RSS | ATOM | SEARCH
最北端と最東端のマラソン大会・・・間に北海道マラソン

JUGEMテーマ:日記・一般

 

2019年8月18日、9月1日と最東端と最北端のマラソン大会(ねむろシーサイドマラソン、わっかない平和マラソン)に、そしてその中間週(8月25日)に北海道マラソンに参加してきました。

このローテーション、2年連続です(笑)

今年は、最東端の翌日から長崎出張があり、そして北海道マラソンの翌日から北九州&大阪出張があって、「マラソン大会参加のために帰宅」している感じでした。

 

ちなみに、「みんなで一緒に出ましょう!」と申し合わせたわけではないのですが、ランナー仲間の40代、50代の数人が、3週連続で同じ行動。

開催場所も、根室→札幌→稚内ととてつもなく離れているのに、いったい何なんでしょう(笑)

マラソン大会には、年に数回エントリーするだけのランナーさんからしたら、ヘンタイと言われることが当然だ、と最近悟りました。

 

3つの大会の思い出をざっくりと。。。

・「ねむろ」は、異常にめっちゃ暑くて、唇が日焼けして口唇炎に(涙)

・「ねむろ」では、川内優輝さんと道内ラン友さんたちと一緒に記念撮影

・「道マラ」は、10数年ぶりの低い気温と途中スコールのおかげで久々のサブ3.5復帰

(※2016年2月のサブスリー以降、フルマラソン40数大会ぶりに歩かず完走)

・「わっかない」は、今年も全行程の約9割が向かい風&稚内にしては猛暑

・「稚内」の高速美女ランナーさま(福原さん)とたくさん記念撮影できて楽しい思い出に!

・「わっかない」では、川内夫妻と少しおしゃべりできました

・「わっかない」では、DNSのつもりが、止め時がなく完走

(※数日前から右足が痺れ、足首が麻痺(原因不明)して反り返せなくなり歩行に支障)

・リアル「平和の日」(9月1日)に「わっかないマラソン」を走れた

(※稚内市民が恒久平和を祈願し、子育て平和運動を一層発展させることを誓いあう日)

・稚内マラソンに参加した友人の知人にメルマガ読者さまがいらっしゃったことが判明!

・サブスリー通算77回の「鉄人」くまごろうさんに3週連続お世話になった

 

なお、最南端のマラソン大会は、石垣島マラソン(1月開催)、最西端のマラソン大会は、与那国島一周マラソン(11月開催)です。

いつか、同一年に、「4ヶ所の端っこ大会」に参加したいと思います。

(※川内優輝さんは、今年は、最東端、最北端、最西端の大会のゲストランナーさまです)

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ662号より)

 

 

 

 

 

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434262858/bloglogcom-22/ref=nosim/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:一般コラム, 11:30
comments(0), trackbacks(0), - -
北海道弁“おささった”を考える

JUGEMテーマ:日記・一般

 

私は、出身が関東ですが、北海道で生活する期間が長くなったので、「北海道弁」には、かなり違和感がなくなりました。

 

先日、自動車を運転している時にラジオを聞いていたら、

「“おささった”には、“免責の意味がある”」

「“おささった”を標準語で話そうとすると、説明が長くなる」

「下手をすると、相手から反感を買う」

という話を熱弁しているDJがいました。

 

確かに、結論から言えば、「おささった」には、「自分は悪くない」のニュアンスがあります。

 

例えば、ファミレスで、店員の呼び出しボタンがあります。

友人数人で、資料を広げて打ち合わせをしているとします。

その時に、店員さんが“ご注文ですか?”をふいに訪れたとします。

 

北海道弁なら、

「呼び出しボタンが資料に埋もれておささった」

といえば、店員さんは、苦笑いをしながら戻るでしょう。

 

標準語に直せば、

「呼び出しボタンを押しちゃってた」

となります。

たぶん、訳し方としては、これで間違っていません。

 

しかし、道産子的には、これでは、

「自分が悪かった」

になってしまうのです。

 

気持ちとしては、“おささった”は「自分は悪くない」の意味があるのです。

このケースだと、

・悪いのは呼び出しボタン

・呼び出しボタンが机に固定されているから押しちゃったの

・押した意識がないのにボタンが反応したのはボタンの不備だ

という気持ちなのです。

要は、

「そんなつもりじゃなかったんだけど」

「自分はこうしたつもりなんだけど」

というニュアンスが入っているのが「おささった」なのです。

 

したがって、標準語にすると、

 

「自分ではそんなつもりなかったんだけど、この呼び出しボタンを押しちゃっていた」

 

となります。

 

つまり、「自分ではそんなつもりなかったんだけど」の部分が、会話に増えるわけです。

また、この部分を説明すればするほど、言い訳しているように聞こえて相手に反感を買うかもしれません。

 

「こうしたつもり」を「おささる」というひとことで相手に伝えるという意味においては、とても便利な言葉です。

ラジオで熱弁をふるっていたDJは、「おささった」は便利な言葉だから、全国区の言葉にしよう的なことを主張していました。

 

“おささった”。。。

便利な言葉といえるのか、それとも、俺は悪くない、という甘えの構造の言葉なのか。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ655号より)

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434262858/bloglogcom-22/ref=nosim/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:一般コラム, 05:07
comments(0), trackbacks(0), - -
交番でトイレが借りられない

JUGEMテーマ:日記・一般

 

私には、子供がいませんが、小学生と未就学児の甥と姪がいるので、夏休みや春休みなど長期休み期間に、何日か「保護者」となることがあります。

 

34歳ぐらいまでは、家の中でゲームをしたり、本を読んだり、テレビでアニメを見せていれば、なんとかなりましたが、小学生になると、そうもいきません。

・プールに行きたい

・野球をしたい

・ザリガニやセミを捕まえに行きたい

・花火をしたい

・買い物について行きたい

・・・

 

また、夏休みだと、絵日記や自由研究、算数や漢字のドリルがあり、その対応(これは、主に彼らのおじいちゃん、おばあちゃんに担当を押し付けてます)もあります。

 

自分も小さい時には、すっかり忘れていますが、両親や近しい親戚のお世話になっているので、こういうことは、「大人の務め」と思って楽しもうと思っています。

しかし、実際には結構、大変で、夜には、いつもの仕事の疲れとは違った疲労が残ります。

私が親になることはまずないですが、月並みですが、「子育て」は大変だな、と思います。

 

話題は少しそれますが、最近の交番は、「トイレを借りることができない」ことを知りました。

姪と外出した時に「トイレ」と突然言われ、目に入ったのが、交番。

私の感覚では、「町の交番」は、地域コミュニティの場のひとつ、と思っていたので、トイレは「どうぞお使いください」と言ってくれるものだと思っていました。

 

すると、その時、交番にいたおまわりさんが、ひとりだったこともあるのか「基本的に貸し出しできません」と言われました。

確かに、言われてみれば、最近は、拳銃を奪って警察官に凶行をはたらく事件も発生しています。

きっと、こうした凶行犯に対する未然防止の意味もあるのでしょう。

ただ、トイレ利用者が、未就学児だったこともあり、安全性に問題ないと判断したのか、「ひとりでできますか?」と姪に確認して、使用することができましたました。

 

これは、一例ですが、幼少の子どもと一緒に行動していたので、経験できた出来事でした。

子育ては、大人の学びの場ですね。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ659号より)

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ
7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:一般コラム, 06:26
comments(0), trackbacks(0), - -
うまい商売

JUGEMテーマ:日記・一般

 

台風10号が西日本に接近していたので、814日に、関西在住の友人に「台風お見舞い」的メールを入れてみました。

すると、次のような近況報告がありました。

 

(以下、メールの概要を抜粋)

 

> 鈴鹿サーキットに行ってきました。

> ソーラーカーを見てきたよ。

> となりの遊園地だけど乗り物を乗るたびに免許みたいなカードを渡されます

> しっかりした顔写真入りのカードにしたければ免許センターで300円払うと

> プラスチックのカードになります。

> カードがたくさん溜まるもんだから、しっかりどカードケースが売られています。

> 乗り放題つきの入場券だったけど、ついつい追加で払わされます。

 

> マクドナルドもハンバーガーをやすくしてポテトやジュースで儲ける。

> ミニ四駆も本体は、800円ほどなのですが、オプションパーツを

> 揃えようとすると、一つが数百円とは言え、5000円とか1万円くらいになります。

 

> モーターだのローラーだの電池だの。ナットも普通のだとコースに擦れて

> 外れたりするものだから、外れにくいナットが別売りされています。

> この微妙な調整とかタミヤさんやらのいうプラモデルつくりの金型とかの

> 調整がひと削りの差とかで調整されている世界です。

 

> 携帯の無料ゲームを攻略するためには、金を払ってアイテムを手に入れないといけなかったり

> するらしいのがあったり。

 

> ミニ四駆も勝つためには、払うものを払わないと勝てないようにできているみたい。

> それでも大会とかに1000人〜2000人集まり、100人単位でレースコースに

> 呼び出されるらしいからね。

> 勝っているマシンとか見ていくらくらいかかっているか計算してしまうよ。

> これが何十年も続いているのだからね。危険なくらいのスピードで走らさないといけない・・・・。

> この世界に突入するのは、やめとこかな・・・。

 

> ガンプラも根強いよね。平気で5000円くらいするし、

> ガンダムだけでもいろいろなバージョンがあるみたい。

> いまだにおもちゃコーナーの一角を占めている。

 

> 換気扇のフィルターも前は、フィルターが別の会社だったりしたのですが、

> プラスチックの枠のカチッとセットできるフィルターになってきたりして本体を販売後に

> フィルターがしっかりと売れる時代になっているよね。

> 世の中、うまくできているよ。

(友人からのメール抜粋、ここまで)

 

台風状況の返信というより、「うまい商売」についてのメールでした(笑)

確かに、家庭用プリンターは、本体自体は昔と比較して安いですが、トナー代が高い。

高いけれど、消耗品だから買わざるを得ない、というような商売は、うまいなぁ、と思います。

 

話題は変わりますが、この友人は、私と同じ年に生まれているので、去年、50を過ぎました。

共通の悩みは「昔のように根をつめて頑張れない」です。

体力・気力の衰えをどうやってカバーして乗り切るか。

切実な問題です。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ659号より)

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ
7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:一般コラム, 05:19
comments(0), trackbacks(0), - -
札幌の2夜連続の熱帯夜は1961年以降初

JUGEMテーマ:日記・一般

 

20197月は、全国的に「過ごしやすい気温」でした。

しかし、7月後半から、異常な暑さに。

731日の北海道では、暑さが続いており、朝になっても最低気温が札幌で26.0度、余市で25.0度と2日連続で熱帯夜となりました。

気象庁の発表では、札幌で2日連続の熱帯夜となったのは、1961年以降では、初めてのことだそうです。

私は、もともと関東人なので、寝苦しい夜には慣れている方ですが、睡眠が浅くなり、もともと胃腸の状態を崩していたせいか、暑さと睡眠不足で疲れが十分に取れず、日に日に体力が落ちていくのを実感しました。

 

ちなみに、72628日は釧路に滞在していましたが、気温が32を超える暑さでした。

釧路は、北海道の中でも、1年中「涼しい」地方都市で、アスファルト路面など実際の気温を

別にして、少なくとも気象観測用の百葉箱の観測では、30を超えること自体が滅多にない町です。

 

したがって、釧路の飲食店など商業施設は、クーラーがない施設が数多くあります。

実際、ビジネスホテルにおいても、内装や建物の外装をリニューアルして都内だったら11万円を超えるようなビジネスホテルでも、「冷房はありません」と宿泊予約時に明記されているホテルは、今でも結構あります。

ただ、経験上、釧路でビジネスホテルに滞在するのは、陽が落ちてからなので、窓を開ければ、逆に肌寒いぐらいなので、冷房が無くても「不快」に感じることは殆どありません。

けれども、私の中では、「はじめて」でしたが、今回は「夜になってもそこそこ暑い釧路」でびっくりでした。

 

「観測史上初」的な異常気象が発生すると、「人為的な影響による地球温暖化」と直結させたい人が、必ずいます。

しかし、「観測史上」の観測は、日本のみならず、世界的にもせいぜい100年です。

また、地球誕生46億年はスケールが大きすぎるにしても、ホモサピエンス誕生が20万年前ですから、20万年レベルで捉えたとしても、この程度の気温の変化は別の要因(例:太陽活動の変化)で今までにもあったと個人的には思います。

 

話題を「猛暑」に戻しますが、最近の悩みは「眠りが浅いこと」です。

20代までは、寝不足が続いたある休みの日は「気づいたら20時間以上寝ていた」というようなこともありましたが、今では、からだが相当疲れていても、35時間で一度目が覚めてしまいます。

私の場合、目が覚めても、数分あればすぐに寝られるのですが、いずれにせよ、夜中に何度か目覚める状態は、「疲労が抜けていない」を実感します。

深い睡眠をとるための秘訣をご存知の方がいたら、教えて欲しいです。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ657号より)

 

※異常な暑さのせいか、訪問先の空調が効きまくっていたせいか、金曜の夕方から高熱でうなされています。

市販薬を飲んでじっと熱が下がるのを待っていますが、扁桃腺は腫れ、しんどいです。

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434262858/bloglogcom-22/ref=nosim/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:一般コラム, 12:01
comments(0), trackbacks(0), - -
Amazon広告

JUGEMテーマ:日記・一般

 

【本日発売開始です】

ISOの復権 ―マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと」

有賀正彦著 ブイツーソリューション刊

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434262858/bloglogcom-22/ref=nosim/

(紙の本:1404円(税込)、電子書籍:972円(税込))

※現在増刷予定がなく、在庫が少なくなっていますので、注文はお早めにお願いします

 

・・・・・・・

本を出版するにあたって「Amazon広告」を利用してみることにしました。

 

今までは出版してきた本は、「商業出版」や「共同出版」という名の出版形態でした。

商業出版の場合は、費用を全部出版社側が負担する形式で、共同出版の場合は、著者と出版社が費用を出し合う形式です。

 

したがって、商業出版の場合が、基本的には、全面的に出版社側が本のセールスをまるまる引き受けてくれるので、新聞広告、雑誌広告を企画するので、著者は「だまってその様子を見ている」わけです。

 

共同出版の場合は、色々なケースがありますが、通常は、出版社側が「この本はある程度売れる」と見込んでくれれば、印刷代や書店流通費用などの費用負担を一部著者に求めますが、「全然マーケティングをしない」と出版社側の収支が赤字になってしまうので、そこそこ頑張って、広告を打ってくれます。

 

それ以外のいわゆる「自費出版」の場合は、版元の役割は、「本自体」に特化しているので「マーケティング」に関しては、完全に「セルフプロデュース」となります。

私の場合、過去のケースだと、

・プレスリリース・ニュースリリース配信サービス

・出版社への献本

・書評家への献本

・読者数の多いメルマガへの紹介(相互紹介)

などをしてきました。

 

今回上梓した、「ISOの復権」(ブイツーソリューション刊)

201985日発行(81日より販売開始)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434262858/bloglogcom-22/ref=nosim/

については、Amazon広告を利用してみることにしました。

 

Amazonで商品を購入しようとしている人の心理状態は、

・少しでも安く購入したい

・できるだけ早く商品が欲しい

Amazonで一番口コミが多い商品はどれだろう?

というものでしょう。

 

Amazon広告について、ざっくりと整理すると、

◆スポンサーブランド広告

◆商品ディスプレイ広告

Amazonストア内のオリジナルページ

があります。

 

「スポンサーブランド広告」は、私たちがある本を購入する際に「キーワードを入力して検索」します。

そこで、自書の内容に関連していて、検索で使われそうな語句を登録するわけです。

 

「商品ディスプレイ広告」は、個別商品ページへの広告で、競合する類似本や、本に関連する商品などの商品個別ページに広告が掲載されます。

私は今回、類似本を「102冊」選び登録しました。

とりあえず「ここ数年内に出版されたISO系書籍」は、ベストセラーの「ISO9001規格」や「ISO環境法」などに登録したので、これらの本の個別ページには、「ISOの復権」が表示されるはずです。

 

Amazonストア内のオリジナルページ」は、画像、テキスト、動画など商品の宣伝となるコンテンツを自由に配置することができます。

ただ、ノーアイディアなので、とりあえず、書籍の画像と案内文を掲載しました。

https://www.amazon.co.jp/stores/page/C9E080CF-3407-401E-9B99-8595A7C4447F

 

ただ、Amazon広告には、色々な規制があって、申請内容が全てOKされることはなかなかないようです。

例えば、「広告掲載基準」というのがあって、「誇張表現」、「強調表現」は使えません。

具体的には、

「抜群」、「必読」、「最適」、「完全」、「大人気」、「超」、「激」、「圧倒的」、「驚愕」、「不可欠」、「必須」、「絶対」など

です。

→注:ただし、Amazon内の通常の書籍紹介のページでは「必読」が使用できているので、少し不思議です。

 

Amazonでは、「ISOの復権」は、「81日から販売」と案内されています。

相当数の要望がない限り、現状、増刷予定がないので、注文はお早めに、よろしくお願いします。

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434262858/bloglogcom-22/ref=nosim/

 

なお、紙の本と同じ内容で、「電子書籍」版も販売開始ですので「本はスマホで読む派」の方は、kindle版の購入をお願いします。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ656号より。一部修正)

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434262858/bloglogcom-22/ref=nosim/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:一般コラム, 05:41
comments(0), trackbacks(0), - -
森永チョコフレークの生産終了・終売とその理由

JUGEMテーマ:ニュース

 

昨年(2018年)の秋に、1967年に発売を開始した森永チョコフレークが、2019年春〜初夏にかけて生産を終了することが発表されました。

個人的には、次代の流れだなぁ、と感じつつも、明治のカールが東日本地区で生産販売中止になった時と同様の寂しさがありました。

 

森永チョコフレークの生産終了、終売の報道が流れた時は、生産終了の理由として、

・スマホの普及によって、手がベタベタ汚れるスナック菓子が敬遠された

という報道がよくありました。

 

しかし、実際のところは、森永チョコフレークを生産している千葉県野田市にある森永スナック食品の「生産設備の老朽化」が大きいようです。

森永スナック食品は、生産拠点の移転・再編が計画されていて、その中で、チョコフレークを再編後も作り続けるか、「色々な要素」を加味して、「生産終了」という経営判断を下したようです。

 

「色々な要素」としては、

・スナック菓子の競合商品が増えた(例:チルドのシュークリームやカップケーキなど)

・チョコレートは、カカオ率の高い商品が好まれるようになった

・ながら食べの環境が昔と変わった(例:スマホの普及)

・環境の変化により、チョコフレークよりもっと愛される商品開発に資源を集中

といった点でしょう。

 

個人的には、スーパーで純正の「森永チョコフレーク」を購入することは滅多にありませんでしたが、ローソンセレクトで「森永チョコフレーク」が100円で購入できるので、ホテルで仕事をする時の「おやつ」として購入することがよくあり、たぶん、個数にして、年間78袋はコンスタントに購入していました。

 

勝手な想像ですが、

・ローソンセレクトの販売は利益が少ない

・生産設備の老朽化による新設との費用対効果が合わない

・費用対効果が低いのであれば、伸びしろがある新たな商品を開発と設備投資をした方がよい

といった経営判断があったのかもしれません。

 

森永製菓のウェブサイトを見ると、はっきりとした生産終了日は、知らされていませんが、終了時期が「初夏」ですので、6月いっぱい、遅くとも7月中に終了でしょう。

https://www.morinaga.co.jp/contact/info/detail/15

 

近所のローソンで、探してみると「賞味期限が20202月」となっている森永チョコフレークが2袋あったので、買い占めました。

チョコフレークの賞味期限は、「9か月」なので、このチョコフレークは、「20195月」に製造したものです。

 

これからの時期、自宅で常温保存すると、チョコフレークのチョコが溶け出すので、冷蔵庫に保管しました。

もしかしたら、私にとって「最後の森永チョコフレーク」です。

しっかり味わいたいと思います。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ653号より)

 

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)
http://www.v2-solution.com/booklist/978-4-434-26285-2.html

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

 

author:有賀正彦, category:一般コラム, 07:07
comments(0), trackbacks(0), - -
政党要件を満たしたれいわとN国

JUGEMテーマ:ニュース

JUGEMテーマ:日記・一般

 

このコラムでは、原則的に「政治」については取り上げないのですが、2019721日に投開票が実施された第25回参議院選挙の「サプライズ」について、触れておきます。

 

今回の選挙における個人的な「サプライズ」は、N国(NHKから国民を守る党)が、比例区で1人当選し、全国得票率が3.02%(比例区の得票率は2.09%)となり政党要件を満たしたことです。

 

同じく、今回の選挙で政党要件を満たした「れいわ新選組」は、比例区で2人当選し、比例区の得票率は4.55%

こちらもサプライズですが、各メディアでの下馬評では「12議席は獲得できる」という予測が目立ち、当日の開票速報が始まった直後に「最大3議席獲得の可能性も」との予測が報じられていたので、驚きましたが最終的には「わ〜、3議席目は無理だったか」という想いの方が強いです。

 

そんな状況だったので、722日の4時半ぐらいに目が覚めて選挙結果を確認した時は「衝撃」でした。

私はN国に関しては「泡沫候補」(ごめんなさい)と思っていたました。

(調べてみると地方議員はすでに全国で17人もいるんですね)

また、全国の選挙区に公募などで集めた候補者を立てていたので「供託金は没収続出だろうなぁ」と勝手に考えていました。

政治に関する知見が薄いので、「なぜ議席を獲得できたのか?」といった分析はできませんが、

NHK放送のスクランブル化

NHKの最近の強引な視聴料徴収への反発

などに同意する人が想像以上に多かったということなのでしょう。

 

それから、れいわ新選組に関しては、山本太郎の得票は約97万票を獲得し、2001年以降の現行選挙制度における落選者の最高得票を更新したそうです。

選挙速報番組の中で山本氏が発言していたように、今後は、近い将来に実施される衆院選挙に出馬するのでしょう。

 

いずれにせよ、れいわとN国が政党要件を満たした影響は、テレビの討論番組で呼ばれることは確実だし、「諸派」と十把一絡げに紹介されることもないので、関心を持つ国民は増えるでしょう。

また、れいわが主張した「消費税廃止」、「奨学金チャラ」、「消費税増税分は法人税減税などで相殺されている」、N国が主張する「NHK放送のスクランブル化」は有権者にわかりやすいので、今後の動向に注目です。

 

最後に、ヤフーニュースにおける「れいわ新選組」に関する記事に書き込まれたいわゆる「ヤフコメ」の一部を以下に引用しておきます。

 

(以下、ヤフコメより引用)

 

(ヤフコメ1)

今回で政党要件を満たしたのがでかいでしょうね。今回は寄付に頼っていたけど、次からは正式な政党だから助成金も出るし動きやすい。政党になったからメディアでももう少し取り上げられる。党首として党首会談にも参加できる。重度障碍者議員も世界初だから海外からも含めて話題になり無視できず五輪パラリン前に国会もバリアフリー化が進む。最初から衆院選狙いだったのでは?実質山本1人だけの票で2人送り込み、政党要件を満たし、これから戦いやすくなる。次は100人規模で候補者を、とか言ってるし、いろいろうまいこと考えたな。

 

(ヤフコメ2

与党が勝ったとも野党が勝ったとも言えない今回の選挙の一番の勝利者かも。自身は落選したものの97万票を獲得したことは、彼の考えが一定の層に届いたことの証明になった。また、れいわ新選組が比例で2議席獲得して、より影響力の大きい衆院選の布石にもなった。また、干されていた地上波で「消費税増税の大部分は法人税の大減税 所得税の大減税で 金持ち優遇に使われてる」という、メディアが伝えない重要な情報をちゃっかり伝え、しかも、これを言おうとした瞬間、CMでストップをかけようとした声が入るというおまけ付き。どの政党を選ぶのかは自由だけと、どの政党がどのような考えなのか、国民に伝えようと希薄なメディアの矛盾。結局、為政者の狙いは国民に重要なことを伝えず考えさせないという目的をあぶりだしたという点でも評価できる。

 

(ヤフコメ3)

特定枠自体汚い制度で採用した自民党は批判されるべきだが、単に批判で終わった多くの野党と、ならこうやって使えばいいんですよって、ある種のとんちで返した山本太郎の格の違いがすごい。

選挙活動できない人が議員になるのがおかしいという指摘に対しては、特定枠だと法律上そもそも選挙活動禁止ですって切り返せるし。

また、弱者のための政治って言う野党勢力に対しても、じゃあ特定枠で当選させればいいじゃないですかっていう欺瞞の指摘にもなっている。

こうして特定枠の問題点も社会に提示できている部分が秀逸。

(引用ここまで)

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ
7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:一般コラム, 07:17
comments(0), trackbacks(0), - -
退職相談は退職報告である

JUGEMテーマ:日記・一般

 

取引先の知人が一身上の都合で退職することになりました。

ちなみに、私自身は、サラリーマン時代を4社で過ごしたので、転職(業界は変わっていないので転職というより転職場)が3回、独立時を含めると4回、直属の上司に退職を相談し(相談時点ではいずれも次は決まっていたので、報告ですが)「退職願」を提出しています。

 

そのうち、転職時の3回は、後日、直属の上司にお話をお聞きする機会があったので、「私の転職相談時の様子」をお聞きすると、いずれの上司も、

「あなたに“相談があるのでお時間いただけますか?”と言われた時は、何の話か想像がついたよ。そして相談じゃなくて報告だろうな。」

と言われました。

また、そのうちの2人の上司には、

「あなたの気持ちがそういう状況になっていることはなんとなく想像が少し前から気づいていたから、今考えると、早めに手を打っておけばよかったよな」

ともいわれました。

要は、上司からしたら、

「不満や不安を持ち始めているが、仕事は期待通りやってくれているし、辞めるという決断をすることはないだろう」

と思っていたようです。

 

この2回に関しては、当時、20代だったこともあり、まだまだ自分の可能性に期待していたので、

「ずるずる引きずって働き続け、生活のために辞められない状況になる前に早く決断しよう」

という思いがありました。

 

少し話がそれますが、(「時効」なので)余談ですが、転職3回のうちの1回(前述した2人の上司以外の1回)は、私が退職意思を伝えると、

「お前もそうなのか?!実は俺もだ。辞めるんだったら、俺の転職先に一緒に行かないか?」

といわれました。(次を決めていたので、その提案は断ってしまいましたが)

 

 

話を元に戻しますが、これまでも、取引先や業界の仕事仲間から退職を報告されたり、相談されたりすることはありました。

しかし、日常的に仕事上のやり取りが頻繁な人から「退職を伝えられる」というのは、そんなにない経験で、私自身の「退職の意思を上司に伝える」という出来事から、20年近く経過して、逆の立場(退職を伝えられる)側の気持ちが、ようやく実感できた、という気がしました。

 

「辞めてもらってよかった」というケースではなく、比較的「惜しまれつつ辞める」ケースの場合は、辞める側も、それなりに関係者に一斉報告をする前に近しい人には、「実は・・・」と退職経緯や時期について根回しして事前に話をしてくれています。

しかし、私からすると不思議なのは、稀に「関係者への根回し相談や報告はなく、“実は今日が最終勤務日”と突然連絡される人」がいることです。

「嫌気がさして、もうこれまで関係があった人とは、今後はどうでもいい」と思っているとは思いたくないですが、「一方的退職連絡&有休消化宣言」は、唖然としてしまうので、「これまでの付き合いは何だったのか」と寂しくなるのでやめて欲しいよな、と思います。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ654号より)

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ
7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:一般コラム, 08:13
comments(0), trackbacks(0), - -
プチ告知です(少し遅れ気味です)

JUGEMテーマ:日記・一般

 

私は、これまでに、単独著作の単行本を4冊出しています。

刊行順に並べると、

・2007年3月「ものの見方が変わる気づきの話。ロジカルシンキングのススメ」

・2007年5月「不祥事を止めるISO思考」

・2008年9月「仕組みが無くてダメな会社 仕組みがあってもダメな会社」

・2013年2月「ちょロジ ニュースから学ぶ7つの思考」

 

私の中での「最新刊」からもう6年も経過してしまいました。

そこで、ひさびさに、「新刊本」を出します。

 

進行状況ですが、現在、「校了」し、印刷・流通準備段階です。

本の奥付に記載される「発行日」は「2019年8月5日」ですが、たぶん、

・書店(ビジネス書常設店うち大型書店の一部)に並ぶのが8月下旬〜

・Amazonなどでの予約開始が7月下旬以降

ではないかと思います。

(詳細日程が分かり次第、ブログ、メルマガ、SNSで告知します)

 

現在、確定した本の情報は以下の通りです。

 

・タイトル「ISOの復権」

・副題「マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと」

・発売日「2018年8月5日」

・出版社「ブイツーソリューション」

・価格「1300円+税」

・ページ「176ページ」

・ISBNコード「ISBN978-4-434-26285-2

・図書コード「C3034

・電子出版「電子出版あり:価格900円+税」

・Amazon広告ページの見出し

 なぜISO が経営に生かせないのか?効果的に活用したい組織のための必読書

・主な内容

 本書では「効果的にISO を活用できていない組織事例」を挙げ、なぜそうなったのか、原因と対策を考えていきます。そして、認定認証制度に関する誤解についてもまとめ、ISO マネジメントシステム認定認証制度が「社会的価値を持った組織の能力証明を示す制度」となることを目指しています。

http://www.v2-solution.com/booklist/978-4-434-26285-2.html

 

ちなみに、「日本図書コードの分類コード(Cコード)」とは、

第1桁が「販売対象」、 第2桁が「発行形態」、第3-4桁が「内容」を表しています。

私の本のコードは、「3034」なので、

・3→専門書

・0→単行本

・34→経営

という図書分類になります。 

 

本を出す以上、「多くの人の目に触れて欲しい」と作者なら誰もが思うことですが、「専門書」カテゴリ―の本なので、読者層は限られています。

ただし、サラリーマンとして会社勤めをしている人なら、「なるほど」という部分もあるはずです。

Amazon広告ページでは、本文のうち10ページほどは「立ち読みページ」がある予定なので、チラ見していただけると幸いです。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ650号より)

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ
7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:一般コラム, 10:00
comments(0), trackbacks(0), - -