RSS | ATOM | SEARCH
みずほFGの共同店舗化

JUGEMテーマ:ニュース

 

20181025日付の「SankeiBiz」によると、

「みずほフィナンシャルグループ(FG)が2020年度までに全拠点を銀行、信託銀行、証券の共同店舗にする方針」

だそうです。

 

記事によると、

・グループ約500拠点のうち、現在は共同店舗の割合は約4割

・リモート技術を活用して全拠点で全てのサービスを提供する

・店舗改革を通じて顧客の利便性を高める

・手数料収入の拡大を狙う

そうです。

 

要は、みずほFGがやろうとしていることは、「ワンストップサービス」です。

確かに、共同店舗内に、銀行、信託、証券の各窓口があれば、顧客が1ヶ所で、それぞれの金融サービスを受けることができるので、顧客目線で便利です。

また、今まで、それぞれのサービスを別の金融機関を通じて利用していた人が、「便利だから」という理由で乗り換える人も出てくるでしょう。

 

逆に、みずほFG目線でいえば、

・店舗効率向上

・店舗効率向上による人員削減

・新規顧客の囲い込み(他機関からの切り替え)

などのメリットが期待できるでしょう。

 

金融機関の共通の課題は、

・超低金利で利ざやが縮小している

・信託や証券の販売を通じた手数料ビジネスの拡大

・全国規模での多店舗展開の限界

といったものがあります。

 

利ざやが稼げない以上、堅実な商売としては、信託、証券はもちろん、保険商品なども含めて、手数料ビジネスで稼ぐしかありません。

そう考えると、「共同店舗化」は、労働側(労組)との調整もあったものとは思いますが、むしろ取り組みとしては遅いぐらいかもしれません。

 

話題は変わりますが、こうして、みずほFG以外の各金融機関が共同店舗化を推進していくと、オフィスビルの空室率も上がっていくのでしょうね。

オフィスビルの賃貸ビジネスも今後は、どんどん難しくなっていくのかもしれません。

 

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ
7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:ニュースを題材にした話, 09:46
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.logcom.jp/trackback/867599