RSS | ATOM | SEARCH
景品表示法違反で消費者庁より措置命令が出たメガネの“ドクターアイズ”
JUGEMテーマ:ビジネス
 

 【よかったらクリックお願いします♪】
ブログランキング・にほんブログ村へ
http://www.mag2.com/m/0000218071.html 

201191日付の読売新聞や北海道新聞が、「ドクターアイズ」の店舗名で全国68店を運営するメガネ販売会社「フィッシュランド」(札幌市中央区)が、831日に、消費者庁から景品表示法違反(有利誤認)に基づき、再発防止を求める措置命令を出したことを報じていた。

 

記事によると、

20101月〜20117月に掛けて新聞の折り込みチラシなどで遠近両用眼鏡を広告

◇広告では「最高級品質」の遠近両用眼鏡を「8800円」で購入できるかのようにうたった

◇実際は低品質の商品しか購入できず、高品質のレンズを選ぶと1380068800円になった

のだという。

 

ドクターアイズで、私は眼鏡を購入したことはないが、よく札幌市内を車で走っていると店舗を見かけるし、広告も目にしたことが何度もあった。

有名なのは「標準レンズ付きメガネが3本で9900円」という商品。

しかし、利用したことのある友人に聞いたことがあるが、

◇フレームがダサい

◇特価商品と並んで高品質商品が並べられている

◇店員がメガネについて詳しくない

といった感想を漏らしていた。

 

ドクターアイズの肩を持つわけではないは、「低価格商品のそばにデザインの素敵な高価格商品を展示する」「“○○円〜”と広告に表示する」のは、商売の常套手段である。

しかし、「最高級品質の遠近両用眼鏡」が、ひとつとして「8800円」で購入できないのであれば、それは、「不当表示」(有利誤認)と消費者庁に指摘されても仕方がないだろう。

 

フィッシュランドのウェブサイトを見ると「“お客様の期待を超えろ”をスローガンに全社員の創意工夫を持ってお客様に貢献していく」と、佐藤隆士社長は挨拶している。

「お客様の期待を超える」ことは「顧客満足向上」を考える上で原点となる素晴らしいスローガンである。

http://www.fishland.co.jp/fed/fedhp/fed03.html

 

しかし、現在のところ、「消費者庁からの再発防止を含む措置命令」に関しては、ウェブサイトで触れられていない。

会社全体で、年商115億円という数字を挙げている会社だけに、説明責任も果たして欲しいと思うのである。

 【よかったらクリックお願いします♪】
ブログランキング・にほんブログ村へ
http://www.mag2.com/m/0000218071.html 
author:有賀正彦, category:ニュースを題材にした話, 09:07
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。