RSS | ATOM | SEARCH
2018年11月30日でサークルKサンクスの営業が終了

JUGEMテーマ:ニュース

 

 

20181130日で、「サークルK」と「サンクス」ブランドのコンビニの営業が終了し、「ファミリーマートへの一本化」が完了するそうです。

 

本ブログでも何度か、ファミリーマートブランドへの統一化の話題を取り上げていますが、思い起こせば、ブランド転換は、20169月に「ユニー・ファミリーマートホールディングス」が誕生した時から始まりました。

 

サークルKとサンクスのブランド転換は、当初、20188月末完了とユニー・ファミリーマートホールディングスは発表していましたが、当初予定より3ヶ月遅れての完了となるようです。

 

ちなみに、ヤフーニュースのオーサーである不破雷蔵氏によると、主要コンビニの店舗数(国内店舗)は、201810月時点で、以下のようになっているそうです。

 

◆セブン-イレブン:2622店舗

◆ファミリーマート:15696店舗

◆ローソン:14426店舗

◆ミニストップ:2238店舗

◆デイリーヤマザキ:1518店舗

NewDays:1203店舗

◆セイコーマート:1193店舗

◆サークルKサンクス:85店舗

 

客目線でいえば、コンビニエンスストアのブランドは、たくさんあった方が、選択肢が多くてありがたいです。

しかし、商品の品ぞろえ、調達コスト、新規オーナーの開拓、店舗当たりの売上・客数・収益・・・などを考えると、金融機関の統廃合が進むように、限られたブランドが収れんし、組織が巨大化するしかないのでしょう。

 

ちなみに、サークルKサンクスからファミリーマートに転換した店舗では、1日あたりの売り上げおよび客数が平均で約10%伸びているそうです。

個人的には、コンビニブランドが減り、各コンビニならではの商品が消えていくのは寂しいですが、経営的に考えると、やはりブランド統合は、効果があるようです。

 

私にとっては、コンビニサービスで欠かせないサービスは、ATMやコピーサービスです。

JR東日本系列のNewDaysは、結果的に駅にあったキオスクがNewDaysに転換した店舗も多く、スペースの問題もあるのか、ATMやコピー機が全ての店舗にあるわけではないので、私自身は「立ち寄る動機付け」が弱い時があります。

 

NewDaysに関しては、「JR東日本の駅」が「立地」となるので、出店規模は頭打ちとなるでしょう。

他のJRグループは、セブン、ファミマ、ローソンとの提携が進んでいて、例えばJR大阪駅内にもセブンイレブンがありますが、どんどん大手コンビニが増えて行っています。

個人的に注目しているのが、「関西私鉄の駅ナカショップ」です。

関西に行くたびにチェックしていますが、阪急阪神の「アズナス」や南海京阪の「アンスリー」がまだまだ頑張っていますね。

今後のコンビニ業界の動向にまだまだ注目です。

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ
7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:ニュースを題材にした話, 19:25
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.logcom.jp/trackback/867634