RSS | ATOM | SEARCH
東京日本橋に建築予定の高層賃貸オフィスビル

JUGEMテーマ:ニュース

 

2020929日付の「FASHIONSNAP.COM」が、

「日本橋に国内最高層の木造の賃貸オフィスビルが建設予定、三井不動産と竹中工務店が検討」

という見出しの記事を報じていました。

 

記事によれば、(※筆者が記事より概要を編集)

・三井不動産と竹中工務店が、木造高層建築物として国内最大かつ最高層を建築する

・予定地は日本橋本町1丁目で賃貸オフィスビルとなる

・建築は、2023年に着工し、2025年の竣工予定

・賃貸オフィスビルの想定規模は、17階、約70メートル、約26000平方メートル

・使用する木材量は国内最大規模の1000立方メートル

・主要な構造部材には竹中工務店が開発した耐火集成材「燃エンウッド」を導入

・木材は三井不動産グループが保有する森林から調達する

・その他、国産材を積極的に使用する

・建築資材の自給自足および森林資源と地域経済の持続可能な好循環を実現する

・環境に優しくCO2排出の削減にも寄与するプロジェクトを目指している

・同規模の鉄骨造オフィスビルと比較して約20%のCO2排出削減効果を想定

・・・

とのことです。

 

この報道を知ったときの第一印象は、

・木造17階って構造上、怖いイメージ

・防火対策は大丈夫?

・リモートワークが増加しそうなのに大規模オフィスビルって将来性は?

・法定耐用年数は22年が適用なの?(木造は22年、鉄筋コンクリートは47年)

といったことでした。

 

しかし調べてみると、

・この木造は、CLT工法で世界的に開発が進んでいる

CLT工法は、耐震性、耐熱性がコンクリートより優れている

・建設コストが鉄筋コンクリートより高い

・耐火集成材は、RCや鉄骨と比べ軽いことが大きなメリット

といったことがわかりました。

 

個人的には、

・国産材の需要増加

・接着部分の経年劣化(理論値ではわからない実態の検証)

・木造ビルの取り壊し時の廃材の環境に優しい処理法

・木造高層ビルの減価償却の考え方(税務上のメリット)

について関心があります。

今後の動向に注目したいと思います。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ718号より)

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

http://www.v2-solution.com/booklist/978-4-434-26285-2.html

 

“できるビジネスマンのマネジメント本”(玄武書房)

https://www.amazon.co.jp/dp/4909566066/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

http://www.mag2.com/m/0000218071.html
(携帯でアクセスしている方)
http://mobile.mag2.com/mm/0000218071.html
Twitter:https://twitter.com/ariga9001

author:有賀正彦, category:ニュースを題材にした話, 09:31
comments(0), -, - -