RSS | ATOM | SEARCH
雪道、凍結路面は“注意一秒、怪我一生!”だ
JUGEMテーマ:日記・一般
   【よかったらクリックお願いします♪】
ブログランキング・にほんブログ村へ
http://www.mag2.com/m/0000218071.html 


今年の札幌は「雪が多かった」と多くの人が言う。

確かに、出張で、1週間ほど留守にして、戻ってくると、すっかり駐車場の車は、「雪だるま」状態になっていて、車を動かせるようにするまでの「発掘」作業は、昨年と比較して、大変な気がする。

もしかしたら、積雪量自体は、例年通りなのかもしれないが、「一度にドバッと」降っているのかもしれない。

 

ただ、徐々に「春の訪れ」を感じるようにもなった。

外に出て、すこし歩けば、「春のかおり」がするし、日中、真冬日にならないため、道路の雪が溶けている。

しかし、タクシーの運転手さんとよると、「一番この時期がスリップ事故を起こしやすい」のだと言う。

 

その理由は、

◇道路の雪が日中に溶けるので、安心する

◇夕方になると氷点下になるので、道路が乾いていない限り、ブラックアイスバーンになる

◇ブラックアイスバーン(路面に薄い氷の膜ができて、単なる湿潤路面のように黒く見えるのに凍っていること)は、夜間だと路面が乾いて見える

◇したがって、ドライバーはスピードを出しやすく、スリップしやすい

ということなのだそうだ。

 

確かに、先日、ニセコにスキーに行った際に、帰りの日は、日中、気温が上がっていたので、帰り道の道路の雪や氷がかなり溶けていた。

しかし、中山峠に差し掛かった時間帯が17時を過ぎていたので、峠を通行する時点では、すっかり、「ブラックアイスバーンのツルツル路面」になっていた。

峠に入る前までは、調子よく、スピードが出せていたので、ついついスピードを出したくなるが、明かにタイヤが滑って、まさにスケートリンク状態なのだ。

現に、峠で事故った車が発生したようで、パトカーやレッカー車が出動していた。

おそらく、スリップによる事故なのだろう。

 

「ニッポンレンタカー北海道(株)事故防止委員会」が作成した「冬道運転の心得」によると、スリップ事故を防ぐテクニックとして、

 

【スリップを防ぐ3大テクニック】

◇ゆっくり発進!

◇徐々に加速!

(急激な加速は横滑りやスリップのもと!!走りが安定してからアクセルを加速する)

◇エンジンブレーキを活用!

(凍結路面では少しでもブレーキを踏みすぎると、制動距離が延びたり、横滑りやスピンなどを招く危険がある。アクセルをゆるめ、エンジンブレーキを活用して減速し、最後に静かにフットブレーキを踏む)

 

が紹介されていた。

北国の運転手なら常識だが、頭に叩きこんでおかないと、ついつい、凍結していない時の運転の悪いクセが出てしまう。

 

また、その他の注意点として、

◇交差点、橋、トンネル出口の周辺はツルツルしている

◇緩いカーブ、なだらかな下り坂は油断を生む

◇雪が降った早朝は雪の下にツルツルのアイスバーンが隠れている

◇空調は外気導入で使用(内気循環だと内窓が曇る)

◇ワダチ走行に心がける(雪溝に沿って低速でゆっくり走行)

4WDの過信は禁物

 

あと、その他に私が実践しているのは、「後続車両に“遅っせー”と思われても、スピードを出さず、かつ、車間を広めにとる」ことだ。

後続車両があまりにも詰まってしまい、車の列が長くなったら、左ウインカーを出して、後続車を先に行かせたり、吹雪などで視界が悪くて、どうしようもない時は、ハザードをつけて、30km/h以下でチンタラ走ることにしている。

 

今日また歳を重ね、気づけば、平均寿命の半分を超えた年齢になってしまった。

これからの人生は、精神的にさらに大人になった行動をしなければ、と思う。

雪道、凍結路面、吹雪による視界不良などの条件では、まさに「注意一秒、怪我一生」なのである。



  【よかったらクリックお願いします♪】
ブログランキング・にほんブログ村へ
http://www.mag2.com/m/0000218071.html 

author:有賀正彦, category:一般コラム, 07:52
comments(0), trackbacks(1), - -
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
-, 2013/02/20 6:00 PM