RSS | ATOM | SEARCH
昔話「桃太郎」から学ぶ報告書の技法

JUGEMテーマ:ビジネス

 

「わかりやすい報告書」はどのようにすればかけるのか?について、仕事仲間の先輩とお話ししていたら、「昔話の桃太郎で考えればいいんですよ」という。

 

よくお聞きすると、なるほど、です。

その先輩がまとめてくれた話を紹介したいと思います。

 

【1 結論を先にする】

1)略奪された財宝は、鬼軍団から奪還できた

2)村人(元の所有者)に戻すことができた

3)功績者は、桃太郎、犬、猿、雉である。

 

沢山は書かない―3項目/5項目程度

長文を避ける―読み直しが必要になる

 

【2 原因・理由】

なぜ目標を達成できたのか?

 

・桃太郎が指揮官となった

・彼の目標達成の意思が強かった

・犬猿雉の持つ特性を発揮させた

3匹は、きび団子で懐柔された

・鬼の軍事訓練は駄目だった

 ポイント  

・沢山の理由を書かない

 ・分析・納得性・理由づけ

 

【3 各論1:きび団子の効能】

軽量・高カロリーで、携帯性に優れる。

長期保存性に優れ、補給の心配が無い。

一度で陶酔、度々の給餌は不要だった。

 

影響因子、効果、理由、対象、手段などから選ぶ。

ゴチャゴチャ書かない。

長文は、理解しにくい。悪評の/でで文、がが文

長文好き: …で、…で、 …が、…が、

150文字、200文字になることは禁止

 

【3 各論2:疑問点を述べる】

以下は疑問点である→多角的に考える

1.桃を拾った時点に高齢者の二人、

  鬼退治成功後にも再登場。←異常話

2.桃の中に赤ん坊が生きているのは

  不自然である。←誘拐・捨て子説

3.桃と赤ん坊、当日の洗濯物を、

  婆が同時に運べるか。←グループ説

 

【3 各論3:不要なことは書かない】

爺さんは、山へ芝刈りに行った

めでたし、めでたし。

 

【3 各論4:校正と構成を大事に】

誰が、いつ、どこで、何を、どうした

5W1H

 

【3 各論5:嫌だぜワンパターン文章】

Very special one pattern -である。

 

・・・

上記をポイントに報告書をまとめると、確かにわかりやすいです。

私もそうですが、人は、どうしても言いたいこと、伝えたいことがあると、「だらだらと一文が長く」なる傾向があります。しかし、状況がわからない人にとっては、長文になると苦痛だし、そもそも読んでいる途中で意味が分かりにくくなり伝わりません。(・・・で、・・・が)

報告書作成のイロハなので、参考にしていただけると幸いです。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ565号より)

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ
7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:経営・ビジネスに関する話, 07:37
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.logcom.jp/trackback/867436