RSS | ATOM | SEARCH
総務省が想定した“地デジサポート”は甘かった?!
JUGEMテーマ:ニュース
 

【よかったらクリックお願いします♪】
ブログランキング・にほんブログ村へ
http://www.mag2.com/m/0000218071.html 

東日本大震災の被災地である宮城県、福島県、岩手県を除いて、テレビ放送のアナログ放送が2011724日で終了する。

地デジ化推進キャンペーンのテレビCMを頻繁に耳にするようになった時は、「あっ、終了までまだ2年以上ある〜」とずいぶん先のことのように思ったが、「その時」を迎えようとしている今になってみると、あっという間だった。

 

アナログ放送終了については、

◇国から国民に「デジタル化」への意見聴取や相談が不十分だった

◇視聴者(顧客)不在の政策だ

◇生活貧困家庭へのデジタル放送の受信対策が不十分だ

などの意見を耳にする。

 

もちろん、これらの意見は「その通り」で「ごもっとも」ではあるが、「日本における放送や通信で使用できる電波利用」の現状が、

◇日本の電波利用は非常に過密である

◇デジタル化して空きチャンネルを作らねば高度な情報化社会が構築できない

わけだから、理屈で考えれば、日本全体の利益を考えれば、デジタル化への以降はやむを得ない。

携帯電話も、「mova」から「FOMA」、そして「Xi(クロッシィ)」と変遷して行くたびに高額な買い替えが発生し、私など通信技術の発展に追い付いていない面もあるが、通信サービスの「高速・大容量・低遅延」向上を多くのユーザーが求めている以上、ついていくしかない。

 

ただ、テレビや携帯電話は、ニュースや安否情報、災害情報といった「日常生活を過ごす上でのライフラインのひとつ」でもあるから、政府や放送、通信各社は、

◇経済的貧困者

◇お年寄りや身体障害者など

社会環境の変化への切り替えが困難な「生活弱者」への対応策を万全にしておくことが使命のひとつであろう。

 

そのように考えれば、テレビの「地デジ化」について、総務省は、

◇市町村民税(特別区民税を含む)が非課税の世帯

NHKの受信料が全額免除となる世帯

に対して、アナログテレビ1台で地上デジタル放送を視聴するために必要なチューナーを無償給付している。

また、お年寄りなど「生活弱者」についても、デジサポ(テレビ受信者支援センター)を設置して対応しており、これらは評価できるだろう。

 

しかし、最近話題になりクローズアップされたのが「視覚障害者」に対する支援不足である。

2006年に「全日本視覚障害者協議会」が実施した調査によると、視覚障害者の情報入手先(複数回答)として

◇ラジオ 49.3%

◇テレビ 66.0%

という結果だった。

「テレビ」と回答した視覚障害者の多くは「テレビより安価なFMラジオ」を利用しているらしいのだ。

 

多くの方がご存知のように、FMラジオの周波数帯は7690メガヘルツで、アナログテレビは、東京基準でいえば、13チャンネルが90108メガヘルツ、412チャンネルが170222メガヘルツとFMラジオと比較的近いVHF帯域が割り当てられている。

したがって、視覚障害者の多くは、「アナログテレビの音声も受信できる安価なFMラジオ」を購入して情報を入手しているそうなのだ。

 

「障害者白書」のデータによれば、日本における視覚障害者数は約30万人。

仮に、その半数が、テレビ受信ではなく、FMラジオを使用してアナログテレビ放送を受信しているとすれば、約15万人は「地デジ化難民」となる。

総務省のデジサポページ http://digisuppo.jp/ を見ても、「テレビを持っている人」に対するサポート対応は記載されているが「そもそもテレビを持たずFMラジオでテレビ放送を受信していた人」に対するサポートは記載がなく、想定していなかったようだ。

 

総務省は「テレビの地上デジタル放送移行」について「すべての人に万全のサポート体制を施す」と標榜していた。

http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu09_01000024.html

しかし、「FMラジオでテレビ放送を受信していた生活貧困家庭や福祉関係者」は、想定が甘かったといえるだろう。

原因としては、総務省が音頭を取って、地デジ化を施行するにあたって、厚生労働省などと情報交換するなど、生活弱者や福祉関係者の現状調査が不十分だったのではないだろうか。

 

「原発の津波被害の想定漏れによる対策不備」よりは、世の中に対する悪影響は少ないとは思うが、総務省は、「想定漏れしサポートが不備となった地デジ難民がなぜ発生してしまったのか?」については、検証が必要である。

あとわずかでアナログ放送が終了するが、おそらく地デジ放送が利用できない「これ以外の想定漏れ生活弱者」が出現してくるに違いない。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ238号より)

【よかったらクリックお願いします♪】
ブログランキング・にほんブログ村へ
http://www.mag2.com/m/0000218071.html 
author:有賀正彦, category:ニュースを題材にした話, 07:15
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。