RSS | ATOM | SEARCH
相関関係と因果関係

JUGEMテーマ:ビジネス

 

コロナ関連の報道を見ていて、ときどき、メディアも、コメンテイターも、「相関関係と因果関係を間違って使っているのでは?」と思うときがあります。

そこで、相関関係と因果関係について、少し整理をしておきたいと思います。

 

まず、広辞苑で、相関関係と因果関係がどのような意味なのか、示しておきます。

 

◆相関関係:一方が他方との関係を離れては意味をなさないようなものの間の関係

◆因果関係:原因とそれによって生ずる結果との関係

 

ちょっと文字だとわかりにくいですね。

要は、「因果関係は相関関係の一部」なのです。

つまり、両者の関係性は「因果関係があるから、相関関係にある」と表現することができます。

逆に言えば「相関関係はあるけど因果関係はない」ということになります。

 

両者について、よく例えに出される有名な例として、

「森林火災とアイスクリーム」の事例があります。

森林火災の件数とアイスクリームの消費量を年間データにすると、ともに、夏場に増えます。

つまり、両者は、どちらも、夏に増えるので「相関関係がある」わけです。

しかし、「アイスクリームの消費量が増えることは森林火災の件数が増える原因」ではないし、その逆も成り立ちません。

したがって、「森林火災の件数とアイスクリームの消費量」には因果関係はありません。

 

コロナ報道の4月、5月の段階で、アビガンやレムデシベルを感染者に投与したら効いたという事例がありました。

その時に、「治療薬として承認し、早く投与すべき」という主張をするコメンテイターが多かったですが、この時点では、あくまでも「相関関係がある」だけで、「因果関係」は証明されていません。

 

また、日本人の新型コロナ感染者数が欧米と比較して、異常に少ないので、「BCGを日本人は接種しているから」という説が流れました。

しかし、これも、相関関係であって、因果関係では、ありません。(少なくとも現時点では)

 

話題が相関関係と因果関係からそれますが、私たち日本人は、「抗○○薬信仰」と「抗生物質信仰」が強いと思います。

実際、医者の友人に聞くと、抗インフルエンザ薬である、タミフルやリレンザは、インフルエンザの症状を半日程度短くするくらいの効果しかないそうで、入院や重症化を防止したり、感染拡大を防止したりするデータはないそうです。

また、ウイルス性の風邪には、抗生物質は抗菌剤なので、効かないそうです。

しかし、日本人は、これらを万能薬のように考える習慣があります。

 

それにしても、今回の新型コロナで「日本人の意識の共有化ができていない」ことと「政治家が国民に十分な説明をしていない」ことが気になります。

例えば、新型コロナの飛沫感染は、1m離れれば8割は届かず、2m離れれば届かないことがわかっています。

また、電車のつり革やドアノブ、エレベーターのボタンを異常に恐れている人が多いですが、これらをべろべろと舐める人は基本的にいないので、そこに感染リスクはほぼないですし、仮にウイルスが付着しても、粘膜からしかウイルスは侵入しませんので、手洗いをすれば、ほぼ大丈夫です。

 

また、高齢者や既往症がある人の重症化はありますが、基本的には「かかっても治せばいい病気」です。

しかし、「怖がっている人が多いから、感染したら叩かれる」と思って相互不信を招いています。

そもそも、新型コロナを「指定感染症」としたので、一類のエボラ出血熱、二類の結核、三類のコレラのような隔離等の措置が必要に、法律で成ってしまっています。

 

本来、国会を開いて、通常のインフルエンザのような五類に新型コロナを区分し「かかっても治せばよい」感染症として政府が国民に丁寧に説明するべきなのです。

「高齢者が家族にいるから帰省は今年は止める」はわかりますが、だからと言って、その流れに乗らない人を「自粛警察」が叩き、「感染者」や「旅行者全般」を「悪者扱いする日本」の風潮は変だと思います。

 

新型コロナだけに焦点を当てれば「ひとりの命は地球より重い」となるのかもしれませんが、経済悪化による自殺者急増など全体で捉えれば、「感染リスクと経済的リスクを最小化する方向で政府は取り組みます」と時の政権は説明して欲しいものです。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ712号より)

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

http://www.v2-solution.com/booklist/978-4-434-26285-2.html

 

“できるビジネスマンのマネジメント本”(玄武書房)

https://www.amazon.co.jp/dp/4909566066/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

http://www.mag2.com/m/0000218071.html
(携帯でアクセスしている方)
http://mobile.mag2.com/mm/0000218071.html
Twitter:https://twitter.com/ariga9001

author:有賀正彦, category:経営・ビジネスに関する話, 13:11
comments(0), -, - -