RSS | ATOM | SEARCH
ちょこっとチェンジでがっちり!

JUGEMテーマ:ビジネス

 

エンドユーザー向けのサービスが「ちょこっとチェンジ」して成功しているそうです。

 

例えば、

 

【ココイチ】(カレーショップ)

こちらは、「店内に漫画やコンセントを設置」したそうです。

ズバリ狙いは「客に長居させる作戦」です。

 

お店のセオリーとしては「どうやって回転率を上げるか」が勝負になります。

しかし、ココイチは、真逆の作戦です。

この作戦により、長居する客が増えて、売り上げは、前年度から8%程度増えているそうです。

理由は、「客のいない店には入りずらい」という客心理によるものです。

 

以前は、食事時間帯以外は、店内がガラガラになることが多く、なかなか入りずらい。

けれども、漫画を読み、パソコン作業をする客がいれば、入りやすいというものです。

 

食事時間中は、漫画コーナーにはシートをかぶせるそうなので、懸念される「食事時間帯の回転率」はあまり落ちていないようです。

 

 

【オリジン弁当】(総菜、お弁当販売)

こちらは、店の看板(ロゴ)を徐々に変更して、総菜の数を増やし、イートインスペースを設けたそうです。

オリジン弁当は堅調に業績を伸ばしていますが、分析すると、ここ数年は数%の売り上げダウンになっているそうで、その原因は「女性客の減少」だそうです。

 

女性客は、「品数が多いのを好む」「ベビーカーでの入店が多い」といった要望があるようで、総菜が入った大皿のサイズを少し小さくして、メニュー数を増やし、店内通路を広げたところ、女性客が増加して、売り上げがアップしたそうです。

 

 

【ミスターミニット】(靴の修理)

こちらは、靴の修理でおなじみですね。

私は出張が多いので、旅先で、靴の裏底がはがれ、何度か「応急処置依頼」で寄ったことがあります。

お店の多くは、駅や百貨店の片隅にあるので、便利です。

 

このミスターミニットが実施した「ちょこっとチェンジ」は、「サービスメニューの追加」です。

靴の修理以外に、時計の電池交換、スマホ画面の修理、ハンコ制作などを追加したそうです。

これらは、「外出先で困る代表例」ですね。

靴修理のお客さんから、「時計はやってないの?」などの問い合わせが多かったそうで、それに対応したら、こちらも売り上げが伸びたそうです。

 

 

これらの事例は、一般的なイメージの「経営革新や改革」まではいかない「改善」レベルといえると思います。

共通するのは、ビジネスモデルがある程度確立し、業績がいずれも安定していること。

売り上げや来店数が「微減」しはじめたときに、しっかりデータに基づく原因分析を実施して、論理的に改善点を見つけ、対策を取ったことで、成功につながったわけです。

 

感覚的に「接客はもっと愛想よく」「気合でなんとか頑張ろう」と経営責任者が、げきを飛ばしても、成功はしなかったでしょう。

やはり、事実に基づく原因分析とその結果に対する素早い対応が、企業経営には大事であることを認識させてくれる事例ですね。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ528号より)

 

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ
7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:経営・ビジネスに関する話, 07:30
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.logcom.jp/trackback/867271