RSS | ATOM | SEARCH
小泉進次郎氏の処世術

JUGEMテーマ:ニュース

 

相変わらず、将来の首相候補ナンバー1、自民党のプリンスと世間からの評判が高い自民党筆頭副幹事長の小泉進次郎氏です。

今、問題になっている「財務省の森友学園事案の決裁文書書き換え事件」においても、小泉進次郎氏が発言すると、メディアもさっと取り上げます。

 

例えば、小泉氏は、本件に関して、

◆書き換えたことの事実は重い

◆自民党は、官僚だけに責任を押しつける政党ではない、その姿を見せる必要があるのではないか

◆(書き換えはだれの指示か)やっぱり知りたいですよね。なんで書き換えたのか

◆それを知りたいと思うのは当然。何が真実か。あり得ないことだが、なぜ書き換えたのか、知りたい

◆与党も野党も、行政府が立法府に対し書き換えたもので答弁している。国民にも書き換えたものでメッセージを伝えたことになる。これは重いですよ

◆これから、自民党自身もなぜこうなったのか重く受け止め、行政だけでなく、政治がどう向き合うかがすごく問われている、政治にしかできないことがある

・・・といった発言をしています。

 

書き換え問題に関しては、ようやく政権与党である自民党内部からも、安倍首相や麻生財務大臣に対する批判が出てきましたが、小泉進次郎氏が、このような発言をすると、国民の多くは拍手喝采です。

 

ただ、冷静に彼の発言を捉えれば、「国民目線の発言をしつつも、具体的な批判の対象者の名前を挙げない」という特徴があります。

この点が、計算なのか、持って生まれた処世術なのかわかりませんが、小泉進次郎氏が「人たらし」と言われるゆえんでしょう。

要は、具体的に名前を出して批判しないから敵を作らずに、世間から拍手喝采されるわけです。

 

政治の世界だけでなく、日用生活においても、そんなつもりはなくても、具体的な名前を挙げて批判をすると、必ず話に尾ひれがついて、本人や関係者の耳に入り、逆に言われもない中傷や反撃を受けることになります。

小泉進次郎氏のやり方は、「処世術」としては立派で、見習う点があるといえるのかもしれません。(半分皮肉を込めて)

 

話は変わりますが、今回の問題の中で気になる世間の声があります。

それは、「決裁文書書き換えで、安倍首相や麻生財務大臣の責任問題はあるが、今、辞めさせると、外交問題をはじめ、国際的な政治課題に遅れや支障をきたすことになる」という考えです。

つまり、「安倍さんや麻生さんは問題あるけど、今辞めたら、国としてはもっと問題」という考えです。

 

レベルは違いますが、レスリング協会のパワハラ問題も同じような声が一部であります。

それは、「栄強化本部長のパワハラが黒だったとして、強化本部長を辞めたら、レスリングの強化策は後退するから辞めさせないほうがいい」という議論です。

 

個人的には、確かに、そういう捉え方もできますが、今の時代「コンプライアンス守られたうえでの仕事」であるので、「違反はしたかもしれないけど、違反を罰することよりも、全体の利益でものごとは判断すべき」という主張は違和感があるよな、と思います。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ585号より)

 

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ
7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:ニュースを題材にした話, 13:24
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.logcom.jp/trackback/867378