RSS | ATOM | SEARCH
国の借金が1085兆円というニュース

JUGEMテーマ:ニュース

 

201829日に、財務省が、201712月末時点の国の借金が1085兆円あり、過去最大となったことを発表していました。

 

メディアの報道によると、

◆国債と借入金、政府短期証券を合計した国の借金が、201712月末時点で、10857537億円

201811日時点の人口で計算すると、国民1人当たり、およそ858万円の借金を抱えている

◆財務省は、社会保障費などをまかなうために、国債の発行額が膨らんでいること要因としている

◆これまでの最高額は、20179月末時点の10804405億円で、53132億円増えたことになる

そうです。

 

毎度のことですが、これは、財務省発表の四半期ごとの定例ニュースですね。

 

しかし、ネットの世界では、「これは、国の借金ではない」、「国が破綻するわけではない」というのは、いまや常識と化していますね。

 

ちなみに、財務省が呼ぶ「国の借金」は、国際的には「政府の借金」です。

政府は、歳出が歳入を上回るので、国債を発行して資金調達しています。資金調達のほとんどは、民間の銀行で民間の銀行は、私たち国民が預けた預金(銀行にとっては借入金)を国債を購入することでまた貸ししているわけです。

 

したがって、政府の負債を単に国民一人あたりで割れば、858万円になるのかもしれませんが、国民は逆に銀行を通じて国にお金を貸しているので、債務者ではなく債権者になりますよね。

 

さて、財務省のこの定例ニュースですが、日本国民の多くに「日本は借金大国で、増税しなければ国が成り立たない」という認識を浸透させていくものなのでしょうね。

 

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ
7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:ニュースを題材にした話, 12:11
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.logcom.jp/trackback/867339