RSS | ATOM | SEARCH
アイアンマンジャパン北海道の応援に行ってきました
JUGEMテーマ:日記・一般

2013831日に洞爺湖で開催された「アイアンマンジャパン北海道」の応援に行ってきました。

レースは831日だけですが、選手に対する説明会やコースの下見、試泳、お別れパーティなどもあり、大会期間は828日〜91日までの5日間となっています。

 

大会要項には、

◇エントリー費:75000

◇参加資格:1年以内に健康診断を受け異常のないもの

      過去5年以内に51.5km以上のトライアスロンを完走したことのあるもの

◇申し込み:公式webサイトから宿泊予約を完了していること

など、参加段階から「RUNの大会では見慣れない金額や条件」がずらっと並んでいます。

 

レース内容は、

◇スイム 3.8km

◇バイク 180km

◇ラン  42.2km

とこれまた、想像を絶する過酷な戦いです。

 

スタートからほぼ、制限時間内の最後まで会場にいましたが、選手の姿を見ていると「すごい!」「感動!」の言葉しか見つかりませんでした。

泳いで、自転車をこいで、その後に「走る」なんて、ふつうに考えたら足がふらふらになるはずなんですが、選手の皆さんは、みんな元気に走っている。

通常の市民マラソンでは「歩いている人」がいますが、殆ど歩いている方はいいないんですよね。

 

応援のメインは「ちんすこう」メンバーと「SRC904」メンバーしたが、選手の中には、顔見知りランナーさんもたくさんいて、また、会場には北ガスリレーで「ドリームチーム」を結成された「北海道市民ランナー界の女性四天王」のみなさまもいらっしゃって、意外と「あっという間の17時間でした。
(ドリームチームのみなさまは、イケメン&素敵な筋肉をお持ちのトライアスリートに興奮されまくっていました(笑))


「ちんすこう&SRC904」メンバーは14名ほど出場していましたが、無事、制限時間内に完走。

ゴールするたびに、涙腺が弛んでしまいました。

 

外国人のDJの方の「オメデトウ!」「やったー!!」というセリフが、しばらく「耳に残っている」(笑)気がします。
選手のみなさま、応援だけのために沖縄や本州、道内から駆け付けたみなさま、冷たい雨が降る天候の中、本当にお疲れさまでした!!







【2013年2月14日発売!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ
7つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/



【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)
http://www.mag2.com/m/0000218071.html
(携帯でアクセスしている方)
http://mobile.mag2.com/mm/0000218071.html



author:有賀正彦, category:一般コラム, 17:20
comments(1), trackbacks(0), - -
Comment
選手でアイアンマンジャパンに出た者です。

あの土砂降りと風が叩きつける中、ありがとうございました。
ただ、宮古島や佐渡島のトライアスロンでは、「ガンバレー」「キャー」「ワー」という子供から老人までの声援や横断幕、いたる場所にトライアスロン関係の宣伝ポスターなどがあり、「あートライアスロンやってるわ、この町」的な雰囲気があるものなんですが、皆さんボランティアは直立不動で無言で礼儀正しくお辞儀をされていたのを見て、こちらが「大丈夫ですか?」と声を掛けてました。また、レース終了後は「アイアンマンレースって、ここでやってたんですか?」位の勢いで何事もなかったように元の静かな町や村に戻ったのは、不思議な感じでした。

アイアンマンジャパンのホームページから結果です。
申込者1669名。
参加者1550名。
完走者1239名。(平井康雅1153位。おせー)
リタイア311名。
完走率79.9%。
この最悪の完走率は、皆が練習を積んで出るレースとしてはあり得ない位に低いです。つまり、過酷です。

25人のプロで完走者は15人。

ブログ更新しました。
http://s.ameblo.jp/uassu/entry-11605911792.html
uassu, 2013/09/04 12:56 PM









Trackback
url: http://blog.logcom.jp/trackback/865700