RSS | ATOM | SEARCH
サッカーW杯:日本のGL突破とドイツのGL敗退そしてVAR導入で変わったこと

JUGEMテーマ:スポーツ

 

サッカーのワールドカップロシア大会は627日に前回チャンピオンのドイツが1次リーグ敗退という衝撃的な結果をもたらしました。

しかも、FIFAランク1位のドイツの3戦目の相手は57位の韓国(結果は0-2)。

 

この結果、1998年のフランス大会の覇者フランス以降、

2002年日韓大会  フランス→1次リーグ敗退

2006年ドイツ大会 ブラジル→ベスト8

2010年南アフリカ大会 イタリア→1次リーグ敗退

2014年ブラジル大会 スペイン→1次リーグ敗退

2018年ロシア大会 ドイツ→1次リーグ敗退

となっており、なんと、前回覇者5か国中4か国が1次リーグ敗退という結果なのです。

 

このことについて、「アメリカヤフースポーツ特集」の記事では、

4年という歳月の長さが理由】

だと結論付けています。

 

確かに、

4年経てば選手が同様(技量的にも)というわけにはいかない

◆監督が変われば別物のチームとなる

監督が変わらなければ大抵はシステムはより浸透していく

◆しかし、システムが変わらないとすれば、選手の能力が重要になるが選手の能力は落ちる

選手自身のコンディションや、パフォーマンスの低下

相手国から研究される

結果を残しているから、世代交代も難しくなる

といった理由で、「チームとしての機能が衰えていく」のでしょう。

 

それと、多くの識者も言っていますが「VAR」(ビデオ・アシスタント・レフリー)の影響も大きいように感じます。

今回の「ドイツ-韓国」戦では、後半アディショナルタイムでの韓国の先制点は、最初、「オフサイド」としてノーゴールの判定でした。

しかし、ビデオ判定で、オフサイドではなかったことがわかり、韓国のゴールが認められました。おそらく、今までであれば「強豪国の無言のプレッシャー」がジャッジを微妙に狂わせ、ノーゴールとなっていたでしょう。

また、そうなると、あの時の状況からすれば、ドイツの猛攻(決定力はまるでありませんでしたが)の最中でしたので、ドイツが1点決めて1-0になれば、結果は、グループリーグをドイツは逆転で突破できたわけです。

 

ただ、アジアでいえば、「中東の笛」があるように、ドイツ-韓国戦に関しては、客観的に見て、「ドイツ寄りの笛」が吹かれていましたし、「アディショナルタイムも6分」と極めて長く、前回王者ドイツに忖度しているように感じました。

 

ちなみに、VARが適用されるのは、

「試合の行方を左右するような状況」における「明らかな誤審」に限られ、

ゴールやゴール直前のプレイ

◆ペナルティーキック(PK

レッドカード

審判による選手誤認

4つの判定だけだそうです。

 

通常のファウルやロスタイム計測は、まだまだ、「審判の裁量の余地が残されている」と思います。

プロ野球を含めて、スポーツのジャッジは、ビデオ判定がスタンダードになっており、「試合を止める」「判定までの時間が掛かる」といった批判の声も多いです。

ただ、観戦者が映像でリプレイできる時代となり、個人的には、可能な限り、VARのような検証システムは必須だと思います。

将来的には、少なくとも、ワールドカップや年代別ワールドカップ、五輪、大陸選手権、クラブ選手権といった大きな試合は、現在適用されているような4分野だけでなく、ロスタイムや警告カード(イエロー含めて)の検証もできるようにすべきでないかと思います。

 

それにしても、グループHの日本は、セネガルと勝ち点、得失点、総得点で並び、「フェアプレイ(警告数)」の差でなんとかGLを突破しました。

西野朗監督は、1戦、2戦の先発と6人(武藤、岡崎、宇佐美、酒井高徳、山口、槙野選手)を入れ替えましたが、素人の私が見ていても、入れ替えた選手は、「パスがつながらない」「横パスが遅い」「一瞬の判断が遅い」「利己的なプレイが目立つ」「走れない」・・・と酷かったです。

 

ポーランド戦のラスト10分は、コロンビア-セネガルの戦況から「パス回しによる時間つぶし」でした。

私は「GL突破」という「目的論、戦術論」からすれば、この「見ていて全くつまらないパス回しによる時間消費」は「正解」だったと思います。

ただ、ベスト16以降は、負けたら終わりの一発勝負のトーナメントで、どのチームと当たっても日本は「チャレンジャー」です。

ベスト8をかけた戦いはベルギーに決まりました。コロンビアやセネガル戦で見せたようなスピードのある流れるようなサッカーを見せて欲しいと思います。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ600号より)

 

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ
7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:スポーツ・芸能に関する話, 09:59
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.logcom.jp/trackback/867480