RSS | ATOM | SEARCH
リニア工事の一時中断理由はブッポウソウ

JUGEMテーマ:ニュース

 

2018716日付のテレビ朝日ニュースによると、

「ブッポウソウが消えた!リニア工事中断」

というニュースを報道していました。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20180716-00000039-ann-soci

 

このニュースによると、

◆長野県の天然記念物の渡り鳥「ブッポウソウ」の姿が見えないため、工事を中断している

◆工事を中断しているのは、リニア中央新幹線の関連で進められていた「四徳渡トンネル」

◆保護活動をしている住民によりますと、毎年この工事現場付近の橋で巣作りをしている

◆今年は5月下旬に2組が飛来してきているのが確認されていたが、今年は620日頃にはいなくなった(例年は7月下旬までいる)

JR東海は713日からトンネル工事を中断し、JR東海と村、住民などで協議会を開いて対応を協議する

そうです。

 

現代社会では、事業活動をするうえで「環境配慮」は必須です。

したがって、「ブッポウソウがいない」という連絡を受けて、工事を一時中断する判断は、良かったと思います。

 

ただ、協議を開くといっても、ブッポウソウは渡り鳥ですから、例年、7月下旬にはいなくなるそうなので、とられた対策が効果があるかどうかは、来年にならないとわかりません。

 

2027年にリニア新幹線は、名古屋開業を目指していますが、開業後にこうした「環境影響」が出た場合は、運行を中断するわけにはいかないでしょう。

 

月並ですが、ルート選定、工事着手前の環境アセスメント、工事中、完成後の環境配慮など、最大限の「環境配慮」をしつつ、経済合理性を追求していくのが現実なので、「あきらめ、割り切り」をして前に進むしかないのでしょうね。

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ
7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:ニュースを題材にした話, 17:26
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.logcom.jp/trackback/867502