RSS | ATOM | SEARCH
「足のばシート」あらため「フォワードシート」へ

JUGEMテーマ:日記・一般

 

国内の飛行機は「JALANA」しか利用しません、という方には、馴染みのない話ですが、スカイマークが提供しているサービスに「足のばシート」があります。

 

「足のばシート」とは、どんなサービス化といえば、

・搭乗口での優先搭乗

・お飲み物などの無料サービス (機内販売メニューの100円の商品から選択)

・お預かり手荷物を優先的に返却

という内容です。(スカイマークのウェブサイトより)

 

価格的には、税込み1000円で、座席位置は「最前列」になります。

機種にもよりますが、最前列は、通常座席幅より、1938儿いので、まさに「足のばシート」です。

個人的には、「足のばシート」という名称を気に入っていましたが、20181028日から「フォワードシート」に名称が変わりました。

 

名称変更の理由は、わかりませんが、「フォワード」は、「前方へ」や「先へ」、「前へ」という意味ですから、まさにその通りなのですが、ラグビーやサッカーでは「攻撃的」、「前衛」といった意味があるので、なんだか、「威力的」な雰囲気がして、「足のば」という、なんとものんびり・ゆったりした雰囲気のサービス名が懐かしく感じます。

 

ちなみに、フォワードシートのデメリットは、「荷物が足元に置けない」ことです。

ただ、以前は、受付が有人カウンターのみで、存在も広く知られていなかったせいか、フォワードシートを利用する人は少なく、座席的には「合計6席」あるのですが、たいていは、「中席」は空席のケースが多く、利用者としては、「前(足が伸ばせる)にも横にも」ゆったりした気分で着席でき、荷物入れも、悠々と利用できる、というメリットもありました。

しかし、最近は、「中席」も埋まるので、「荷物入れ争奪戦」に敗れると、2列目以降の荷物入れに入れなければならなくなるという、若干の悲哀もあります。

 

また、以前は、タブレットの貸し出しをしてくれたので、タブレットに内蔵された映像を見ることもできました。

しかし、今は、アテンダントさんに「タブレットは利用しますか?」と聞かれないし、ウェブサイトのサービス内容にも記載がないので、「タブレッド貸し出しサービス」は「終了してしまった」のかもしれません。

 

話題は、フォワードシートから離れますが、以前のスカイマークは、成田空港や旭川空港、出雲空港などにも便があり、個人的には、非常に便利でした。

仙台空港は復活しましたが、成田や旭川空港も復活して欲しいです。

 

スカイマーク話題からLCC話題に変わりますが、バニラ、ジェットスター、peachなどの機内持ち込みは「7キロ」までとなっています。

LCCの特性として、「LCC標準から外れる部分は別料金をいただきます」というのは、当然だと思いますが、この「7キロ」、大変困ります。

着替えなどにより、荷物が増え、十両超過した場合、「荷物室預かり」となるのは、なんの問題もありません。

しかし、着替えが無くても、「パソコン、仕事の資料、雑誌・本」であっという間に「7キロ」になってしまいます。

仕方がないので、重量を測る際に、雑誌、本、財布などは、できるだけ、上着のポケットなどに入れて重量を軽くしてなんとかクリアしています。

しかし、クリアできなかった場合、荷物室には預け難い性質や形状のものばかりです。

ジェットスターの場合は、プラス料金で「機内10キロまでOK」のサービスがありますが、ビジネスマンにとって、パソコンは必需品で、「7キロ」というのは、もうちょっと何とかならないものかなぁ、と思います。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ624号より)

 

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ
7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:一般コラム, 05:45
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.logcom.jp/trackback/867651