RSS | ATOM | SEARCH
長期政権化した時の官僚組織の脆弱さ

JUGEMテーマ:ニュース

 

「安倍首相がんばれ」を園児に連呼させて、鴻池祥肇元防災担当相への口利き依頼が発覚した森友学園をめぐる国有地売却問題ですが、同じような構造で、金額的には「もっと巨悪」の疑惑が出てきちゃいましたね。

 

結論から言えば、長期政権になると、安倍首相と政権幹部の名前を出したり、安倍昭恵夫人のように、関係者に名誉職に就いてもらったり、推薦文をお願いし、支援者になってもらうことで、ことを首尾よく運ぼうとする輩が出てくるんですね。

こうした輩は、官僚の動かし方を知っているようです。

長期政権下にある政治家が、あたかも賛同しているかのように装い、「勝手に忖度」して、「この案件は大物政治家の〇〇さんも関わっているようだ、変に杓子定規に扱うと何を言われるかわからないから、うまく処理しておこう」という方向に官僚たちを動かすのでしょう。

 

この作戦だと、「あっせん利得収賄」的な「政治家を告発」することができない。

明確な金品の受け取りや命令指示があるわけでなく「官僚が勝手に忖度して」ことを進めるからです。

 

それにしても、今回、疑惑が持ち上がった学校法人は、岡山県に本拠を置く加計学園グループ。

加計学園グループは、1964年開設の岡山理科大学をはじめ、1967年には順正短期大学(現在の吉備国際大学短期大学部)、1990年には吉備国際大学、1995年には倉敷芸術科学大、1999年には、九州福祉保健大、2004年には千葉科学大と近年、どんどん大学や保育園、中学、高校、専門学校などを設立し、海外の多くの大学とも教育交流協定を結んでいる活動が活発な学校法人グループです。

 

今回飛び出した話題(疑惑?)は、安倍昭恵夫人が、加計学園グループの名誉園長を務め、自分の親友が経営する学校法人のために規制緩和をして、その結果、この学校法人が経営する大学に約17万平方メートル、開発費も含めると37億円におよぶ土地が無償譲渡される予定になっているというのだ。

現時点のシロウト目線の印象では、鴻池氏ではないが、「昭恵夫人はズル賢い人たちにうまく乗せられてしまった」のかもしれない。

野党は、徹底して追及して、「長期政権化した時の官僚組織の脆弱さ」を予防する仕組みづくり(マネジメントシステム)を作っていってほしいものである。

 

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ
7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:ニュースを題材にした話, 09:29
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.logcom.jp/trackback/866990