RSS | ATOM | SEARCH
テレビ局と大手芸能事務所の蜜月時代は終わった?!

JUGEMテーマ:芸能

 

202041日に、女優の柴咲コウさんが、公式HPで所属事務所とのマネジメント業務契約が331日に終了し、退社したことを発表しました。

https://koshibasaki.com/messege

 

ここのところ、大物芸能人の所属事務所退社が相次いでいます。

「退社」といっても、サラリーマンに例えれば、「職場の待遇を含めた仕事環境が悪い」とか「やりたい仕事の方向性が違う」という理由からの「転職(他の芸能事務所への移籍)」(例:岡田結実さん)のようなケースと、個人事務所を立ち上げてフリーランスになるケースがあるようです。

後者のケースは、冒頭の柴咲さんをはじめ、中居正広さん、米倉涼子さん、栗山千明さん、安田美沙子さんなどが相当するのかもしれません。

 

芸能事情に詳しいわけではありませんが、一般論として、テレビメディアを中心としたタレント活動のビジネスモデルが変わってきているのだと思います。

今までは、タレントが売れても「なぜ、独立をしなかったのか」といえば、それは、「元所属事務所からテレビ制作サイドへの圧力(忖度を含め)があることをタレントが知っていたから」でしょう。

 

ある意味、テレビ地上波キー局と大手芸能事務所は「相互補完」の関係です。

テレビは、視聴率を稼いで、広告収入を確保したいから、売れっ子タレントを起用したい。

一方大手芸能事務所は、駆け出しのタレントと大物タレントをバーターにして、テレビ局に売り込む。

この相互関係が成り立っていたから、弱小事務所は、なかなかイス取りゲームに参加できないから、コメツキバッタのごとく、プロデューサーに日参し、小さな役どころをもらう。

そして、運よく売れれば、ようやく、テレビ局側からお声が掛かるようになるわけです。

このテレビ業界のシステムがわかっていれば、「オレ、そんなに需要があるわけじゃないけど、大手事務所にいるから、仕事があるんだよなぁ」と自覚しているタレントは、独立できる道理がありません。

 

しかし、ネットメディアがこれだけ一般化してくると、ネームバリューがあり、発信力のあるタレントは、大手芸能事務所に頼らずとも直接ファン(消費者)を獲得して稼げる時代になりました。

例えば、柴咲コウさんの場合は、「音楽活動に軸足を移したい」という意向もあるようですし、個人事務所では、Tシャツなど商品販売もされているので、仮にテレビメディアに女優やタレントとして呼ばれなくても、やりたいことで生計が立てられるから独立可能なのでしょう。

 

「独立」といえば、NHKの朝ドラで人気を博した「能年玲奈さん」は、本名なのに独立後は名前の使用が許されず、「のん」という芸名に改名しました。

前述した独立したタレントさんたちは、そのままの芸名を使用できるようなので、元所属元とは、一応は円満退社なのでしょうか。

 

少し話題は変わりますが、大手大学受験予備校東進ハイスクールの「古文」の人気講師である「吉野敬介氏」が、2020331に日付で東進ハイスクールを退職し、東大英語講座の人気講師の「森田鉄也氏」と「たたよび」(YouTubeのチャンネル名)を立ち上げるそうです。

報道では、

・「ただよび」の開設日は46

・大学受験予備校の授業を11本のペースで配信

・吉野氏の長年の夢は、「教育の無償化」

・古文、英語以外の教科の講師は今後募集

・吉野氏曰く「教育に金がかかりすぎで階級社会みたいになってしまっている」

そうですから、「自主性がある受験生」にとっては、流行るだろうなぁ、と思います。

 

日進月歩の世界、例えば、経済、経営、医療、IT含む工業技術などの分野の専門家は、大学などの研究機関や最先端企業から離れ独立すると、例えば、コメンテイターとしてテレビメディアで話を聞くと「なんか、今はちょっと違うんだけどな」と違和感を感じることがありますが、受験の世界は、技術が大きく変わるわけではないですし、吉野先生やもりてつ先生のように「多数のファン」がいれば、チャンネル登録数や視聴回数は安定して伸びるのではないかと思います。

少子化と言っても、18歳人口は、2030年までは、100万人以上いますので、5人に1人が登録すれば、20万人です。

自分の受験生時代と比べると、ずいぶん変わったな、と思います。

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434262858/bloglogcom-22/ref=nosim/

 

“できるビジネスマンのマネジメント本”(玄武書房)

https://www.amazon.co.jp/dp/4909566066/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:スポーツ・芸能に関する話, 11:30
comments(0), -, - -
志村けんさんの訃報は、新型コロナが重症化すると危険であることを再認識させてくれた

JUGEMテーマ:芸能

 

コメディアンの志村けんさんが亡くなった。

3月29日の報道で、志村さんが入院している医療機関からの新たな情報はない、という記事があり「悪い予感」がして、知り合いに「残念だけど、もうじききっと亡くなるな」とつぶやいたらは「世間のみんなが志村さんの回復を応援しているのにそんなこと言うもんじゃない」とプチ一括されました。

しかし、結果として悪い想像の通りになってしまいました。

 

まだ、志村さんの訃報の詳細が報道されていませんが、一般的には、志村さんは、お酒もたばこも愛好家で知られていました。

最近の医学研究では、遺伝子レベルで、肺がんになりにくい遺伝子やアルコールを分解する機能が優れた遺伝子を生まれつき持っている人もいるらしいという研究を発表する研究者もいるようですが、通常の肉体なら、長年のアルコールと喫煙習慣で、肝機能や心肺機能へのダメージは大きいでしょう。(※報道では、志村さんに糖尿病などの持病は無かったそうです)

ですから、志村さんの病状が「人工呼吸器による治療中」との報道を聞いた時から、「最高の医療スタッフが24時間体制で治療をしたとしても、回復するまでに相当時間はかかるんじゃないか。それまで、体力は持つのだろうか」と素人感覚で感じていました。

 

それにしても、私は、伝説の番組と化しているTBS系のバラエティー番組「8時だョ!全員集合」で1974年の番組中に、ドリフターズの黄金期のメンバーで「何だ、バカヤロウ!」という「逆ギレ芸の元祖」荒井注さんから当時、いかりや長介さんの付き人だった志村けんさんにメンバー交代する場面をリアルタイムで見た世代です。そのため、今だにゴールデンにレギュラー番組を持ちテレビの第一線で活躍していた志村さんの訃報は、残念でなりませんし、どうもリアルなこととしてピンときません。

 

また、最近の報道では、NHKの朝ドラへの出演や映画界の巨匠、山田洋次監督の作品に菅田将暉さんとのダブル主演が決まっていたそうなので、「バカ殿」や「変なおじさん」とは違った姿が見られることを楽しみにしていたので、これもまた、残念です。

 

志村さんの容体に関する報道を時系列で振り返ると、

・3月17日に倦怠感の症状が発生

・3月19日に発熱・呼吸困難の症状が出現

・3月20日に都内の病院に搬送

  診断結果は、重度の肺炎で即入院

  診察の際に新型コロナウイルス感染が疑われたため検査が実施された

・3月23日夜に新型コロナウイルスの陽性が確認された

・3月25日に所属事務所のイザワオフィスが新型コロナに感染していることを発表

・3月29日午後11時10分に逝去

と体調を崩してから亡くなるまでが早すぎます。

 

変な話ですが、志村さんの死は、新型コロナウイルスが重症化すると回復しにくいこと、症状が悪化しだすとあっという間であること、といった新型コロナウイルスの特徴を多くの日本国民に再認識させるきっかけになったと思います。

志村けんさんのご冥福をお祈りしたいと思います。

 

話題は少し変わりますが、日本での新型コロナウイルスの致死率は、検査数の少なさもあってか、3%台ですが、80歳以上の致死率は、現在のところ、17%と非常に高いそうです。

29日の報道では「東京都が都内在住の90歳の会社員が新型コロナウイルスで死亡した」ことを発表していました。

余談ですが、個人的には「90歳の会社員?!」という都の発表に少し驚きました。

60〜70代の自営業者が税金対策で自分の親を従業員にしているケースなのだろうか?と思いました。

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434262858/bloglogcom-22/ref=nosim/

 

“できるビジネスマンのマネジメント本”(玄武書房)

https://www.amazon.co.jp/dp/4909566066/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:スポーツ・芸能に関する話, 10:58
comments(0), -, - -
私財を投じて福祉活動に身を投じた女優宮城まり子さんの訃報

JUGEMテーマ:芸能

 

女優の宮城まり子さん(93歳)が2020321日に亡くなった。

「宮城まり子さん」・・・おそらくこの名前にピンとくるのは、現在、アラフィフ以降の世代でしょう。

 

一般的に宮城まり子さんの肩書は、「歌手」、「女優」、「映画監督」、「福祉事業家」として記載されていることが多いですが、私には、リアルタイムで「歌手宮城まり子」は知りません。

「女優宮城まり子」としても、いわゆる商業作品としての映画やテレビドラマでの女優のイメージは殆どなく、宮城さんが自らが監督として制作した記録映画(ねむの木の詩)を小学生の時に在籍していた船橋市立薬円台小学校か、その頃住んでいた公務員住宅の今でいう「ママ友」の間で流行っていた「おやこ劇場」(上映場所は、たぶん千葉市民会館か千葉文化会館)で見た印象が強いです。

 

私の中で強烈な印象として残っているのは「まんが世界昔ばなし」の声優としての宮城まり子さんです。

「まんが世界昔ばなし」は、TBS系列で1976107日から1979328日まで放送されていました。

ちなみに、「市原悦子、常田富士夫」コンビの「にっぽん昔ばなし」も同時期にTBSJNN)系列で放送されていました。

小学生当時、私は、両親から「テレビはNHKしか見てはいけない」という原則の約束事があり、例外が許されたのは、「大晦日に放送されていたレコード大賞(TBS)」と「世界昔ばなし」と「にっぽん昔ばなし」のみでした。

そのような事情もあって、もしかしたら、同世代の中では宮城まり子さんに対する印象は強く、「私財を投じて肢体不自由児の社会福祉施設を運営した凄い方(偉人)」として認識しています。

 

2020323日付の毎日新聞やWikipediaによれば、宮城さんは、

・日本で初めての肢体不自由児の養護施設「ねむの木学園」(1968年設立)を運営してきた方

・東京都出身で、1955年に「ガード下の靴みがき」で歌手デビュー

・ミュージカル女優などとしても活躍

・テレビドラマ「てんてん娘」や映画「オンボロ人生」で地位を築いた

NHK紅白歌合戦に合計8回出場

・ねむの木学園を設立した1968年からタレント活動は事実上引退状態

1973年に吉川英治文化賞受賞

1974年に記録映画『ねむの木の詩』を監督し、第6回国際赤十字映画祭で銀メダルを受賞

・身体障害者の社会参加を訴え、これらが評価され、1979年に総理大臣表彰

20073月に日本経済新聞『私の履歴書』に自伝を執筆

20111月に自宅で転倒し腰椎を骨折して入院

2012年、瑞宝小綬章を受章

という人生です。

つまり、芸能活動を通じて得た資産を40代以降は福祉活動に注ぎ込んだ一生だったわけです。

おそらく、今後、親交のあった黒柳徹子さんの番組「徹子の部屋」では、追悼番組かシーンが流れるのではないでしょうか。

 

宮城まり子さんの訃報を受け、YouTubeで、紅白で歌った「ガード下の靴みがき」と「ドレミの歌」を聞いてみました。

人懐っこい人を引き付ける声質と想像以上のパワフルボイスでした。

宮城さんのご冥福をお祈りしたいと思います。

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434262858/bloglogcom-22/ref=nosim/

 

“できるビジネスマンのマネジメント本”(玄武書房)

https://www.amazon.co.jp/dp/4909566066/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:スポーツ・芸能に関する話, 08:06
comments(0), -, - -
“スポーツは世の中が平和であってこそできるもの”と語った桑田真澄氏

JUGEMテーマ:スポーツ

 

2020312日付のスポーツ報知が、

「PL学園卒・桑田真澄氏、救済してあげたいが夏のアドバンテージは違う」

という見出し記事を掲載していました。

 

この記事は、319日から開幕予定だった第92回センバツ高校野球大会が、臨時運営委員会を311日に開き、史上初めて中止になることが決まり、「夏の甲子園との共同開催等を望む声」に桑田氏が所見を述べたものでした。

 

記事によれば、

・(センバツ)は、194246年の戦争による中断を除き、史上初めて中止になった

34日には無観客で開催する準備を進める方針を示していた

・主催者は選手の健康と安全を第一に考えて1週間で方針を転換した

・桑田真澄氏は、次のように語った。

「春と夏は別の大会なので、夏の大会に何かアドバンテージを与えるというのはちょっと違うように感じます」

「甲子園出場を決めた選手たちにとっては、本当に残念で悲しすぎると思います」

「今回の決定はコロナウイルスの感染拡大を防ぐための判断です。今の状況を考えると、しょうがないと思います。」

「感染者や医療従事者など、当事者の方々を思いやるとともに、スポーツは世の中が平和であってこそできるものだと学んでほしいです。」

 「選手たちの気持ちを考えると、何か救済してあげたいとは思いますが、いい案が浮かびません。」

「ただ、春と夏は別の大会なので、夏の大会に何かアドバンテージを与えるというのはちょっと違うように感じます。」

「体調管理に努めながら、さらに実力を伸ばし、夏の甲子園出場を勝ち取ってほしいです。」

(引用ここまで)

 

元阪神で盗塁王にも輝いたの赤星氏や元甲子園球児で巨人で20勝投手になった江川卓氏などが夏の甲子園に春の代表校も参加する案などを述べていて、私も、その話を聞いた時には「日程調整や宿泊先、練習場所の確保など問題点は多いけど、いい案かも」と思いました。

しかし、桑田氏の

「スポーツは世の中が平和であってこそできるものだと学んでほしいです」

という言葉は、甲子園に5季連続で出場し、前人未到の通算20勝を上げた先人として重みがあります。

 

元甲子園球児で現在ヤンキースの田中将大投手は、駒大苫小牧高校の3年生の春に、1学年上の卒業生による不祥事で出場辞退に追い込まれた経験があり、

「なんで、僕らは何もしてないのに、出られへんねん、という葛藤は僕も経験しているので、全く気持ちが分からないではない」

とセンバツ出場が決まっていた球児たちの気持ちを慮ると同時に、

「前例のない状況だからこそ、前例のない処置があってもいいんじゃないか。今回に限っては、特別なことがあってもいいんじゃないかと思う」

と救済処置を願ったそうです。

 

私にもいいアイデアは、全くありません。

出場予定校には、記念メダルの贈呈や甲子園出場回数としてのカウントには加えて、甲子園の歴史に残していってほしいと思います。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ689号より)

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434262858/bloglogcom-22/ref=nosim/

 

“できるビジネスマンのマネジメント本”(玄武書房)

https://www.amazon.co.jp/dp/4909566066/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:スポーツ・芸能に関する話, 13:32
comments(0), -, - -
15年ぶりに帰ってくるドラゴン桜

JUGEMテーマ:芸能

 

20057月期(全11話)に放送(放送枠は金曜日)された三田紀房氏原作の漫画『ドラゴン桜』が、ちょうど15年ぶりに20157月期のTBS日曜劇場のドラマ『ドラゴン桜2』として帰ってくるそうです。

 

「ドラゴン桜」といえば、「阿部寛」さん。

そして、今は人気俳優、女優、実業家として成長した長澤まさみさん、山下智久さん、新垣結衣さん、小池徹平さん、中尾明慶さん、紗栄子さんがドラマの舞台となった偏差値38の落ちこぼれ高校の龍山高校から東大を目指す生徒役を演じた一部ファンの間では「神ドラマ」と言われています。

個人的には「神・・・」という表現を「安っぽく使いたくない派」なのですが、一般的なテレビドラマの予算や彼らの現在のポジションを考えれば、彼らが一斉に勢ぞろいして出演する連続ドラマは、まずありえないので、そういう意味では「神ドラマ」ともいえるのかもしれません。

 

番組が放送された当時は、私は、大学受験からは、もう20年近く経過しており、阿部寛さんが演じた貧乏弁護士桜木建二の設定年齢とほぼ同年齢でした。

したがって、受験生目線というより、どうやって、経営不振の龍山高校を立て直すのか、という点に興味があって、視聴していました。

あと、このドラマには、教師役で長谷川京子さんや長澤まさみさんが出演していて、ドラマが始まった当初は、「長谷川さんや長澤さん見たさ」にドラマを視聴する動機づけになった点がありました。

しかし、番組の回が進むにつれて、新垣結衣さんの魅力に引き込まれていったという個人的な思い出もあります。

 

50代の人間の月並みな表現ですが、それにしても、ドラゴン桜の放送からもう15年も経ったのか?!というのが正直な思いです。

阿部さんは15年経っても変わらない。

紗栄子さんは、芸能界からは少し離れてしまいましたが、中尾さんや小池さんは結婚し、長澤さんは、日本アカデミー賞獲得女優さんですし、山Pとガッキーは、コードブルーなどその後のヒットドラマにも出演し、龍山高校理事長役の野際陽子さんは亡くなり・・・と確かに15年経っているのかもしれませんが、感覚的にはついこの間でのできごとです。

 

このドラマが放映された当時の受験方式は、私の受験生時代と同様で、知識詰込み型で勝負できました。

15年を経て、20211月の入試からこれまでのセンター試験から共通テストに変わり、「知識量を問う問題」から、より「知識の理解の質を問う問題や、思考力、判断力、表現力を活用して解く問題」に代わるといわれています。

この辺りを、ドラゴン桜2では、どのように展開していくのか、楽しみです。

 

ちなみに、生徒役は、約1000人の応募者から選考中だそうです。

ジャニーズ枠で必ず1人は生徒役に入ってきそうですが、演出家などオーディション実施者側は、大手芸能事務所への忖度なしで、選んでほしいです。

主人公の桜木の名台詞「バカとブスほど東大に行け!」は、ドラゴン桜2でも耳にすることができるのか、これもまた、注目です。

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434262858/bloglogcom-22/ref=nosim/

 

“できるビジネスマンのマネジメント本”(玄武書房)

https://www.amazon.co.jp/dp/4909566066/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:スポーツ・芸能に関する話, 14:03
comments(0), -, - -
MGCなど東京五輪マラソン代表選考方式はマラソンの底上げになった

JUGEMテーマ:スポーツ

 

202038日に、東京五輪の男女マラソン日本代表の「最後の1枠」を賭けた最終選考レースが開催(男子:びわ湖毎日マラソン、女子:名古屋ウィメンズマラソン)されました。

結果は、男子は、1週前に開催された東京マラソンで日本記録を更新(2時間529秒)した大迫傑選手のタイムを超える選手はおらず、女子は、1月に開催された大阪国際女子で陸連せていタイムを突破して優勝した松田瑞生選手のタイム(2時間2147)より118秒早い日本歴代4位の記録(2時間2029秒)で一山麻緒選手が優勝しました。

つまり、最後の1枠は、男子が大迫傑選手、女子が一山麻緒選手に決まりました。

 

ご存知のように、東京五輪マラソン代表選考は、約2年半かけて繰り広げられてきました。

 

選考方法は、まずは、陸連指定大会で、

1)タイムと日本人順位を満たす

2)2大会の合計タイムの平均が設定タイムをクリアする

3)陸連が認めた大会で設定タイムを満たす

といった方法でMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)への出場権を獲得するというファーストステップ。

 

セカンドステップは、

MGC2位以内になる

 

サードステップは、

・指定大会で陸連が設定したタイムを上回った最上位者

(男子:福岡国際、東京、びわ湖、女子:さいたま国際、大阪国際女子、名古屋ウィメンズ)

・指定大会で設定タイムを上回った選手が居なければ、MGC3位の選手

 

という3段階のステップが存在する東京五輪の代表選考方式でした。

結果的には、日本人選手の記録・レベル向上という点では大成功だったと思います。

もちろん、「東京五輪という地元開催五輪であること」、「ナイキ厚底シューズの出現」という選手のマラソン競技に取り組むモチベーションとシューズというマテリアルの技術革新も、レベルアップしたの要素としてあったと思います。

けれども、リオ五輪のマラソン代表選考の際は、男子も女子もこれまでの五輪代表と比較して「このタイムで代表になってしまうの?」というものでした。

とくに、男子マラソンの代表3名のうち、2名は2時間9分台での選出でした。

そういったことを考えると、瀬古利彦リーダーを中心として考案された「MGC」は大成功だったと思います。

大会スポンサーとテレビ中継の関係上、なかなか一筋縄では、今回のような「五輪での勝利を優先したMGC方式」での選考の継続は難しいのかもしれませんが、今後もマラソン全体の底上げのために、やって欲しいと思います。

 

リオ五輪当時を振り返りつつ、今回の東京五輪マラソンの選考方法の良かった点や結果を挙げれば、(筆者の個人的な印象です)

・男子は日本記録をのべ3(設楽悠太選手、大迫傑選手)も更新した

・選考方法が極めて明確(MGC2番以内+指定レースで設定記録を超える最速選手)だった

・初マラソンで代表になるといったいわゆる「一発屋」では代表に成れない

・日本新または設定タイムクリアで選手及びチームに報奨金が支払われる仕組みだった

・暑さと勝負に強い選手(MGC)とタイムの速い選手という特長が異なる五輪代表が選出された

といった点があります。

 

1週前の東京マラソンで、男子選手の2時間6分台、7分台が続出しましたが、今日の名古屋ウィメンズでも、3年前に初マラソン日本最高記録の2時間2136秒で走った安藤友香選手が2時間22分台の2位と復活し、実質初マラソンの積水化学の佐藤早也伽選手も2時間23分台の5位、2時間29分台が自己ベストのダイハツの細田あい選手が2時間26分台と雨が降る悪コンディションのレースで大健闘しました。

したがって、この約2年半に亘った東京五輪代表選考期間において、男女とも一時期の世界と比較して「タイム的な停滞期」から脱出した感じられる選手層の底上げという副次効果もあったと思います。

 

それにしても、女子の場合、1月の大阪国際女子、今回の名古屋ウィメンズともに、日本人選手が圧倒的な走りで、2時間20分前後の持ちタイムを持つ海外選手を蹴散らし、優勝(松田選手、一山選手)は、頼もしい限りです。

松田選手は、惜しくも代表入りを逃してしまいましたが、松田選手や一山選手には、東京五輪後に、ベルリンマラソンなど、タイムの狙えるレースで日本記録更新(野口みずき選手の日本記録から今年で15年)を狙いに行って欲しいな、と思います。

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434262858/bloglogcom-22/ref=nosim/

 

“できるビジネスマンのマネジメント本”(玄武書房)

https://www.amazon.co.jp/dp/4909566066/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:スポーツ・芸能に関する話, 15:10
comments(0), -, - -
マラソン大会中止ドミノ

JUGEMテーマ:スポーツ

 

2020219日付のブログで「東京マラソン中止に追随する各地のマラソン&返金騒動」

というタイトルの記事を投稿しました。

http://blog.logcom.jp/?day=20200219

 

その際に、「東京マラソンに右に倣え」で、今後開催するマラソン大会の「中止決定」が相次ぐ。。。つまり「中止ドミノ」を予想しましたが、あっという間に各地の都市型マラソン大会が中止を決定しています。

 

メディアの報道によると、政府や官邸(安倍総理?)が大型イベント開催主催者に「開催自粛」を呼び掛けているようです。

223日開催予定だった「世界遺産姫路城マラソン」(1万人弱の参加者を予定していた)は、姫路市長が医師で、新型コロナウイルスの各文献を調査し、「毒性は低いから予定通り開催の方向」というネット情報がありました(真偽は不明)。

しかし、急転直下の開催中止。

おそらく、官邸の意向には逆らえなかったということでしょう。

 

全国一律ではなく、地域によっては「男らしく大型イベントを予定通り開催(このような表現自体が今の時代は好ましくないかも)」する主催者が出てきてもよさそうなものですが、今の時代、「自己主張を高らかに通す」ことは、そのイベントに自治体が後援や協賛など関与していれば、超リスクでしょう。

一般論として、世の中は、さまざまな意見や考え方があってもいいと思うのですが、「安倍一強」時代ですから、御上に逆らった行動や主張はリスクでしかありません。

こうなってしまった原因の最大の元凶は、私は「小選挙区制」と「官邸が公務員の人事権を掌握したこと」に尽きると思っています。

 

それにしても、仮に、新型コロナウイルス感染者が日本国内で増えれば、最悪、「東京五輪開催中止」になる可能性もゼロではないでしょう。

「まさか」と思いますが、数か月前を思い出せば「IOC会長の鶴の一声」で「マラソンの札幌開催」が決まったぐらいです。

新型コロナ感染者の今後の広がりにもよりますが、おそらく、東京五輪までの各大型イベントは軒並み開催中止となることは間違いないでしょう。

 

万が一、新型コロナ感染者がピークを迎えることなく増加し、東京五輪が中止になったら、国内世論は政権批判を強め、憲法改正どころではなくなるのはもちろん、日本経済急落という事態になってしまうでしょう。

今後開催予定のイベントで中止決定が出ていないものに参加したい場合は「とりあえず申込」をしておく必要がありますが、そのほとんどが開催中止になって「お布施しただけ」になりそうな気がします。

もちろん、それが嫌なら「申込せず、入金もしなければいい」のですが、なかなか、参加したいイベントにそれは出来ません。

そういえば、今年いっぱいで活動休止のジャニーズ事務所の「嵐」。

「嵐」関連のイベントが軒並み中止になったら、ファンは政権を逆恨みするのではないでしょうか。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ686号より)

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434262858/bloglogcom-22/ref=nosim/

 

“できるビジネスマンのマネジメント本”(玄武書房)

https://www.amazon.co.jp/dp/4909566066/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:スポーツ・芸能に関する話, 04:50
comments(0), -, - -
東京マラソン中止に追随する各地のマラソン&返金騒動

JUGEMテーマ:スポーツ

 

東京マラソンの一般ランナーの参加中止(エリート選手のみの開催)になったことで、「右に倣え」のマラソン大会が増えるだろうと予想されましたが、早速、218日に、新型コロナウイルスの感染が広がっている現状を考慮し、223日開催予定の第42回読売犬山ハーフマラソンを中止すると発表されました。

 

犬山ハーフマラソンは、伝統的な大会で、参加者は1万人を超え、約700人のボランティアも参加予定だったそうです。

ちなみに、2月〜3月開催予定の参加規模の大きなフルマラソンは、

223日開催予定

・いわきサンシャインマラソン

・世界遺産姫路城マラソン

・そうじゃ吉備路マラソン

・五島つばきマラソン

31日開催予定

・東京マラソン(一般参加者中止決定)

・鹿児島マラソン

・丹波篠山ABCマラソン

38日開催予定

・名古屋ウィメンズマラソン

・びわ湖毎日マラソン

・静岡マラソン

・能登和倉万葉の里マラソン

315日開催予定

・サンスポ古河はなももマラソン

・板橋cityマラソン

・鳥取マラソン

322日開催予定

・さが桜マラソン

・とくしまマラソン

329日開催予定

・佐倉朝日健康マラソン

があります。

新型コロナウイルスの国内感染者が、続々と増えている現状から、この中のいくつかの大会は、規模縮小、あるいは、開催中止という措置をとるでしょう。

 

218日のブログでも述べましたが、医学的に新型コロナウイルスの感染力や感染後の治療の程度については、「非常に重い」、「インフルエンザ並み」、「過度に心配するほど威力はない」といったデータが無いそうなので、結果としては「イベント開催中止など対策をそこまで取る必要はなかった」と将来は検証されるかもしれません。

しかし、216日に、各地で大規模なマラソン大会(例:京都マラソン、北九州マラソン、熊本城マラソン、おきなわマラソン)が開催され、中国Twitterのウェイボーでは「狂気の沙汰だ」といった声が飛び交っているそうですし、日本国内でも不安の声が広がっているので、中止が急遽決まってもそれを非難することはできないでしょう。

 

さて、東京マラソンの一般参加者中止を受け、参加料の返金問題がワイドショーネタになっています。

マラソン大会の場合、エントリー代は、着手金のようなもので、大会当日以前にも参加賞などイベント準備で経費は掛かっています。

また、名古屋ウィメンズがわかりやすいですが、名古屋シティハーフマラソンなどと同時開催することで、つまり、エントリー代は、大会の中でお金がかかる部分(例:招待選手代、ウィメンズの完走記念品のティファニー代など)に流れています。

したがって、マラソン大会常連参加者は、理不尽な気もするけど、マラソン大会とはこんなもん、と感じています。つまり、我々のような「マラソン大会参加の常連」からすると、「中止に伴う参加料の返金なし」は、「あるある」なので、若干感覚がマヒしているのかもしれません。

 

しかし、ワイドショーのテレビコメンテイターは、「大会規約通り返金できないという理屈はわかるが、返金条件となっている災害でコースが使用できなくなった場合、政府が要請した場合等に今回の自体(コロナウイルス)は相当するのではないか」、「主催者側が中止を決めた場合こそ、返金が必要では」といった声が出ています。

一般ランナーの2021年大会の出走権は確保されたので、毎年、東京マラソンの抽せんに申し込んでいるものからすれば、「参加費2回分で走れるなら、地方大会に遠征するより安い」と自分を納得させられます。

余談ですが、私は、東京マラソンには当選が2回ですが、チャリティ(参加料+10万円の寄付)エントリーを2回したことがありますが、この時も「地方遠征2回分だな」と考えました。

あと、気になるのは、各都道府県が東京マラソン財団に推薦して出場を決めた「準エリート参加者」の扱いです。

一般抽選同様に、2021年大会の出走権が確保されるのかどうかは、218日の参加者宛のメールでは、そこまで明確には記載されていませんでした。

 

また、あるブログで、東京マラソン一般ランナーの参加中止により、JALに旅行代金の全額返金を求めたところ、「東京マラソン出走を証明するものをFAXすれば全額返金に応じてもらえた」という投稿をしている人がいました。

このJALの措置は、一見、「アッパレ」ですが、マラソン大会だけでなく、大型イベントはどんどん中止になっていくでしょうから「なぜ、今回は全額返金されないの?」とごねる人が続出するのではないかと思います。

今後、「JALの全額返金事例」が他の公共機関のお客様窓口にも問い合わせが行き、結構大変になるのではないでしょうか。

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434262858/bloglogcom-22/ref=nosim/

 

“できるビジネスマンのマネジメント本”(玄武書房)

https://www.amazon.co.jp/dp/4909566066/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

 

author:有賀正彦, category:スポーツ・芸能に関する話, 08:40
comments(0), -, - -
東京マラソン一般参加者の出走中止

JUGEMテーマ:スポーツ

 

2020217日に、31日に開催される東京マラソンの一般参加者の出走が中止になったことが主催者の東京マラソン財団から発表されました。

数日前から「東京マラソンの規模が縮小になるのではないか」とランナー仲間では噂になっていましたが、まさか、エリートエントリーだけの大会になるとは、少々驚きです。

 

感染症学者の中には、スペイン風邪が流行った時の死亡率が2.5%で、今回の新型ウイルスの死亡率が現時点で2%だから、過剰に過敏になる必要はない、という見解を述べる方もいます。

しかし、日本の場合、今年は東京五輪がありますので、今後、コロナウイルス感染者が、急増したら、五輪開催自体が危なくなるので、東京マラソンの一般参加者の中止はやむを得ないかな、と思います。

 

マラソン大会や天皇誕生日の一般参賀が中止になった理由として、長時間、満員電車の中のように密集した場所に人が集まるため、新型ウイルスに感染した人が居たら、感染者が広がる恐れがあるからでしょう。

確かに、エリートランナーは、スタートの5分ほど前に整列して、号砲でスタートしてしまいますが、一般ランナーは、「スタート位置の場所取り」もあるので、1時間以上前から並び始め、少なくとも450分間は満員電車状態の環境で号砲を待ちます。

科学的には、「スタート整列時のマスク着用」で飛沫感染は防げると思いますが、仮に感染者が発生した場合、発生源をたどることが困難になるので、時節柄、「一般参加者の出走中止」の判断は仕方がないことでしょう。

 

気になるのは「来年の出走権」です。

東京マラソンは、ご存知のように、当選倍率が10倍以上です。

したがって、「2020年が初当選」という方も多いでしょう。

ちなみに、私も2020年大会に当選していました。当選は2回目で、確か6年ぶりの当選です。

一部報道では、「参加料は必要だが来年の出走権は保証される」らしいです。この報道が正しいなら、私にとっては、ありがたいですが、2020年の出走権を持つランナーの何割が、2021年にエントリーするかわかりませんが、仮に出走権のあるランナーの8割が2021年大会にエントリーしたら、2021年の出走権は2割分しかなく、単純計算で当選倍率は50倍に跳ね上がります。

また、名古屋ウィメンズなどその他のマラソン大会へも「東京マラソンに右に倣え」で45月までは追随しそうですね。

 

あと、ネットで話題になっているのが「不急不要の外出は控えましょう」の「不急不要」の意味です。

厚労省によると、

・人の集まる場所にはできるだけ行かない

・延期できることは延期する

といった行動を国民に呼びかけているようです。

そう考えると、感覚的には、「かなり出かけない基準は緩い」ように思います。

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434262858/bloglogcom-22/ref=nosim/

 

“できるビジネスマンのマネジメント本”(玄武書房)

https://www.amazon.co.jp/dp/4909566066/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:スポーツ・芸能に関する話, 12:37
comments(0), -, - -
槇原敬之氏の再犯

JUGEMテーマ:芸能

 

2020213日の夕方に、シンガーソングライターの槇原敬之氏が覚せい剤の所持容疑等で逮捕されたニュースが飛び込んできました。

ご存知のように、21年前にも覚せい剤の所持・使用で逮捕されていますが、私の中で衝撃は、この時の方が大きく、今回は「やっぱり薬物依存は断ち切れなかったのか」と感じた程度でした。

 

報道によると、20184月に当時自宅だったマンションで、覚醒剤などを所持していた容疑だそうです。

「なぜ2年前の容疑がいまさら・・・」と感じますが、各メディアの報道によると、21年前に逮捕された当時、同棲していたパートナーと初犯時の判決後に「復縁」し、所属事務所代表としてまた同棲していたそうで、2018年にそのパートナーが逮捕された際に、槇原氏と同棲していたマンションから覚せい剤が見つかったそうです。

 

つまり、パートナーの取り調べをして行く中で、「槇原氏が覚せい剤を所持していた証拠」が積み重なって、「立件できる案件」として判断し、逮捕に踏み切ったのでしょう。

 

現在、槇原氏は、敷地面積が100坪程度ある住居に住んでいるそうです。

本来は、現在の自宅で覚せい剤を所持・使用しているところを警察は押さえたかったのでしょうけれど、その自宅は、塀が高く内偵捜査が難しい環境のようです。

したがって、まずは、20183月の元マンションでの所持で逮捕し、取り調べの中で、直近の使用(尿検査など)の証拠もつかんでいく方針なのかもしれません。

 

アーティストが覚せい剤を使用する理由として、「アイディアが枯渇した時に覚せい剤を使用するとプレッシャーから抜け出せて、アイディアも湧いてくる」というような話を聞きます。

しかし、槇原氏の場合は、2回目の逮捕ですし、使用理由は、「パートナーとの肉体関係時の快楽のため」のようなので、情状酌量を訴えても、執行猶予の判決は厳しい気がします。

 

稀にカラオケに行けば、槇原氏の作品を時々歌います。

才能ある人で惜しい人とは思います。

初犯時は、逮捕から約1年後にテレビの世界にも復帰しました。

しかし、今回は2回目ですし、今は「薬物依存」に厳しい時代です。

刑期を終えても、ライブ活動や他のアーティストへの楽曲提供はあっても、テレビ、ラジオ、インターネットといったマスメディアでの活動は、世間も許してはいけないと思います。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ685号より)

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434262858/bloglogcom-22/ref=nosim/

 

“できるビジネスマンのマネジメント本”(玄武書房)

https://www.amazon.co.jp/dp/4909566066/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:スポーツ・芸能に関する話, 06:41
comments(0), -, - -