RSS | ATOM | SEARCH
既存店の原則禁煙をもっと推進して欲しいコメダ珈琲

JUGEMテーマ:ニュース

 

「コーヒーチェーンのコメダ珈琲(コーヒー)店は、新たに開く店舗については原則、「全面禁煙」とする方針」

という報道が朝日新聞よりありました。(2018614日付)

 

記事では、

◆新規出店するフランチャイズ(FC)経営者に禁煙を要望している

◆国会で議論されている受動喫煙防止対策を先取りするねらい

◆全国で800店ほどを展開するコメダは今年度5560店舗出店する計画

◆健康増進法の改正案は、新たに開設する飲食店は原則屋内禁煙で、専用の部屋のみで喫煙を可能としている

◆コメダは改正案成立を視野に入れ、新規に出店するFC経営者に店内全面禁煙を3月から要望

(最終的な判断は各経営者に委ねられている)

と報じていました。

 

ただ、個人的には、この記事は、コメダをあまり利用しない人にとって、

「飲食店として先進的な取組みをしている印象を単に与えた記事」

だと思います。

 

コメダ珈琲のイメージは、嫌煙家の私にとって「タバコ臭い店」です。

以前は、店舗が中部圏に集中し、関東出店が少なかったので、「名古屋出張に行くと必ず立ち寄るお店」でした。

もちろん、お目当ては「温かいデニッシュの上にソフトクリームが載ったシノロワール」です。

しかし、利用している際は、「一応、分煙にはなっているけど、タバコのにおい、耐えられんなぁ」と感じることがしばしばでした。

 

現在、コメダは、全面禁煙としているのは全国16店舗しかなく、約240店を展開している愛知県内で、全面禁煙なのはたったの6店舗で、数と割合だけ見れば、「今の時代としては配慮に欠けるお店」に分類されるかもしれません。

今の時代、嫌煙家に配慮してくれるお店では、入口に「店内でタバコ吸えます」とか「完全分煙ではありません」といった注意書きがあります。

つまり、「入って注文してからしまったぁ」とならないように、ちゃんと入口で「契約内容の確認」ができる仕組みになっているわけです。

 

コメダは、新規店舗は、原則禁煙と言いながら、FCオーナーの判断にゆだねているので「利用者(エンドユーザー)よりFCオーナー重視」の姿勢で、私見ですが、コメダのメニューは評価していますが、「エンドユーザー軽視」の経営姿勢が気になります。

実際、新規開店するFC店舗のうち、完全禁煙になる店舗がどのぐらいになるのか、公表して欲しいものだと思います。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ598号より)

 

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ
7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:ニュースを題材にした話, 10:46
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.logcom.jp/trackback/867467