RSS | ATOM | SEARCH
第44回洞爺湖マラソン5キロの部

JUGEMテーマ:日記・一般

 

先月、7年連続で、洞爺湖マラソン(例年、5月の第3日曜開催)に参加してきました。

私が、ちゃんとランニングを始めたのは、20114月からで、洞爺湖マラソン初出場は2012年ですので、ラン歴1年ちょっとの時点で、洞爺湖マラソンにチャレンジしたのです。

 

ちなみに、初出場時のタイムは、3時間1042秒。

つまり、1キロ当たり、約431秒ペースで走り切っているのです。

当時は、このタイムに対して「自分自身にがっかり」しました。

しかし、故障中の現在は、「ラン歴12か月目で、よくそんなに速く走れたもんだよなぁ」と、自分のことながら感心してしまいます。

 

洞爺湖マラソンは、2012年から5年連続でフルマラソンにエントリーしましたが、大阪国際女子マラソンの出場基準である「3時間15分切り」(当時)を目指していた女子ランナーのペースメーカーを担当したこともありましたが、実は「初出場の2012年大会より速いタイムで走ったことがない」という私にとっては「相性が良くない大会」です。

 

相性が良くない理由としては、

・小刻みなアップダウンのあるコース

・年によっては初夏のように暑い

・冬場(12-3月)にフルマラソンをたくさん走り疲労が抜けていない

といった要素があると自己分析しています。

 

20163月以降、しっかり故障してしまい、2017年、2018年大会は、フルマラソンへのエントリーは止めて、「5キロの部」という「ランニング愛好家」としては「非常に短い距離」に参加しています。

故障中で、ランに対するモチベーションも下がっているから「全く走らない」、「大会にも顔を出さない」という選択肢もあります。

しかし、洞爺湖マラソンは、道民ランナーの多くが出場するので、顔見知りランナーのみなさまに「しぶとく活動していますよ」という「ご挨拶」の意味もあってエントリーしています。

 

5キロの部に2年連続参加してみて「プチいいこと」もありました。

それは、「年代別部門で2年連続入賞」できたことです。

洞爺湖マラソンは、表彰が、

◆マラソン:総合男女各110位、年代別男女各13

10km5km2km:年代別男女各16

が表彰対象となります。

 

ただ、エントリーの多くは、フルマラソンなので、つまり、「10キロや5キロの方が表彰確率は非常に高い」のです。

また、他のローカル大会だと、表彰される場合も、踏み台が用意される程度ですが、洞爺湖マラソンは、「ステージ」があるので、ステージから客席を眺める風景は、感慨深いのです。

そして、ローカル大会の場合は、入賞しても賞状がもらえるだけの大会も多いですが、洞爺湖は、「盾」と副賞で「お米」ももらえるのです。

 

しかし、年齢が上がるにつれて、10キロや5キロ部門はレベルが上がります。

要は、若いうちは、数少ない道内フルマラソン公認レースであるフルマラソンに出場する人が多いのですが、年をとると「短い距離で表彰台狙い」のランナーが増えるわけです。

 

私の年代は、「速い表彰常連おじさまたち」が数人いて、私が絶好調時でも、1位は厳しく、狙えて2位か3位。

去年も今年も、「5位」でタイムも、フルマラソンの好調時よりもはるかに遅く微妙な結果ですが、それでも、「入賞」は嬉しいものです。

エントリーは前年度の結果を見て「これならいける」と判断する人が多いので、「運」的な所もありますが、過去記録の情報入手が容易になり、「伏兵エントリー」で、徐々に入賞できる大会も減ってきたので、なんとか来年も入賞したいものです。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ595号より)

 

 

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ
7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:一般コラム, 05:18
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.logcom.jp/trackback/867454