RSS | ATOM | SEARCH
明日はボクシングのトリプル世界戦

JUGEMテーマ:スポーツ

 

20171021日付のスポニチアネックスによると、22日に開催される「WBA世界ミドル級タイトルマッチ:王者アッサン・エンダムVS同級1位・村田諒太」の試合のジャッジ3人は「日本通」だという報道がされていました。

 

記事を読むと、

◆レフェリーはケニー・ベイレス氏(米国)

◆ベイレス氏は、20155月メイウェザーVSパッキャオ戦や20179月のゴロフキンVSアルバレス戦など数々のビッグマッチを担当

◆前回対戦では見逃されたエンダムの“ロープダウン”を取るなどの的確な判断が期待される

◆ジャッジはラウル・カイズ・ジュニア、ロバート・ホイル(以上米国)、ピニット・プラヤドサブ(タイ)の3氏

◆カイズ氏は5月に村田の勝利と採点したカイズ・シニア氏の息子

◆ホイル氏は、201511月の村田の米デビュー戦を担当した

◆ホイル氏は「負けても王座保持問題」が起きた201312月の試合で亀田大毅に勝ちにつけた

◆プラヤドサブ氏は親日家で知られている

◆WBA立会人のマルティネス氏は「経験豊富な3人を招いた」

◆帝拳ジムの浜田剛史代表は「優秀なメンバーと思う」と話した

と報じていました。

 

・・・むむむ???

これが「日本通」???なの?

 

レフェリーのベイレス氏は、経験豊富で、前回対戦のレフェリーのような「実質ダウン」の「ロープダウンをカウントしない」というミスは起こさないだろうし、ビックマッチをこれまでも担当されていることから、「優秀なレフェリー」といえるでしょう。

しかし、記事のタイトルからは、「日本通」とあるので、日本のボクシングを精通していている、とか、村田選手のこれまでの戦いぶりや特徴をよく知っている、とか、黄色人種で東洋人の日本人を人種差別的な扱いをしない、といった「よいジャッジができうる日本通」という意味かと思えば、どうも、記事の書き方からすると「日本びいき」のような意味での「親日家」のように映る。

 

実際のところは、どうなのかわかりませんが、仮に「日本びいき」のジャッジであれば、村田選手がノックアウト勝利ならいいですが、微妙な判定になったときに、今度は逆に「エンダムサイドから疑惑の判定だ!」とケチをつけられてしまうのではないかと思う。

 

それにしても、今回の「再戦」は、村田選手に対して世間の目は「勝って当然」の思いがある。

すっきりしたKO勝ちを期待したいものである。

 

ちなみに、明日は、WBCフライ級王者の比嘉大吾選手と、WBCライトフライ級王者の拳四朗選手の第1回防衛戦もあるという。

比嘉選手の連続ノックアウト記録更新にも、注目ですね!

 

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ
7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:スポーツ・芸能に関する話, 09:58
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.logcom.jp/trackback/867225