RSS | ATOM | SEARCH
出版社のパワハラ問題

JUGEMテーマ:ニュース

 

少々古い話ですが、201726日にTBSの報道番組「NEWS23」で、「渋谷区の出版社「青林堂」が契約社員に行ったとされるパワハラ問題」がとりあげられていました。

 

パワハラ問題は、電通の高橋まつりさんが自殺した事件に代表されるように、ニュースになりやすいですし、会社も、そのような訴えがあれば、会社も敏感に反応しているようですね。

 

少し横道にそれますが、先日「女性に対する性的暴行」容疑で逮捕されたNHK山形(酒田支局)の記者がいましたが、メディアの報道によると、NHK甲府局に勤務している当時、当時の上司に遅刻などを叱責され、上司が頭をゴツンをしたことを「パワハラだ」と訴えたそうです。

 

結果的に、上司は部署移動、本人は、転勤となったわけですが、一般にメディアで報じられている情報からは、状況的には、その上司に私は少し同情的です。

「頭をごつん」は、今の時代、確かにマズいですが、チームワークを乱した職務に対して上司が叱るのは当然です。

また、「パワハラ」が社会問題となっている昨今ですから、組織が訴えに対して反応し、処分を下したのは当然の流れですが、「異動」では、何も解決しません。

NHKという組織の体質上、「一度採用した人材をすぐにクビにするわけにはいかない」ということで「異動」という措置をとったのでしょうけれど、「臭いものにふた」方式の解決策は、何も生みません。

 

さて話を、冒頭に戻しますが、ニュースでは、

◇中村基秀さん(48)は、大学卒業後、数社の出版社で営業の仕事をしてきた

◇中村さんが働いていたのは出版社「青林堂」で、かつて水木しげるさんも連載があった「月刊漫画ガロ」(休刊)で知られている

◇中村さんは星林堂を退職し、社長と偶然再会したことから契約社員として「営業を仕切る」ことを約束に再度勤務することになった

◇社員の意識改革などをやっていたが、その後、社長や専務が他の従業員に自分の悪口を言いだした

◇その後、営業成績や勤務態度を問題として解雇が通告され、中村さんは裁判所に地位保全の仮処分を申し立て、復職することになった

◇会社は、中村さんに自費出版の顧客を獲得するように命じる一方で、名刺も与えず、外出も禁止した

◇パソコンは与えられていたが電源コードしかつながっておらず、ネットもプリントもできなかった

◇中村さんは、心療内科に通院するようになり、ある朝、ベッドから起きられなくなった

◇医師の診断は、適応障害で、会社を休んでいる

 

・・・というような内容でした。

会社側の見解をきちんと理解していないので、このニュースからだけでは、どちらが悪いのか判断できない。

しかし、「名刺なし、外出禁止、ネット環境のないパソコン」という状況はそれだけで、「会社に求められる営業成績」を出せる環境ではない。

社長や専務は「テレビがあれば外の情報は入手できる」と残された録音で話しているが、本心であれば、正気の沙汰ではない。

普通に考えれば、どう考えても「裁判の結果を恨んで、自主的に辞めさせるためのイジメ」であろう。

 

それにしても、このようなニュースを聞くと、「社内改革」や「業務改善提案」といったことを経営トップに提言するのは怖くなりますね。

私の仕事は、経営トップに業務改革や改善を提言することもありますが、ボトムアップ、つまり社員からの改善意識の向上と提案件数向上を目指した指導をしています。

ただ、この場合、経営トップが、社員の成長を喜んだそぶりを見せつつ、内心は「俺の考えている方向と違う」と疎むケースが多いのも実態です。

 

星林堂の中村さんのケースは、「社内での影響力増大に脅威」を感じた社長とのトラブルといえるのかもしれません。

仮に、そうだとした場合、社長は「こいつは優秀だが、うちでは使いにくいな」と思ったら、同業他社を紹介してほしいと思います。

サラリーマンの場合、キャリアアップ転職は、給与も地位も仕事内容もステップアップしますが、裁判などトラブルがあった、あるいは、社内の人間関係で退職したケースはキャリアダウンとなるか、あるいは、同業への転職は難しいものとなります。

中村さんの年齢は私とほぼ同世代で、そのあたりをうまく会社側は解決してほしいな、と個人的には思います。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ529号より)

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ
7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:ニュースを題材にした話, 03:40
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.logcom.jp/trackback/866981