RSS | ATOM | SEARCH
強弁する人

JUGEMテーマ:日記・一般

 

友達のSNSを見ていたら、

 

(以下、引用です)

 

本当の友達とは、あなたの、

 

一滴目の涙を見て

 

二滴目をぬぐい

 

三滴目を止めて

 

四滴目を微笑みに変える人です

 

(引用ここまで)

 

という「名言」を見つけました。

私には、そんなことをしてくれる友達も、そんなことをしてあげたいと思った友達もいないなぁ、と思って、「偉人」たちの「友達に関する名言」を調べてみました。

 

 

(以下、引用です)

◆「金を貸せば、しばしば金はもとより友まで失う。借りれば倹約の心が鈍る」

〜シェークスピア:「ハムレット」より〜

 

金銭の貸し借りは、友達同士では絶対に避けましょう、という名言ですね。

これは、私の人生を振り返っても何度か経験があります。

「返してくれないかも」と覚悟をもって貸しても、やはり返してもらえないと、やっぱりな、と思うし、その後の関係が良好に継続したことはひとつとしてありません。

 

 

◆「空気と光と友人の愛。これだけ残っていれば、気を落とすことはない」

〜ドイツの詩人ゲーテ〜

 

これは、生きていくうえで、友情は、空気のように不可欠で大事なもの、ということでしょうか。

逆に言えば、これがなくなってしまったら、気持ちは落ち込み、生きていけない、ということになりますが、うーん、そうかもしれないですね。

 

 

◆「いまだかつて、敵をつくったことのない人間は、決して友を持つことはない」

〜イギリスの詩人アルフレッド・テニソン:『国王牧歌』より〜

 

嫌われることを恐れて本音を言えない人は、真の友達を作ることはできない、という意味でしぃうか。

確かに、本音で語ることが信頼を強くすることは経験上、よくあります。

ただ、信頼関係が薄い段階で、本音をぶつけ合うと、感情面で「嫌な奴だ」となり、それ以上の関係構築が図れないこともあるような気がします。

 

 

◆「友を得るに急なる勿(なか)れ。親友は自然に得る者なり」

〜国木田独歩:『病牀録』より〜

 

親友は自然にできるもの。したがって、無理に作ろうとすることはないし、作らなければと思ってできるものでもない、というような意味でしょうか。

これは、確かにその通り、と思います。

今、友達と思っている人は、自然とそうなった気がします。

ただ、「新たな友達が欲しいなぁ」と思って、そういう「出会いの場」を作ることをしないと、なかなか、新しい友達はできない気がします。

いくら「自然に身を任せ」といっても、うちにこもっているだけでは(ネットはありますが)ダメでしょうね。

 

 

◆「真の友情は、災難に遭遇したときにはじめてわかる」

〜イソップ:イソップ物語より〜

 

真の友達とは、困ったときに助けてくれる人であり、そばにいてくれる人、ということでしょう。

程度問題ですが、実際のところ、困ったときには、離れていく人の方が多い気がしますし、実際、親身になってくれる人って、何人いるんだろう??と思います。

 

 

話は少しそれますが、私の今までの人生の中で

「俺たちは友達だ!!」

とか

「僕らは家族のような関係の友達です」

と必要以上に(私はそう感じました)「強弁」する人が何人かいました。

 

しかし、たいてい、強弁する人は、意識的か、無意識なのかはわかりませんが、「強弁していることに亀裂が入り危機を感じている」から強弁している気がします。

実際、「俺たちは友達だ」と強弁していた人は、仕事で失敗を繰り返したら、仕事が成功していた時にまわりにいた人は、蜘蛛の子を散らすようにいなくなりました。

また、「僕らは家族のような・・・」の人は、友達間で、不協和音が出始め、近い関係者の話では「仮面友達の関係」のようです。

 

安倍首相もそうですが、必要以上に「強弁」する人は、その強弁していることに、実は自信がないことの裏返しのような気がします。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ540号より)

 

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:一般コラム, 07:55
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.logcom.jp/trackback/867067