RSS | ATOM | SEARCH
ヒアリングのコツ

JUGEMテーマ:ビジネス

 

私は、仕事の性質上、限られた時間で相手から「よいエピソードや話のネタ」を引き出すことにはいつも苦労しています。

書籍ライターの佐藤友美さんによれば、知りたいことを「とりこぼさずに聞く」ために、「徹子式」と「タモリ式」の2つのヒアリング方法を意識するとよいそうです。

 

結論から言えば、「徹子式」は網羅性のある「広く浅く方式」で、「タモリ式」は「一点集中の深掘り方式」です。

具体的にどんなものか、紹介してみます。

 

【徹子式】

黒柳徹子さんが「徹子の部屋」で行っているような聞き方で、質問としては、

 

「子どもの頃はどんな子だったの?」

 

「何人兄弟?」

 

「お父様は何をされていた方なの?」

 

「好きな食べ物は?」

 

「趣味は何?」

 

と、次々と質問を重ねるヒアリング法です。

 

この方法は、その人のエピソードをでいるだけ多く引き出す方法です。

佐藤友美さんによれば、この方法は別名「炭田堀りインタビュー法」と呼ばれているそうです。石炭を採掘する炭鉱は、地表から浅い位置にあり、炭鉱を見つけるためには、浅い穴をたくさん掘るのが得策で、「徹子式」は、その方法にちなんだヒアリング方法です。

 

このヒアリング方法は、どんな考え方をしているのか、ざっくりとつかみたいときに有効です。人間関係が薄く浅い段階では、よいヒアリング方法かもしれません。

 

【タモリ式】

タモリさんが「笑っていいとも!」のテレフォンショッキングのコーナーでやっていたようなヒアリング法です。

 

「海外旅行に行ったんだって?」

 

「何泊で行ったの?」

 

「どこに行ったの?」

 

「海外旅行で怖い思いをしたことある?」

 

というように、あるひとつの話題でエピソードを深掘りするヒアリング方法です。

このやり方は、その人の考え方の本音に近づこうとする手法です。

 

佐藤友美さんは、「油田堀りインタビュー法」と呼んでいるそうです。

油田は、一点を深く掘ることで、深い位置にある油田を掘り当てる技法を用いますが、その方法から名づけられたそうです。

 

このヒアリング方法は、話を深掘りすることで、今まで誰も聞いたことがなかったようなエピソードを引き出すことができるメリットがあります。

ビジネスシーンでも、相手は、今まで聞かれたことがない質問に回答する中で、逆に「気づき」を得ることができるかもしれません。

 

「徹子式」と「タモリ式」をビジネスシーンでは、うまく使い分けて、相手の考えをうまく引き出したいものですね。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ551号より)

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ
7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:経営・ビジネスに関する話, 08:58
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.logcom.jp/trackback/867268