RSS | ATOM | SEARCH
NPBで4241日ぶりの勝利投手となった松坂大輔投手

JUGEMテーマ:スポーツ

 

2018430日の中日ドラゴンズ対DeNAベイスターズ戦で中日の松坂大輔(37)がプロ野球では、2006919日のソフトバンクホークス戦以来となる「4241日ぶり」となる勝利投手になりました。

 

この日は、今シーズン3度目の先発。

6回を投げて、8四死球と制球が乱れたものの3安打1失点と粘りの投球でした。

これで、プロ野球で109勝、大リーグで56勝となり、日米通算で165勝目となりました。

 

試合経過は、各局のスポーツニュースでしっかりと取り上げられていたので、詳細は省きますが、この試合で最もボルテージが上がったのは、30のリードで迎えた5回でしょう。

言わずもがなですが、先発投手は、5回が最低限の責任回数ですから、5回終了時点で味方がリードしてマウンドを降りれば、勝利投手の権利が得られます。

したがって、「5回」は、本人はもちろん、ナイン、観客とも「意識してしまう回」なのです。

 

今シーズンは、大リーグでも、カブスのダルビッシュ投手が、5回に突如崩れる投球をすでに2回していますし、4勝をあげているヤンキースの田中投手も、今シーズン投げている7回までで、失点が一番多い回が「5回」だそうです。

ダルビッシュ投手も田中投手も日本を代表するベテラン大投手で、顔つきは常にマウンドで冷静ですが、それでも「意識する回」なのでしょう。

 

松坂投手も、この日の5回は3つの四球で一死満塁。

現在、セリーグの最多本塁打のロペス選手を三塁ゴロで打ち取り、次のバッターは、昨年の首位打者の宮崎選手。

結果的には四球でしたが、スポーツコーナーの解説では各解説者が「宮崎選手には2安打されており、松坂投手は押し出ししてもいい」という作戦だったそうです。

 

試合後のインタビューによれば、松坂選手は、昨年に肩の違和感が突然無くなったそうです。

違和感がなくなれば「まだまだできる」と思うようになり、寝るときは「まだ俺はできる」と暗示をかけて就寝したそうです。

 

世界は全く違いますが、私も、3年前、ひどくなったのは22か月前ですが、腰痛が酷くなり、走れなくなりました。

走れはするのですが、走った後に、腰痛でうずくまったままじっとしていなければなりません。

ストレッチサロン、マッサージ、リラクゼーションサロン、鍼灸、整形外科・・・いろいろ試していますが、なかなか良くなりません。

松坂選手のエピソードを聞いて、レベルは全く違いますが、私も「まだまだあきらめずに復活したい」と思いました。

あと35勝で日米通算200勝。

なんと、松坂世代では、現在、名球界入りできそうな選手がいません。

私とひと回り違う松坂選手は、今年38歳。

なんとか、あと35勝を積み重ねて欲しいと思います。

 

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ
7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:スポーツ・芸能に関する話, 09:38
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.logcom.jp/trackback/867421