RSS | ATOM | SEARCH
歴代作曲家総売上1位の筒美京平さん

JUGEMテーマ:芸能

JUGEMテーマ:エンターテイメント

 

 

2020年10月7日に、作曲家の筒美京平さんが、誤嚥性肺炎により亡くなっていたことが、10月12日に各メディアが伝えていました。

筒美京平さんは、私の世代にはとてもなじみの深い作曲家です。

10月12日付の日刊スポーツによれば、

・享年80

・葬儀は故人の遺志により近親者のみで執り行われた

・「お別れの会」などを行う予定はない

・大学卒業後、レコード会社勤務を経て、作曲家になった

だそうです。

 

ウィキペディアによると、筒美さんが、音楽業界で残した「記録」として主なものとして、

・作曲家総売上歴代1

・10回にわたって日本の作曲家別レコード売り上げ年間1

・作曲作品が、1960・1970・1980・1990・2000年代と、5年代連続でチャート1位を獲得

・1960・1970・1980・1990・2000・2010年代と、6年代連続でTOP10にチャートイン

・・・

といった記録があるそうです。

 

ちなみに、筒美京平さんの「シングル売上げトップ10」は、

1 魅せられて ジュディ・オング   1979/02/25

2 スニーカーぶる〜す 近藤真彦   1980/12/12

3 ブルー・ライト・ヨコハマ いしだあゆみ 1968/12/25

4 また逢う日まで 尾崎紀世彦     1971/03/05

5 ロマンス 岩崎宏美          1975/07/25

6 木綿のハンカチーフ 太田裕美   1975/12/21

7 ギンギラギンにさりげなく 近藤真彦 1981/09/30

8 人魚 NOKKO   1994/03/09

9 やめないで,PURE KinKi Kids    1999/02/24

10 ブルージーンズメモリー 近藤真彦 1981/06/12

だそうです。

 

また、「歴代作曲家総売上ランキングトップ5」は、

1 7560.2万枚 筒美京平

2 7184.6万枚 小室哲哉 

3 4180.5万枚 織田哲郎

4 3901.8万枚 桑田佳祐

5 3825.1万枚 つんく

だそうです。

 

個人的には、筒美さんの曲は、どれも歌いやすく、「また逢う日まで」、「ロマンス」、「ギンギラギンにさりげなく」は、私のカラオケの十八番です。

それにしても、筒美さんの楽曲提供は、3000曲以上とも言われ、1960年〜1990年代は特に、多くの歌手に提供されているので、その時代を生きてきたものとしては、思い出深いです。

専業作曲家生活に入られたのが、1967年からでざっくり「50年間」で3000曲を割ると、年間約60曲。

つまり、1週間に1曲以上、オーティストに提供していたわけです。

おそらく、ピーク時は、1週間に5曲、6曲・・・いや10曲以上の作曲依頼があったでしょうから、超多忙の作曲家生活だったことが想像できます。

凡人の私が想像するのは難しいですが、「よく才能が枯渇しなかったなぁ、どうやって、アイディアが湧き出るように工夫していたんだろう」と思います。

 

また、下世話な話ですが、これだけ、多くの歌手に曲を提供し、ヒット曲も多いのでカラオケなど、著作権使用料は、現在でも、年間数億円になるのでしょう。

 

筒美さんのご冥福をお祈りするとともに、コロナ禍後のカラオケでは、筒美作品を熱唱したいと思います。

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

http://www.v2-solution.com/booklist/978-4-434-26285-2.html

 

“できるビジネスマンのマネジメント本”(玄武書房)

https://www.amazon.co.jp/dp/4909566066/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

http://www.mag2.com/m/0000218071.html
(携帯でアクセスしている方)
http://mobile.mag2.com/mm/0000218071.html
Twitter:https://twitter.com/ariga9001

author:有賀正彦, category:スポーツ・芸能に関する話, 12:01
comments(0), -, - -