RSS | ATOM | SEARCH
大阪城公園内の「宮本茶屋」は所得税以外の税金は支払っていたのだろうか?

JUGEMテーマ:ビジネス

 

各メディアで大々的に取り上げられていましたので、ご存知の方も多いニュースですが、「大阪城公園内の宮本茶屋の脱税問題」には少々びっくりしました。

 

個人的には、大阪城公園には、少なくとも年に45回は訪問しています。

訪問目的は、言わずもがなで、「ジョギング」ですが、その際に、「宮本茶屋」の前をよく通過するので、ニュースを見た時には、「よく見る店舗の風景映像」で、ある意味親しみがありました。

 

2018725日付の朝日新聞によると、

◆軽食店「宮本茶屋」は売り上げを申告しなかった

◆大阪国税局が宇都宮タツ子経営者(72)=大阪市西成区=を所得税法違反容疑で大阪地検に告発した

◆追徴税額は約1億5898万円になる見通しで、大半は納付済み

◆宮本茶屋は数十年前から大阪城天守閣の近くで営業している

◆たこ焼きやお好み焼き、おでん、ソフトクリームなど多彩なメニューを提供している

◆関係者によると、宇都宮経営者は201416年、店の売り上げで得た約33055万円の所得を申告しなかった

◆その結果、約13209万円を脱税した疑いがあり、確定申告自体をしていなかった

◆大阪市などによると、インバウンド効果で、大阪城天守閣の入館者数は2010年度(年間136万人)から年々増え、2017年度は275万人と2倍以上になった

◆宮本茶屋の売り上げも2016年に24千万円を超え、2014年と比べてほぼ倍増していた

◆宇都宮経営者の代理人弁護士は取材に「インバウンドの影響で急激に忙しくなり、人手が足りない状況で申告が漏れてしまった。今後は税理士を雇い、きちんと対応する」と話した

ということです。

 

ニュースを見て気になったのは、「問題になったのは、所得税だが、その他の税金は適正に納めているのだろうか?」という点です。

状況から考えて、宇都宮経営者は、おそらく「法人組織」ではなく「個人事業主」でしょう。

そうなると、支払う税金は、

◆所得税(国税)

◆住民税(地方税)

◆事業税(地方税)

◆消費税(国税)

4種類が発生します。

 

確定申告自体をしていなかったわけですから、住民税と事業税について行政から納付通知書が届いていないはずです。したがって、こちらも、支払っていないでしょう。

また、消費税も、余裕で「売上1000万円」を超えていますから、支払い対象事業者ですが、こちらも、おそらく支払っていないでしょう。

 

また、社員はいないと思いますが、アルバイト従業員を雇っていたはずです。

そうなると、

◆雇用契約書は取り交わしていたか(契約期間、就業場所、就業時間、賃金、休憩時間など)

◆労務管理書類は作成していたか(出勤簿、賃金台帳、労働者名簿)

◆源泉徴収していたか(年末調整や給与支払い報告書の提出も)

◆雇用保険に加入していたか(雇用期間が31日以上、週20時間以上の勤務の場合)

といった事項も発生しますが、こちらも、きちんと責務を果たしていたようには思えません。

 

大阪城公園内の「営業許可」について、大阪市がどのように管理しているのかわかりませんが、不思議なのは、

◆宮本茶屋にはライバル店が少なかった(出店は競争入札ではない?)

◆宮本茶屋に営業許可を与える場合、事業税などの納税確認の書類を提出させていたのか?

という点です。

こうしたことを最低限の「出店条件」にしなければ、「大阪市の管理はずさん」と言っても過言ではない気がします。(橋下徹前大阪市長に叱られるかな?)

 

大阪城公園内には、他にも営業している店舗はいくつかありますが、天守閣付近は「宮本茶屋のみ」です。

ランニングメインなら、天守閣は単に通過するだけのスポットですが、観光客にとっては「必須訪問スポット」であるわけで、そう考えると、「店舗ロケーションとしてベストポジション」ですから、他にも出店したい業者は、数多くいたはずです。

それにもかかわらず、何十年も宮本茶屋が天守閣前に出店できたのは、なぜなのでしょう。

 

こうした点について、どこかのマスメディアやワイドショーが、「追跡報道」して欲しいものだよなぁ、と思います。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ604号より)

 

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ
7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:経営・ビジネスに関する話, 06:13
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.logcom.jp/trackback/867512