RSS | ATOM | SEARCH
東海道新幹線殺傷事件

JUGEMテーマ:ニュース

 

201869日に、凄惨な事件が東海道新幹線の車内で発生しました。

各メディアが、この事件をニュース速報で報じ、徐々に様子がわかってきたので、現時点で報道されている情報を、列記しておきます。

 

◆犯行は自称、無職の愛知県岡崎市の22歳の男(小島一朗と名乗っている)

◆事件が起きたのは、午後945分頃、新横浜駅から小田原駅に向かう東海道新幹線

◆「のぞみ」の12号車に容疑者は乗車(2列席の通路側)していた

◆最初に切り付けられたのは、通路側の女性(容疑者が乗っていた座席と同列のC席?)

◆刺されて死亡した男性(30代の大阪市の会社員)は、女性が刺されたのを止めに入った

◆死亡した男性以外の被害者は20代の女性2人(愛知県在住)

◆容疑者は、容疑を認めていて、「むしゃくしゃしてやった。誰でもよかった」などと供述

◆容疑者の祖母によると「(小島容疑者)がそんなことするわけがないと思っている。『俺は自由に生きたいんだ。それが許されんなら死ぬ』と話していた」

 

もし、自分が乗り合わせた車内で、同じことが起きたら、たぶん、まずは固まってしまい、通路側にいたら、他の車両に一目散で逃げたと思います。

お亡くなりなった男性が、どこに乗車していたのかわかりませんが、結果としては残念な結果になってしまいましたが、正義感あふれる行動で、私には、できなかったんじゃないかと想像します。

 

この手の事件が発生した時に、

「新幹線の持ち物検査実施」

が議論に上がります。

しかし、新幹線の利便性、運行本数と利用客数を考えると、改札口に空港のようにセキュリティゲートを設けるのは、困難でしょう。

 

今回の事件は、「なんの前触れもなくいきなり切りかかっている」ので、防ぎようがなかったと思います。

いきなり凶行におよぶ事件の再発防止にはなりませんが、犯罪抑止や早期の車掌への異常通報という観点から、新幹線の各車内に、航空機内の係員呼び出しブザーのようなスイッチや防犯カメラの設置は、新幹線車両に必要な設備といえる気がします。

 

68日は、大阪教育大附属池田小学校事件(2001年)、秋葉原通り魔事件(2008年)が発生しており、ここの所、連日、関連ニュースが報道されていました。

まさか、容疑者は、これらの事件にインスパイヤ―されたとは思いたくないですが、凶行に至るきかっけのひとつに、そうした一面もあったのでしょうか。

真相究明と被害にあわれた方(同じ車両で事件を目撃し精神的ダメージを受けた方を含め)のお悔やみと早期の回復をお祈りいたします。

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ
7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:ニュースを題材にした話, 10:46
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.logcom.jp/trackback/867461