RSS | ATOM | SEARCH
クレカ再発行とAmazonや三井住友のなりすましメール

JUGEMテーマ:日記・一般

 

先日、クレジットカードを再発行する手続きをしました。

クレジットカードの再発行手続きは、自分史上2回目です。

1度目は、12〜3年ほど前のこと、仕事中に登録のない番号からの電話があり、珍しくなんとなく電話を取ると、カード会社からでした。

 

電話の主は「○月×日と○月△日に××をカードで購入されましたか?」と聞いてきました。

その当時は、現在と違って、クレジットカードより現金で買い物をしていたので、カードで購入するものは、「新幹線や航空券のチケット」、「ホテルの宿泊代」、たまに「高価な飲食店の支払い」程度だったので、カード会社曰く「お客様の購入傾向に該当しないので連絡しました」そうです。

 

その時、カード会社の監視システムは、すごいな、と心から思いました。

利用明細を詳しくチェックしないたちなので、たぶん、カード会社から連絡がなければ、何も気づかずに支払っていたと思います。

「他人によるカードの不正利用の原因」は、はっきりしませんが、おそらく、ある飲食店の支払いをしたときに、スキミングかカード番号を盗み取られたらしいのです。

 

その出来事以来、「目の前に決済用のカードリーダーがないお店」では、クレジットカードを利用しないようにしていました。

また、ここ10年ほどは、ネットショッピングについても、フィッシングサイトには、かなり警戒していたつもりでした。

 

しかし、・・・夜にトイレに起きて、寝ぼけ眼でスマホをいじっていたら、「ブラウザー意見アンケート」というページが表示されて、容易に通常画面に戻れません。

寝ぼけているから、冷静さを失っていたようで、「どうしたらこのアンケートページから元に戻れるんだろう」と考えたら、「アンケートにサクッと答えれば、このページが閉じられるだろう」と考え、入力していくと、最後に「iPhoneが100円でもらえます」というページが登場しました。

通常なら「ありえねー」と無視するのですが、よくないことに、私は、カード番号の16桁を暗記しています。

そこで、サクッと入力すると、ようやく、このページから元の画面に戻りました。

 

けれども、それから約1か月後の現在ですが、ネットで「カード決済内訳」をチェックすると、その「100円」以外に同じ利用店名から何度か決済されています。

最初の「100円」は私のミス(もちろんiPhoneは届きません)ですが、その後は、おそらく、そのとき入力したカード情報を悪用されているわけです。

 

カード会社にすぐに電話しました。

結論的には、「カードを再発行する」ということになりましたが、これがまた面倒です。

このカードは、航空会社との提携カードなのですが、なんと、カードを再発行すると航空会社のお客様番号も通常手順だと変更になるのだそうです。

航空会社のお客様番号が変わるのは、私はかまわないのですが、問題は、お客様番号で航空券の予約サイトにログインできないのです。

カードの再発行はして欲しいし、新しいカードが届くまで(約10日だそうです)は、再発行手続きをしたので手元にあるカードが使えなくなるのは理解できるが、併せて、航空券の予約ができない(ログインせず非会員なら購入できる)のは困ると伝えましたが、どうしようもないのだそうです。

 

あと、カード番号を盗み取られた影響か、カードと紐付けされたメールアドレスも流出したのか、ここ数日、AmazonとSMBC(三井住友)の「なりすましメール」が急激に増えました。

Amazonのなりすましは、メールの内容が「Amazonプライムが決済できませんのでカード番号を再入力してください」と書かれていても、ドメインが「Amazon」でないのですぐにおかしいと気づきます。しかし、三井住友は、ドメインが「smbc.co.jp」なので、「再登録してください」というメールの誘導に思わず乗ってしまいそうです。

 

月並みですが、ネットショッピングという便利さと引き換えに、リスクもあるので、つくづく「注意しないとな」と思った今週です。

 

※後日談

クレジットカードの再発行依頼から、約4日後に新しいカードが届きました。

再発行手続きは、当初予想していたより早く、出張に出かける前に入手できて助かりました。

それにしても、Amazon、三井住友ビザだけでなく、Rakutenなどを装ったフィッシングらしきメールは相変わらず届きます。

タフな仕事の後、寝ぼけながらパソコンやスマホを眺めているときは、思考力が極度に落ちているので、巧妙なトラップに引っかからないよう、注意したいと思います。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ717号より)

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

http://www.v2-solution.com/booklist/978-4-434-26285-2.html

 

“できるビジネスマンのマネジメント本”(玄武書房)

https://www.amazon.co.jp/dp/4909566066/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

http://www.mag2.com/m/0000218071.html
(携帯でアクセスしている方)
http://mobile.mag2.com/mm/0000218071.html
Twitter:https://twitter.com/ariga9001

author:有賀正彦, category:一般コラム, 05:26
comments(0), -, - -