RSS | ATOM | SEARCH
環境経営システムが目指すものと審査活動ですべきこと

JUGEMテーマ:ビジネス

 

「環境経営システムは組織にとってのモラルである」 

1)組織は生産活動、事業活動およびそれらに関連する活動において直接的あるいは間接的に大なり小なり何らかの環境に優しくない影響を出している。

2)その影響を少しでも減らしていこうと言う一人一人の環境に対する意識、配慮そして行動を求めている。 

3)その一人一人の、環境を少しでも良くしていこう、と言う行動が組織へ、地域へ、国へ、世界へそして地球規模にまで広がって行く。

4)便利さの追求の為に犠牲になった、汚された環境を少しでも良くしようと言う気持ちと実践が今求められている。

 

すなわち、環境経営とは、組織の為、組織に関係する利害関係者のため、社会のため、次世代の人々の為、そして地球上のあらゆる生き物の為に、できる範囲で、徐々にでもよいから、環境を良くしていこうと言うものである。

 

「環境マネジメントシステム認証企業にた情報公開が求められる」

1)環境経営システムは、組織全員が環境目的と目標を明確に理解し、計画(P)→実行(D)→点検(C)→見直しと改善(A)をルール通りに回し、実行することで継続的な改善ができる

2)そのためには、組織のトップが公に誓約した環境方針の理解と遵守が不可欠

3)公平性、透明性そして説明責任について組織をとりまく不特定多数の利害関係者は情報の公開を求めており、組織はその期待に応えなければならない

4)環境経営システムの基本は、その組織に適用される環境に関する総ての法規、法令、条例、住民との取り決めや同意書、更には産業界の規範等を総て遵守している事を立証しなければならない

 

「私たちの使命は次世代の人々に少しでもきれいな環境を維持して引き継ぐこと」

企業が社会に貢献し、業務をとりまく環境リスクを認識して備え、利益をもたらす体質に変貌する為には、経営者が環境経営システムを真に理解し、日常業務とシステムを関連付けて取組まれる事が重要です。

環境経営システムを審査する上で重要なことは、審査基準を満足しているか否かの判定が一義的には、もっとも重要ですが、こうしたこと「環境経営が目指していることの本質」を組織に対して、伝え、気づいていただくよう促していくことも大きな役割なのです。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ577号より)

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ
7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:ISOマネジメントシステム全般, 07:53
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.logcom.jp/trackback/867437