RSS | ATOM | SEARCH
ラスト大会じゃなかったら“笑い飯”は優勝できなかった
 


【よかったらクリックお願いします♪】
ブログランキング・にほんブログ村へ
http://www.mag2.com/m/0000218071.html 

10回目で最終回となった、吉本興業が主催し、オートバックスセブン冠スポンサーとなり、朝日放送が制作し、テレビ朝日系列が放送してきた漫才選手権M-1グランプリ」の優勝が「笑い飯」に決まった。

 

ひさびさに、M-1を通しで視聴した感想は、「笑い飯」はご存知の通り、第2回大会から9年連続の決勝進出で、半ば、M-1の顔となっていたので、審査員も会場も「優勝させてあげたいなぁ」という雰囲気になっていたように思う。 

M-1を企画した理由として、島田紳助氏は、自身が司会をする「行列のできる相談所」で、

◇漫才に対して恩返しをしたい

10年やっても目がでない奴を辞めさせたい

と語っている。

 

つまり、紳助氏自身は、漫才師としてのキャリアは8年だけで、その後、タレントとしてブレイクしたが、漫才を踏み台にしてしまった気持ちがあり、恩返しをしたい。

そして、「才能がないことに気づいていない人」に漫才を諦めるきっかけを作りたい、というのが、企画理由(表向き?)なのだ。

 

企画が具体化していく中では、松本人志氏と紳助氏は「単純におもろい奴を決めるコンテストがしたい」とM-1の構想を練っていったようだ。

そう言う点で言うと、「M-1決勝に多く出場しているコンビは不利」だ。

実際、歴代のM-1優勝者を振り返ると、M-1の決勝進出が初のコンビの優勝が多い。

したがって、今回がM-1のラストでなければ、最終決戦で7票中3票を獲得した2位のスリムクラブが優勝していた気がする。

 

同じ日に、ボクシングの亀田兄弟の世界タイトルマッチダブル戦がTBS系列で放映されていたが、ボクシングの採点もノックアウト以外は、判定勝負となり「有効打が多いか」「手数が多いか」で判断が割れる。

結果的に、弟の大毅選手の試合は、「有効打の数で評価した審判が2人」、「手数で評価した審判が1人」だったので、2-1で辛うじて大毅選手が勝った。

 

M-1の場合もこれまでの大会では「4分間の中にどれだけ多くのツッコミとボケ」を入れてくるか、という近年の流れに対して、スリムクラブはよく言えば「間を十分に取る笑い」、悪く言えば「間も、構成も下手な笑い」で勝負してきており、会場も審査員にもそれが「新しい笑い」として斬新で、面白かった。

したがって、従来通り「新鮮」「おもろい」という基準だったら「スリムクラブ」に票が集まったと思う。

しかし、「ラストの大会」「9年連続決勝進出」ということから、審査員の心情が「笑い飯」に集まり優勝となったのではないかと思う。

 

わたしは、「スリムクラブ」について、エンタの神様での「フランチェン」ネタ以外では、初めて他のネタを観た。

沖縄出身で、琉球大学卒業の『スリムクラブ』が来年はどこまでブレイクするか楽しみである。


【よかったらクリックお願いします♪】
ブログランキング・にほんブログ村へ
http://www.mag2.com/m/0000218071.html 

author:有賀正彦, category:スポーツ・芸能に関する話, 08:44
comments(0), trackbacks(1), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.logcom.jp/trackback/864703
新百合ヶ丘で働く社長のブログ
M-1で圧倒的に面白かったスリムクラブ♪確かに漫才ではないかもしれないが、単純に笑えた。
新百合ヶ丘で働く社長のブログ, 2010/12/27 5:20 PM