RSS | ATOM | SEARCH
クレジットカードの不正利用が増えている

JUGEMテーマ:ニュース

 

2018114日付の産経新聞が「クレジットカードの番号盗み被害が増加」という記事を掲載していました。

 

記事によれば、

・日本クレジット協会によると、カード番号や暗証番号などの情報が盗み取られる被害は、統計を取り始めた平成26年以降、年々増加している

・被害額が過去最多だった平成29年は、カードの偽造などを含む不正利用の被害額全体の74.8%を占めた

201816月の被害額も93億円と、前年同時期(86億円)を上回っている

・盗まれた情報は、換金しやすい電化製品や宝石、航空券などをネット上で購入するのに使われている

・カードの所有者のもとに身に覚えのない高額の請求が来ることもある

・総務省の情報通信白書によると、ネットショッピング利用世帯は平成14年の5.3%から平成28年には27.8%まで急増している

・決済方法も約7割がネット上でのカード決済

・利用者が増えたことで大量のカード情報を盗みやすくなった上、いったん盗めば不正利用で購入できる商品やサービスが増えていることが被害増加の背景にあるとみられる

・日本クレジット協会の担当者は「カード情報やネットショッピングの際に設定するパスワードを使い回さないようにし、パソコンのセキュリティーも厳重に管理してほしい」と話している

(引用ここまで)

 

記事では、「クレジットカードに関する被害」は、「ネットショッピングの拡大」が背景としていますが、もちろん、それも大きいでしょう。

ただ、通常のショッピングサイトのセキュリティは、しっかりしており、ネットを通じてクレジットカードの番号が盗まれるケースは、フィッシングサイトなどを通じて、カード番号を知らず知らずのうちに提供してしまったケースではないかと思います。

 

また、ネットショッピングばかりではなく、通常の店舗型のお店での決済の場合の「番号盗み」のケースはかなり多い気がします。

実は、私も、カード被害にあったことがあります。

結論から言えば、私の場合は、カード会社が、未然にチェックして、私自身の被害を防いでくれたので、私の実害はなく、実害があったのは、犯人に商品を売ってしまった店舗です。

 

私のケースは、おそらくですが(証拠はありません)、飲食店です。

飲食店で決済をする場合「テーブル決済方式」のお店がありますが、このケースは極めて危険です。

カードスキミングするチャンスはありますし、もっと簡単な手法なら、番号とセキュリティコードをメモされれば、不正な買い物は可能です。

 

出張が多いので、現金を引き出す手間(コンビニでも降ろせますが手数料が高い)を考えると、クレジットカードを利用する機会が多いですが、店舗やホテルの場合は、レジの目の前でカードを渡すので、店側はカード番号を盗み取るチャンスはほとんどありません。

しかし、テーブル決済の場合は、被害にあって以来、怖いので、できるだけ現金を渡すか、レジにまで付いて行って決済するようにしています。

 

それにしても、驚いたのは「カード会社の監視能力」です。

カード会社から連絡があったときに「お客様の普段のショッピング傾向と違う買い物があったので・・・」と言われました。

私のカード利用は、きちんと計算したことはないですが、たぶん、ホテルと鉄道、飛行機の決済で月々の支払金額の8割以上(もしかしたら9割)になります。

カード会社が連絡してきた時の「私が購入したことになっている商品」は「ゲームソフト」だったと思いますが、まず購入することはないカテゴリー商品です。

 

ただ逆に言えば、カードで決済するものが増えるたびに、カード会社は、どんどんビッグデータを蓄積していくわけで、商品やサービス供給者が欲しいデータがたくさん集まるわけです。

カード会社の監視部門が、どのような基準で、不正利用を監視しているのか、知りたい(超機密情報で絶対に無理でしょうけれど)ものです。

 

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ
7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:ニュースを題材にした話, 10:10
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.logcom.jp/trackback/867610