RSS | ATOM | SEARCH
売れ行き好調な回転ずしチェーンの糖質オフシリーズ

JUGEMテーマ:ニュース

 

大手回転ずしチェーンの「くら寿司」を運営する「くらコーポレーション」の業績が好調だそうです。

201867日付のITメディアによると、66日に発表した201711月〜184月期(半期)の連結決算は純利益が前年同期比7.3%増の26億円となったそうです。

 

業績好調の要因は、

「にぎりずしのシャリを半分にしたシャリプチシリーズ」

だそうです。

 

記事によると、

くら寿司では、20178月に「糖質オフシリーズ」をスタート

糖質オフシリーズには、「冷やし中華はじめました」、「胡麻香る担々麺」がある

シャリの代わりに大根の酢漬けを使った「シャリ野菜シリーズ」などもある

シャリ野菜シリーズには、「えびマヨ手巻き」「サラダチキン」「えびとビントロのにぎり」がある

ダイエットをしている消費者だけでなく、糖尿病患者にも好評

最も支持されたのは、にぎりずしのシャリを半分にした「シャリプチシリーズ」

という。

 

シャリプチシリーズは、私も食べたことがあります。

若い頃は、新陳代謝もよかったので、シャリが多いにぎりずしを好んで食べました。

個人的には、回転ずしチェーンでは、「かっぱ寿司」がシャリが多いイメージです。

しかし、年齢を重ね、新陳代謝が悪くなり、しかし、いろいろなネタを食べたい、しかし、炭水化物多めの食事は避けたい、となると「シャリプチシリーズ」は、好都合です。

 

私の母もそうですが、高齢者になると、中年世代より、さらにごはんが食べられません。

また、タッチパネルで、ごはんの量を選択できるようになったので、注文しやすいし、足もお店に向けやすくなりました。

 

記事では、くら寿司は、かつては、「糖質オフ」として「こんにゃく麺」を使った糖質オフシリーズを投入したことがあるそうですが、売れ行きは微妙だったそうです。

私も、ダイエット対策で、かんてんを使用した麺商品をお取り寄せで食べていますが、出汁は美味しいのですが、やはり、味、触感的に「麺の代わりにはならない」です。

 

個人店は、大将の個性やコミュニケーション力で集客できますが、大型チェーン店ともなると、トレンドを見極めて顧客ニーズに合わせたメニュー開発をして行かないと、右肩上がりの業績は維持できませんね。

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ
7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:ニュースを題材にした話, 12:57
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.logcom.jp/trackback/867460