RSS | ATOM | SEARCH
成田空港B滑走路の閉鎖とエアカナダと成田空港の過失割合

JUGEMテーマ:ニュース

 

2018730日付けの毎日新聞によると、

「成田空港のB滑走路が約6時間閉鎖になり、6便が欠航し1400人に影響がでた」

そうです。

 

この事故は、

30日午後345分頃、成田空港のB滑走路に着陸したエア・カナダ機

◆本来のコース約300m手前で右折し、建設中の誘導路に誤って進入し停止した

◆機体は、乗員11人、乗客201人を乗せたまま立ち往生(未舗装路)

◆車両にけん引されて移動し、乗客は約5時間後の午後9時頃、ターミナルに降りた

◆けが人などはいない

◆という。

◆この影響でB滑走路は午後10時過ぎまで閉鎖

◆到着予定だったジェットスター・ジャパンの国内線2便が目的地を変更した他、6便が欠航

という概要です。

 

私は、もちろん、パイロットに準ずる経験も体験もないので、詳細はわかりませんが、基本的には「パイロットエラー」でしょう。

ただ、パイロットのミスを誘発する原因として、

・成田空港のB滑走路の誘導の複雑さ

・パイロンや柵、間違え防止の表示の有無

・先導車は、ちゃんと誘導したか

といった点が考えられます。

 

また、立ち往生した機内に「5時間待機」とのことですが、もっと早く乗客を解放できなかったのか?という疑問も残ります。

 

報道はされていませんが、「こうしたトラブル」については、国交省の事故調査委員会は、関与しないのでしょうか?

幸い、機体の損傷や乗客の負傷者は出ませんでしたが、「乗客の長時間待機」や「他の便の行先変更や欠航」を考えると、トラブルによる影響は大きく、国として「原因究明と再発防止の徹底」は必須でしょう。

 

それにしても、このような場合、影響を受けた便の航空会社は、「エア・カナダ」や「成田空港」に損害賠償請求できるものなのでしょうか?

また、その場合の「エアカナダと成田空港の過失割合」はどうなるのだろうか?と思います。

このあたりについて、追跡報道に注目したいと思います。

 

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ
7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:ニュースを題材にした話, 07:41
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.logcom.jp/trackback/867513