RSS | ATOM | SEARCH
ナンカレーはハズレが少ない

JUGEMテーマ:日記・一般

 

2018年に入って、約3週間が経過しました。

ちゃんとカウントしていませんが、外食は、おそらく10回はしたでしょう。

仮に、「13回食事をする」として、「3回×20日」→「60回」の食事をしたとすると、約17%が外食になります。

 

この数字(外食率)は、私の中では「低い」といえるでしょう。

出張が多い月は、20/月程度なので、「3回×30日」→「90回」の食事機会があるとすれば、ホテルの朝食やクライアント先での昼食も「外食」と捉えれば、60回以上の外食となり、「外食率」は約67%となります。

 

さて、今年に入って「10回」の外食のうち、「3回」が「ナンカレー」です。

個人的に「カレーが好き」「ナンが好き」という理由もありますが、大きな理由は「ハズレ」が少ないからです。

 

私の友人は、「飲兵衛」が多いので、「友人との外食」の場合は、基本的に「居酒屋」が殆どです。

しかし、出張先でホテルに泊まっているときは、ホテルで仕事をしたいのでアルコール抜きの食事です。

地方出張であれば、地方の名産やB級グルメを食べたくなりますが、都内にいるときは、ちょっと悩みます。

また、東京の場合、食事時間帯は、どこもかしこも「そこそこお店が混んでいる」ので、「荷物が多くカウンターに通されるケースが多い店」(ラーメン屋、王将などのチェーン中華料理屋では確実にカウンター席)を避けるとなると「ナンカレー」は、

◆味のハズレが少ない

◆座席は「ご自由に」といわれるので広い席に座れる

という点で私にとって最適なのです。

 

そんなわけで、先日、新宿某所で、ナンカレーを食べました。

しかし、結論から言えば「極めて珍しいハズレ」でした。

予兆はお店に入る時点であったのですが、他に何軒かのぞいたお店に食指が動かず、入ってしまいました。

◆スタッフがお客がいるのに電話でずっと話している

◆スタッフ(厨房を含めて3人いた)が全員愛想がない

◆カレーを注文する際に辛さの確認がない

 

この時点で「ヤバいかな」と思いました。

カレーが運ばれてきて、食べてみると、

◆ナンにモチモチ感もパリッと感もない

◆カレーが塩っ辛くて辛くない

◆ルーに水分が少なくドライカレーに近い

という状態でした。

 

想像ですが、訪問時にオーナーはおらず、全員「雇われ」でしょう。

美味しいナンカレー屋さんの場合は、

・辛さは大丈夫ですか?

・ナンのおかわりはどうですか?

・ラッシーをサービスします

・お見送りの時も愛想が極めて良い

といった特徴があります。

 

さて、今年は、どんな「ごはん」に出会えるのか、しっかり観察して、レポートしていきたいと思います。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ577号より)

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ
7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

 

author:有賀正彦, category:一般コラム, 07:20
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.logcom.jp/trackback/867318