RSS | ATOM | SEARCH
打ち切りされる「水戸黄門」に視聴者が期待していたのは予定調和な展開
JUGEMテーマ:芸能
 

【よかったらクリックお願いします♪】
ブログランキング・にほんブログ村へ
http://www.mag2.com/m/0000218071.html 

年内で放送打ち切りが決定しているTBS系の人気時代劇ドラマ「水戸黄門」。

その主人公である水戸藩2代藩主・徳川光圀(16281700年)にゆかりのある茨城県の水戸、常陸太田、那珂3市の市長らが201182日にTBSテレビを訪問し、番組継続を要望したというニュースを目にした。

 

水戸、常陸太田、那珂市の市長自らが「陳情」に来るのは当然であろう。

東日本大震災の影響で、水戸から北のJR常磐線は未だ復旧していないし、震災の影響で、観光名所の偕楽園をはじめ、観光客はぱったりだ。

しかも、茨城県は、ただでさえ知名度が低い。

県庁所在地である「水戸」も「水戸黄門」が放映されなくなればメディアを通じて「水戸」を目や耳にする機会は極端に減り、当然「水戸に行ってみよう」という観光客の動機付けも減退するだろう。

したがって、3市の市長が「地域の観光資源に影響が及ぶ」と要望したのは、当然だろう。

 

ただ、この番組の視聴率の現状が10%前後となっている現実を考えると、TBSが打ち切りを決定したのは、スポンサーで成り立つ民放の特性からすれば、仕方がないのだろう。

それにしても、1969年から始まって第43部まで達したこの時代劇の終わりで、レギュラー放送されている時代劇は「NHKの大河ドラマ」だけになるのだと言う。

 

一時期は、暴れん坊将軍、鬼平犯科帳、銭形平次、大岡越前など、たくさんあった時代劇ドラマがほぼ消滅するのは、なんだか寂しい。

これらのドラマは、大人になってから「史実とはかなり異なる」ことがわかったが、違いすぎるだけに、「ドラマと思って楽しめればいいじゃん」と逆に思うようになった。

例えば、水戸黄門では、黄門さまは「全国行脚」しているが、実際に漫遊したのは「今の関東周辺程度」らしい。

それと、「正義は必ず勝つ」という予定調和の展開は、ドラマの進行が分かっているから逆に楽しめたし、見終わった後の「スカッと感」もあった。

 

そう考えると、水戸黄門における予定調和は、

◇悪人が登場して悪事をする

◇悪事をされて困っているゲストと水戸黄門ご一行が出会う

◇水戸黄門ご一行が内偵調査する

◇情報収集は、主に風車の弥七とかげろうお銀

うっかり八兵衛は食い意地が張っていて腹痛になる

◇かげろうお銀がお風呂に入る

◇番組後半で、悪党とチャンチャンバラバラ戦う

◇戦うシーンで人は切らず、刀を使っても峰打ち

◇紋所を出して悪党がひれ伏す

◇ゲストに感謝されてめでたしめでたし

である。

 

要は、これらの「必須項目」が欠けるようでは「水戸黄門視聴者に対する期待」を裏切っていることになるのだ。

そう考えると、由美かおるさんの降番は本当に痛かったし、引き継いだ雛形あき子さんの入浴シーンがないのも痛かった。

「なぜ、制作スタッフは、視聴者が期待するこれらの必須項目」にこだわった番組作りをしなかったのだろうと思う。

 

水戸黄門の後は、現代劇になると言う。

現代劇は「単純な恋愛ドラマ」「単純な青春ドラマ」は視聴者受けしないらしく、人間関係と展開が複雑なドラマが多くなった。

「観る前から展開が読める肩肘を張らずにビールとつまみ片手に見られる」のが時代劇だった。

3市長同様、私も番組の終了は、残念でならない。

【よかったらクリックお願いします♪】
ブログランキング・にほんブログ村へ
http://www.mag2.com/m/0000218071.html 
author:有賀正彦, category:スポーツ・芸能に関する話, 11:56
comments(1), trackbacks(1), - -
Comment
本当に「水戸黄門」が打ち切りになってしまって残念です。黄門様は熟年の俳優にしかできない役なので、若手俳優にはさすがに無理です。
「昔に比べてつまらない」とは特に思わないんですが、若い視聴者が減ったのは間違いないですね。
これを機に民放テレビ局は、若い人を主人公(もちろん演じるのは20代か30代前半の人)にする時代劇を作らないとダメですかね?
近年の大河ドラマについて批判するマスコミ人は、NHKの配役起用の方針を再評価した方がいいのかも?
考えてみると今年は「時代劇受難の年」かもしれませんね。
大河ドラマは視聴率では今年は4月以降苦戦しております。地震の影響もあるんでしょうね。
来年も厳しいかも?
えびすこ, 2011/08/15 2:52 PM









Trackback
url: http://blog.logcom.jp/trackback/864927
恋愛で悩んだり傷ついてしまうアナタへ
男性とお付き合いしても、振られてしまったり、長く続かないのは、「彼を手に入れること」と「彼の愛を手に入れること」の違いに気づけていない状態なのです! あなたに必要なことは、とてもシンプルです。
普通の女性が生まれ変わる恋愛プログラム, 2011/08/04 9:10 PM