RSS | ATOM | SEARCH
スズキとマツダ、ヤマハ発動機の検査不正と認証機関の対応

JUGEMテーマ:ビジネス

 

スズキとマツダ、ヤマハ発動機は、201889日に、出荷前の新車の排ガスや燃費を調べる抜き取り検査で、不適切な計測があったと発表しました。

 

この発端は、ご存知のように、20187月までに、日産自動車やSUBARUで検査不正が発覚したことを受け、国土交通省が他のメーカーに調査を求めていたことです。

 

201889日の毎日新聞の記事によると、

(以下、引用編集)

◆抜き取り検査は、国の規則で決められた速度や走行時間で行わなければならないが、3社は条件に合っていない場合も検査データを有効と扱っていた

◆スズキやヤマハは検査員が規則を正しく理解していなかった

◆マツダは規則を認識していたが、検査条件に合っているかどうか確認作業をしていなかった

◆スズキは20126月〜20187月、自動車12819台のうち49.9%に当たる6401台で不適切な検査をしていた

◆マツダは201411月〜20187月、自動車1875台のうち3.8%に当たる72台で不適切な検査をしていた

◆ヤマハは20161月〜20187月、二輪車335台のうち2.1%に当たる7台で不適切な検査をしていた

2016年にも燃費データの不正が発覚したスズキの鈴木俊宏社長は「社内のチェック態勢ができていなかった」と謝罪した

(引用、ここまで)

 

このニュースを受けて、ツイッターやヤフーコメントなどネットでの声をチェックしてみると、

・国交省のルールが悪い。意味のある検査方法を考えて下さいよ。一番ダメなのは国交省だろ?

・ムダな規則や規制、根拠のない厳しい規準が多いと言うこと、諸外国と比べても厳しいものが多すぎる

・記者会見を見て思ったが、小学生レベルの質問、悪意たっぷりの質問ばかりして、記者の品質の方が大きい問題

・意味のない検査で4〜5時間のリコールを受けたユーザーにとって迷惑千万だ

・車検、6ケ月定期点検 役人仕事のこの検査も見直して欲しいものです

・・・・・

 

世間の声には、私も同感です。

確かに、この結果は、「この検査の意義」と「各社のマネジメント上問題」であり、「ルール通りじゃないからリコールだ」と騒ごうとするメディアの伝え方にも問題があると思います。

 

世間の声にもありましたが、自動車の検査に詳しい人の話だと、排ガスの検査データは、検査状態によって、かなりのバラツキがでるそうです。

要は、ばらつきの結果、はじくべきデータを含めて、検査数値の上限を超えていなければ、性能上の大きな問題ではないので(排ガス、燃費に影響はほぼない)、リコールとはしなくてもよいそうです。

 

ただ、気になるのは、各社とも「不正ではない」というニュアンスで謝罪会見をしていたことです。

意味のある検査か否かは別にして、「国交省規則に従っていない検査をしていた」のは、事実です。

例えは、適切でないかもですが、制限速度50キロの道路を51キロで走れば、交通違反です。

現実には、「まわりの車の流れに合わせて走る」のが常識なので、55キロや60キロで走るでしょう。

では、51キロ走っていたことを「規則に対して適正でしたか?」と問われれば、「不正」に違いありません。

 

ちなみに、スズキは、

◆検査に詳しい管理職が工場に配置されておらず、日々の業務を管理できていなかった

◆規律が緩んでいた

◆チェック体制の整備や検査員の教育徹底などを図る

というようなことを会見で述べていました。

月並ですが、

「なぜ、検査に詳しい管理職を配置できなかったのか?」

「なぜ、内部監査で検出されなかったのか?」

といったことが、私の関心事です。

再発防止策について、現場レベルの検査員の教育徹底、はもちろん大事ですが、「力量のある管理職配置」や「内部監査の質の向上」といった点にも目を向けた再発防止策を期待したいです。

 

また、スズキやマツダ、ヤマハ発動機の認証審査を担当している認証機関にも、このあたりの体制やマネジメントシステムの改善状況についても、しっかり監査して欲しいと思います。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ606号より)

 

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ
7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:ISOマネジメントシステム全般, 07:11
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.logcom.jp/trackback/867530