RSS | ATOM | SEARCH
京都市営バス運転手に対する再発防止

JUGEMテーマ:ニュース

 

2018530日付の京都新聞が、

「京都市バス運転手、乗客に「気色悪い」 暴言で処分検討に」

と題した記事を報道していました。

 

記事によると、

(要約)

◆暴言を吐いたのは、京都市バスの男性運転手(45)

◆運行中の車内で運転席に近づいてきた乗客に「後ろ下がれ」「気色悪い」等の暴言を浴びせた

◆暴言があったのは、524日午後615分頃

◆中京区の太子道で信号待ちのため停車中の車内に、後方から運転席横に近づいた40歳前後の男性客に対して暴言

◆暴言内容は、「何してるねん、後ろ下がれ」「あほか、気色悪い」

男性客は後方の座席に戻って座った後、次のバス停で降りた

別の乗客から通報を受けた市交通局が車内のドライブレコーダーで確認

運転手は「運転の視界の妨げになるため」と釈明した

市交通局は運転手に2日間の研修を課した上で反省していると判断し29日から業務に復帰

市交通局運輸課は「運転手としてあるまじき発言。被害を受けた方が分かれば謝罪したい」とコメント

ということだそうです。

 

記事内容から状況を想像するだけで、実際はわかりませんが、運転手さんに「同情」も少ししてしまいます。

最近は物騒な世の中ですから、運転中に、用もなく、運転席の横に立たれれば、「不気味」に感じることもあるでしょう。

公共道路交通機関といえば、タクシーがありますが、タクシー運転手も、酔っ払いが後部座席から運転席に蹴りを入れるニュースはよくあります。

ただ、以前はタクシーも、バスも運転も、言葉遣いも荒い人がいました。

しかし、ドライブレコーダーの普及で、苦情が発生して、数日間は、ドライブレコーダーに証拠が残るためか、言葉遣いが丁寧なドライバーさんが増えたように思います。

ドライブレコーダーは、運転手側だけでなく、乗客も「撮られている」という意識が働くので、私も極めておとなしく乗車していることが多くなりました。

 

そんな状況下なのに、このような暴言を京都市のバス運転手が吐くということは、相当気味が悪かったのか、機嫌が悪かった時だったのかもしれません。

月並ですが、ただ、サービス業に従事する者として、このような暴言は、決してあってはなりませんし、暴言を吐かれた男性も、運転手に用事があったから近づいたのであれば、気の毒でなりません。

 

ちなみに、京都市のバス車内や車内放送には「運転中は運転に支障が出るので話しかけないでください」とか「用事がある場合は、停車中にお願いします」といった案内はされていたのでしょうか?

とりあえず、「2日間の謹慎と研修」で職場復帰されたようですが、しばらくは、業務状態の監視として、覆面調査員の同乗監視やドライブレコーダーの解析をして、再発防止に取り組む必要が京都市交通局は、運転手の運行管理上、必要でしょう。

 

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ
7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:ニュースを題材にした話, 11:45
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.logcom.jp/trackback/867450