RSS | ATOM | SEARCH
地図業界大手の昭文社の業績下方修正と希望退職者募集

JUGEMテーマ:ニュース

 

20181214日付の「Emerging media」が、

「昭文社が希望退職者を募集、業績予想も下方修正---無料ナビアプリの影響」

という見出し記事を報じていました。

 

昭文社といえば、我々昭和世代から車に乗っている人間にとっては、非常に親しみのある会社です。

今でこそ、レンタカーを借りたらナビゲーションシステムは標準装備ですが、ナビがない時代は、地図を助手席において、信号機で停まるたびに、行き先を地図で確認して運転していたものでした。

 

女性とドライブデートするときは、そこそこ親しい中であれば、助手席に座った方には、地図を常に現在、走っているページにめくってもらいながら、サポートをお願いしていたものです。

変な話、女性は、地図が読めない人が多いので、ばっちり地図が読める女性が隣に座ったときは、とても頼もしく、好感度が非常に上がりました。

 

そんな昭文社ですが、冒頭の報道によると、

 

・昭文社は1213日、希望退職者を募集すること、ならびに業績予想の修正を発表した

 

・昭文社の主力事業である出版事業および電子事業においては、長期化する 出版不況や無料ナビアプリの影響により業績悪化が続いている

 

・昭文社では新規事業である“旅ナカ事業”への転換を図ってきたが、人的リソースの再配置は職種に専門性があるため遅れていた

 

・早急な業績回復のためには人員体制の適正化(削減)が不可欠で、希望退職者を募集することになった

 

・対象は45歳以上の従業員で、募集人数は全社員447人(連結)のうち80名程度

 

200193月期通期連結業績予想値も下方修正する。売上高が57000万円マイナスの934000万円、営業利益が39500万円マイナスで30500万円の赤字、経常利益が39000万円マイナスで24000万円の赤字、親会社株主に帰属する当期純利益が78000万円マイナスで63500万円の赤字に修正された。

 

(以上、記事からの引用)

という状況のようです。

希望退職者の対象は、45歳以上の従業員だそうですが、入社時点では、「地図業界で圧倒的なシェアを誇る昭文社は安定企業」という認識でしたでしょうから、青天の霹靂でしょう。

昭文社も打開策を練ってはいますが、専門性が強く配置転換もままならないのでしょう。

経営陣は結果責任が問われるので、「業績不振は経営者の責任」と一義的にはなるでしょう。

ただ、客観的に考えて、このような業績下方修正、希望退職者募集という状況はどんな名経営者でも業界の動向・情勢を考えれば必然だったのかもしれません。

 

それにしても、ナビの発達は、非常に便利です。

ただ、正直、全然、道を覚えなくなりました。

これは、車でなくても、歩いていてもそうですが、地方出張や旅行に行った際には、できるだけ、ホテルや観光案内所で地図をもらって、それを頼りに街を歩くことにしています。

そうしないと、各名所の位置や距離感が頭の中でイメージできないのです。

 

道に迷ってどうしようもない時に、最後の手段で、スマホのナビを使いますが、地図を見ながら街を歩くと、翌日や、数年後に来た時には、ばっちり、頭に名所の位置感覚が残っています。

 

現代っ子は、目的地には、すぐにたどり着けるかもしれませんが、土地勘や空間認識力はどうやって培うんだろう、と思います。

 

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ
7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:ニュースを題材にした話, 16:23
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.logcom.jp/trackback/867649