RSS | ATOM | SEARCH
死刑制度は非人道的なのか

JUGEMテーマ:ニュース

 

すでに、各メディアが報じているように、

「オウム真理教元代表の松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚ら教団元幹部7人が201876日」に死刑執行されました。

 

私がこのニュースを知ったのは、朝の情報番組を見ているときでした。

突然、麻原教祖の死刑執行を伝えるテロップが入り、NHKを始め、民放各局も特別報道番組に変わりました。

 

その後、仕事もあったので、外出してしまいましたが、ネットをチェックすると、麻原教祖以外に、早川紀代秀、新実智光、中川智正、土谷正美、遠藤誠一、井上嘉浩死刑囚も死刑が執行される情報が入ってきました。

裁判でオウム真理教関係者の死刑確定者は、13人ですから、7人の死刑が執行されたことで、残りは6人。

おそらく、近いうちに、死刑は執行されるのでしょう。

 

この「7人の死刑執行」について、海外メディアからは、

「日本は死刑を堅持する数少ない先進国だ」

と死刑の是非についての声も上がっているという。

 

確かに、世界の流れは、「死刑廃止」です。

その理由としては、

・死刑は非人道的で残酷(基本的人権の侵害)

・犯罪の抑止効果がない

というものです。

また、EUでは、「死刑廃止がEU加盟の条件」となっているそうです。

 

ちなみに、現在、欧州で死刑を執行しているのは「ベラルーシ」のみ。

また、お隣の韓国では、199712月に23人の死刑が執行されて以降、死刑は執行されていないそうです。

 

私個人は、死刑制度については、どうあるべきかわかりません。

(自分の中での答えが出ていません)

ただ、TPPなど経済に関係するものであれば、「グローバル基準」に合わせるのは仕方がないと思いますが、「死刑制度」については、宗教観もありますし、各国の文化的風土や国民感情によって決めるべきもので、「国際的な流れ」を意識しつつも「それにこだわる必要はない」と思います。

 

実際のところ、日本の国民感情をしっかり調査したわけではありませんが、「死刑制度存続」を支持する声がおそらく78割は、現在、あるのではないでしょうか。

日本の場合、テロや凶悪な現行犯であっても、犯人を滅多に射殺することはせず、「身柄確保」を基本にしていますが、欧米では「射殺」が基本なので、そうした背景の違いを考慮せず「死刑は人道的でない」と言われるのも、どうかな、と思います。

 

オウム関連事件(坂本弁護士一家殺害事件、松本サリン事件、地下鉄サリン事件)に限って言えば、「麻原教祖と他の弟子たちの死刑は別にするべき」だったのではないかと思います。

そもそも、このオウム関連事件は、解明されていないことだらけです。

なぜ、高学歴な人たちが麻原教祖に洗脳されたのか、そしてオウム真理教がどんどん武装化していったのか、そうした教団の暴走をなぜ止められなかったのか、・・・などなどです。

 

麻原教祖の死刑執行で、心配されているのは、教祖の神格化と後継団体の暴走のようです。

それにしても、麻原教祖の子供たちはもちろん、関係家族の人たちは、まだまだ、世間的には厳しい目が向けられているようです。

遺族は、死刑囚の刑の執行で、気持ちに一区切りつけられるかもしれませんが、死刑囚の親族が差別なく暮らせることも祈りたいです。

 

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ
7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:ニュースを題材にした話, 13:56
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.logcom.jp/trackback/867489