RSS | ATOM | SEARCH
ご当地アイドルの自殺

JUGEMテーマ:芸能

 

愛媛県のご当地アイドルに所属する16歳の少女が自殺したのは、「事務所のパワハラなどが原因」と主張し、遺族がおよそ9,300万円の損害賠償を求めて、10月12日に提訴するという報道が各メディアから報じられていました。

 

状況としては、

自殺したのは「愛の葉Girls」のメンバーだった大本萌景さん(当時16)

2018年3月に自殺した

大本さんが、事務所のスタッフにLINEで、学業を理由に休むことや脱退について相談すると

・次また寝ぼけた事言いだしたらマジでブン殴る

・お前の感想はいらん

・世の中ナメるにも程があるぜ

などとスタッフから返信された

過密なスケジュールから脱退を申し出た大本さんに、社長が「辞めるのであれば1億円支払え」と発言した

という。

 

ちなみに、ウィキペディア情報だと、現在、ご当地アイドルと呼ばれる地元を拠点とする「ローカルアイドルグループ」は、東京拠点の500組を除いた全国46道府県のアイドルは2018年6月19日現在で1,245組存在するそうです。

 

私は趣味で、全国のマラソン大会に参加していますが、よく、前日や当日イベントにご当地アイドルがゲストで来られています。

詳しくはわかりませんが、おそらく、ご当地アイドルは、所属事務所(プロダクション)が地元で開催される各イベントにせっせと出演交渉して、仕事を取り、また、ダンスやボーカルトレーニングをする、というサイクルでまわっているのだと思います。

ただ、次から次へとアイドルは出てくるわけで、事務所サイドとしては、

「稼げるときに稼いでもらおう」

「宣伝代やレッスン費用はしっかり回収させていただく」

という発想が常にあるでしょうから、契約時に、口頭ベースで「進学費用は出してあげる」とか言われても、そもそもタイムスケジュール的に、それは無理なのだと思います。

つまり、契約時に、しっかり、契約内容を確認していなければ、「そもそも両立は無理」となったと思います。

 

裁判の行方を見なければ、誰に非があるのか、まだ判断が付きませんが、各メディアの報道を見る限りでは、法律的には「労働基準法違反の長時間拘束」、モラル的には「パワハラ」が、自殺の原因になったことを裁判所が認めるか否かでしょう。

 

それにしても、人生というレールに乗る上で「若い頃の思い出」と割り切るならいいですが、個人的には、現状の多くのご当地アイドルは、将来的にも割に合わない仕事なのではないかと思います。

 

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ
7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:スポーツ・芸能に関する話, 18:10
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.logcom.jp/trackback/867585