430日に退位されることから、「1223日が祝日としては最後の日」となります。

今上天皇さまの誕生日と退位の日の関係で、2019年は、1948年の祝日法施行以来、はじめて「天皇誕生日がない年」になるそうです。

 

つまり、祝日としての天皇誕生日は、

2018年:1223

2019年:なし

2020年以降:223

となるわけです。

 

ちなみに、明治以降の天皇さまの誕生日は、

明治天皇:113日(文化の日)→祝日となったのは没後15

大正天皇:831日(平日)

昭和天皇:429日(みどりの日(1989年〜2006年)昭和の日(2007年以降))

平成天皇:1223日(平日の予定)

と大正天皇さまと平成天皇さまの誕生日は、退位ともに「平日」となるようです。

 

個人的に「1223日」を振り返ると、1223日が「平日から祝日」になったのは、1989年。私自身は、大学生の時でした。

小学校、中学校、高校生の時の楽しみは、春休み、夏休み、冬休みなど「長期休暇」でした。

しかし、1223日が祝日になったのは、大学生の時でしたので、私の記憶では、関東の公立の小中高の冬休みは、1224日以降だった気がします。

そのため、大学生の時に、1223日が祝日になったことで、小中高の冬休み前の最終登校日が「1222日」という話を聞いて、「冬休みになる日が1日早まっていいなぁ」と感じた記憶があります。

 

また、私が大学生の頃は、「バブル景気全盛」の時代で、1223日が祝日になったことで、それまで「イブイブの日は平日」でしたが、祝日となり「イブイブとイブとクリスマスの日は彼氏(彼女)と旅行に行く」という友達もまわりにたくさんいました。

 

社会人になった後は、会社の忘年会が「1222日に設定される」ケースが多かった気がしました。

その理由として、

12月中旬では会社の忘年会として少し時期が早い

22日開催だと、翌日(1223日)が祝日でお休みになるので深酒しやすい

24日、25日はクリスマスで家族サービスもあり忘年会日程としずらい

というような理由があると思います。

したがって、「22日の深夜はタクシーが捕まえにくい日」でもありました。

 

つまり「1223日が祝日」というのは、公立学校の冬休み開始日、クリスマスイブと絡めたイベント、会社の忘年会・・・など、結構、日程としては「便利な祝日」だった気がします。

 

私の趣味に関しては、「1223日開催のマラソン大会」が全国的に結構あります。

2019年以降は、おそらく、「12月の第4日曜開催」などに日程変更するのではないかと思います。

ちなみに、2020年からの天皇誕生日は、私の誕生日の前日。

年齢的に誕生日を祝うことはあまりなくなりましたが、個人的には、223日は「誕生日の前夜祭の日」と思うことにしたいと思います。

 

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ
7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:一般コラム, 10:21
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.logcom.jp/trackback/867658