RSS | ATOM | SEARCH
登山家・栗城史多さんの訃報

JUGEMテーマ:ニュース

 

2018521日に、単独・無酸素での登頂にこだわり続けた登山家・栗城史多さん(35歳)がエベレストで遭難し、死亡しました。

 

ご存知のように、栗城さんは、20代で6大陸の最高峰に単独・酸素ボンベ無しで登頂を達成し世間から注目されました。

北海道瀬棚郡今金町出身で、大学は、札幌市内にある札幌国際大学だったので、北海道のローカル番組での出演機会も多く、私にとっては、比較的、親しみのある方でした。

 

今では、山頂からのネット中継をしながら登頂を目指す方も多いですが、栗城さんは、その草分けの一人と言ってもいいのではないでしょうか。

 

栗城さんの悲願は「エベレストへの単独・無酸素登頂」達成です。

しかし、今回を含めて、エベレスト(チョモランマ)登頂には8回失敗し、2012年にはエベレスト登山中に重度の凍傷を負い、手の指9本を失ったことから「再起不能」のうわさも出ていました。

 

テレビ報道によると、

◆ベースキャンプでは体調を崩していた(高熱が出ていた)

◆下山を始めたところ無線連絡に反応しなくなった

というから、滑落などではなく、体調不良により、休息をとっている中での低体温症ということかもしれません。

 

また、テレビ報道では、お父さま(敏雄さん)へのインタビューがされていましたが、「アルピニストの父」という立場なのか、

「何年か前から覚悟はしていた。それが来たかって感じ。うれしいことに遺体が(標高)7500メートルから下ろせるのは、すごいなと思っている。皆さんに息子に代わって、ありがとうございましたと言わせてもらう」

とのコメントが印象的でした。

 

しかし、亡くなった方に失礼ですが、栗城さんは、ネットでは、彼の功績に対して、どちらかというと批判的意見が多いです。

その理由は、

◆無酸素盗聴が必要な登山は、通常8000m以上

(達成している6大陸最高峰は全て標高8000m以下)

◆「単独登頂」といえるのか疑問

(単独登頂の定義の明確なものがない)

というものです。

 

そのため、「プロの登山家と呼ぶのはどうか、アマチュアでは」という意見もしばしば耳にします。

しかし、資金集めが困難な登山家のセルフプロデュースとしては、私は許される範囲ではないかと思います。

要は、「落ちこぼれだったのに、司法試験突破」みたいなタレント弁護士の経歴をよーくチェックすると、出身高校の偏差値が60を超えていて「ぜんぜん落ちこぼれじゃないじゃん」みたいな感じで、一般の人に「登山家」の存在を知らしめるためのキャラ設定だったと思います。

 

それにしても、残念で、個人的には、「エベレストに登頂してもらいたかった」と思います。

栗城史多さんのご冥福をお祈りいたします。

 

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ
7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:ニュースを題材にした話, 08:00
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.logcom.jp/trackback/867442