RSS | ATOM | SEARCH
塚田農場運営会社の「優良誤認」に対するお詫び文を検証してみました

JUGEMテーマ:ビジネス

 

2018522日付の毎日新聞が「塚田農場運営会社の地鶏の優良誤認」について報道していました。

 

記事によると、

522日に、消費者庁は、エー・ピーカンパニーに対し、景品表示法違反(優良誤認)の措置命令を出した

◆同社は、居酒屋チェーン「塚田農場」「じとっこ組合」を全国展開している

◆優良誤認としては、一部メニューで地鶏を使っているかのような表示をした

◆違反と認定されたのは20169月〜179月の計6ブランドの約170店舗で提供した「チキン南蛮」「月見つくね」など4品のメニュー表示

◆実際にはタイ産鶏肉など「地鶏」ではない鶏肉を使っていた

◆メニューの冒頭に「地鶏一筋」という言葉や地鶏の説明を入れ全体が地鶏料理のように構成した

◆同社は「誤解の生じない表記を徹底します」とコメントし、ホームページにおわびを掲載した

◆販売期間中、各店舗で該当のメニューを注文した人には払い戻しなどの対応をする

そうです。

 

早速、エーピーカンパニー社のウェブサイトを確認してみました。

http://www.apcompany.jp/news/2018/05/22-01.php

 

ウェブサイトには、

「弊社運営飲食店のメニュー表記に対する消費者庁の措置命令についてのお知らせとお詫び」

と題したページが作成され、謝罪と再発防止策、払い戻しなどの対応が記載されていました。

ページ自体は、非常に、わかりやすく、主要顧客層を意識した一般消費者向けのウェブサイトとしては概ね適していると思います。

 

ただし、気になる点がひとつ。

それは、「優良誤認となった問題の本質(優良誤認の原因)」が明らかにされていません。

真相は記載できないかもしれませんが、例えば原因として、

「一部商品は、元々外国産鶏肉だったが、メニュー作成の時点で確認が不十分だった」

ということであれば、「メニュー表作成の組織体制の見直し」が必要です。

 

全国展開する飲食チェーンだけあって、お詫び文の掲載、払い戻し方法の掲載は、製造メーカーのこの手のお詫びに関するウェブサイトよりは、良い作りだと思います。

しかし、「原因が特定されていない再発防止策って、何?ほんとにそれで、再発しない解決策になるの?」という感じは否めません。

立派な弁護士、コンサルタントがサポートしているはずですが、少し残念なお詫びページだな、と思います。

 

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ
7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:経営・ビジネスに関する話, 07:50
comments(0), trackbacks(0), - -
登山家・栗城史多さんの訃報

JUGEMテーマ:ニュース

 

2018521日に、単独・無酸素での登頂にこだわり続けた登山家・栗城史多さん(35歳)がエベレストで遭難し、死亡しました。

 

ご存知のように、栗城さんは、20代で6大陸の最高峰に単独・酸素ボンベ無しで登頂を達成し世間から注目されました。

北海道瀬棚郡今金町出身で、大学は、札幌市内にある札幌国際大学だったので、北海道のローカル番組での出演機会も多く、私にとっては、比較的、親しみのある方でした。

 

今では、山頂からのネット中継をしながら登頂を目指す方も多いですが、栗城さんは、その草分けの一人と言ってもいいのではないでしょうか。

 

栗城さんの悲願は「エベレストへの単独・無酸素登頂」達成です。

しかし、今回を含めて、エベレスト(チョモランマ)登頂には8回失敗し、2012年にはエベレスト登山中に重度の凍傷を負い、手の指9本を失ったことから「再起不能」のうわさも出ていました。

 

テレビ報道によると、

◆ベースキャンプでは体調を崩していた(高熱が出ていた)

◆下山を始めたところ無線連絡に反応しなくなった

というから、滑落などではなく、体調不良により、休息をとっている中での低体温症ということかもしれません。

 

また、テレビ報道では、お父さま(敏雄さん)へのインタビューがされていましたが、「アルピニストの父」という立場なのか、

「何年か前から覚悟はしていた。それが来たかって感じ。うれしいことに遺体が(標高)7500メートルから下ろせるのは、すごいなと思っている。皆さんに息子に代わって、ありがとうございましたと言わせてもらう」

とのコメントが印象的でした。

 

しかし、亡くなった方に失礼ですが、栗城さんは、ネットでは、彼の功績に対して、どちらかというと批判的意見が多いです。

その理由は、

◆無酸素盗聴が必要な登山は、通常8000m以上

(達成している6大陸最高峰は全て標高8000m以下)

◆「単独登頂」といえるのか疑問

(単独登頂の定義の明確なものがない)

というものです。

 

そのため、「プロの登山家と呼ぶのはどうか、アマチュアでは」という意見もしばしば耳にします。

しかし、資金集めが困難な登山家のセルフプロデュースとしては、私は許される範囲ではないかと思います。

要は、「落ちこぼれだったのに、司法試験突破」みたいなタレント弁護士の経歴をよーくチェックすると、出身高校の偏差値が60を超えていて「ぜんぜん落ちこぼれじゃないじゃん」みたいな感じで、一般の人に「登山家」の存在を知らしめるためのキャラ設定だったと思います。

 

それにしても、残念で、個人的には、「エベレストに登頂してもらいたかった」と思います。

栗城史多さんのご冥福をお祈りいたします。

 

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ
7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:ニュースを題材にした話, 08:00
comments(0), trackbacks(0), - -
複数以上の問題(悩み)を抱えたときの解決法

JUGEMテーマ:ビジネス

 

私がよく担当する研修会のテーマに「問題解決」があります。

問題解決で使用する技術としては、

MECE(ミッシー)

・フレームワーク

・ロジックツリー

・仮説思考

・ゼロベース思考

などがあります。

 

問題解決は、ビジネスの世界の話だけではなく、日常生活の問題、つまり、「悩みの解決」にも応用できます。

問題解決で用いる上記で挙げたような「スキル(技術)」を駆使することによって、思考が整理されますが、「そんなのを勉強するのは面倒くさい」という方も数多くいるでしょう。

 

そこで、「問題解決(悩み解決)」のポイントを下記に紹介します。

ポイントは、2つ、

◆問題(悩み)を書き出す

◆優先順位(できること、やるべきこと)をつける

です。

 

・・・「なぁーんだ」と思った方は多いと思います。

しかし、頭がパニックして、思考停止に陥っているときは、こんな単純なことすらやらないから、ひどく落ち込み、悩むわけです。

 

誰でも経験があると思いますが、人間は、いろいろな問題が一度にどっと押し寄せてくると、パニックに陥り、思考停止になるのです。

 

そこで、まずは、「現状確認すること」が大事なのです。

「現状確認」するためには、まずやることは、「書き出すこと」です。

書き出すことで、「いったいくつの問題(悩み)があるのか」がわかります。

 

次に、その問題に「優先順位」をつけるのです。

優先順位のつけ方にも、いくつかありますが、一般的なのは、

・時間的な分類(緊急性のあるものから。例:明日から、来週から、来月から・・・)

・解決するのに要する労力による分類

・人生目的に照らし合わせての重要度

などです。

 

この「優先順位付け」の意味は、「悩む」からどうやって解決すればいいだろうと「考える」ことにあります。

この「頭の切り替え」がポイントなのです。

 

面白いもので、このように問題を整理することで、「思考停止」→「もやもや」→「すっきり」と思考が整理でき、前向きな気持ちになれるはずです。

また、複数の悩みは、優先順位の高いものを解決すると、心の状況(心境)が変わってきて、後回しにした悩みはどうでもよくなってくることもあります。

 

これは、「勉強」も一緒で、1から10まですべてを完璧に覚えてから次に進まなくても、学習を進めていくうちに、初期の学習であいまいだった部分が、自然と解決されていることがあります。

それは、学習を進めるうえで、その学問に対する全体像が見えてきて、初期にわからなかったことも、その後に全体が見えてきて、理解できるようになるためでしょう。

 

そうはいっても、問題(悩み)には「自分だけでは解決できない問題」もあるでしょう。

そんなときは、その悩みは「棚上げして」割り切り、できることからひとつずつ着実に解決していくしかないです。

 

やや、「精神論」になりますが、複数の悩みが解決されると、気持ちが、マイナスがゼロになるだけでなく、プラス部分が多くなり、人生を歩むのが楽しくなり、創造的な発想も生まれ、あらたな人生目的が見つかると思います。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ569号より)

 

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ
7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:経営・ビジネスに関する話, 09:01
comments(0), trackbacks(0), - -
2018年7月にセブンイレブンが「札幌」からサービス開始するネットコンビニ

JUGEMテーマ:ニュース

 

「セブン、ネットコンビニを展開へ」

という見出し記事が産経新聞で報じられていました。(2018510日付)

 

記事によると、

◆セブン−イレブン・ジャパンは、「ネットコンビニ」を始めると発表した

◆ネットコンビニは、スマートフォンから注文すると宅配で商品を受け取れる

2018年は、まず札幌市内の100店舗限定で開始し、2019年下期に全国展開

◆利用者は専用アプリを使って利用店舗を指定し、約2800の商品の中から注文

◆配送時間は午前11時〜午後8時に1時間ごとに指定できる

◆注文から最短2時間で自宅に届く

◆注文は24時間受け付けで千円以上

◆配送料は216円だが、3千円以上買うと無料

◆宅配は、セイノーホールディングスの子会社「GENie(ジーニー)」が担う

◆セブンがすでに北海道で行った実証実験では、仕事を持つ40代女性の利用が目立った

◆重さのある飲料水や米、冷凍食品などに注文が集まった

◆セブンは、仕事や子育てに忙しい世帯や外出が難しい高齢者らに宅配のメリットがある予測

◆目標の注文件数は1店当たり平均10件、単価は2千円を目指す

◆ネットコンビニは、20187月に札幌市内の100店舗で実施

2019年上期には北海道全域の約1千店舗で利用できるようにする

そうです。

 

このサービスを「まず札幌で開始」というところが衝撃的です。

ご存知のように、北海道には「顧客満足度ナンバー1」のセイコーマートが君臨しています。

セイコーマートは、今では大手コンビニでも当たり前になった店内調理やイートインコーナーをいち早く取り入れたコンビニで、プライベートブランドによる低価格商品が多く、北海道では設題な人気を誇っています。

 

専業主婦であれば「1円でも安く」を追い求めて、新聞の折り込みチラシを念入りにチェックして、札幌なら、「しょうゆは東光ストア、サラダ油はマックスバリュ、豚肉はアークスで、牛乳はラッキー、アイスクリームは業務スーパー」といった買い方をすると思います。

しかし、実証実験結果にもあるように「働く子育て主婦」にとっては「1円の安さより時間効率の良さ」を取るでしょうから、「ネットコンビニ」は大変助かるサービスでしょう。

 

ただ、気になるのは、「再配率」です。

配送時間が1時間おきに選択できるそうなので、便利ではありますが、「ちょっと近所のATMまでお金をおろしに外出」といった「ちょこっと外出」をしていれば、「不在」になってしまいます。

通常の宅配便のように「再配達無料」だと、配送会社の業務運営が「アップアップ」になってしまいサービスが破綻する気がします。

通常の宅配便は、「送り主と受取り主」が異なるケースが多いので、「再配達無料」が基本ですが、「ネットコンビニ」の場合は、ほぼ「注文主=受け取り主」ですから、緊急事態など不可抗力がない限り「再配達の場合は別途送料」を請求してもよいのではないかと思います。

 

次に気になるのは「在庫」です。

基本的に、「配送センターから出荷」ではなく「店舗出荷」のようですが、「ネット注文→店員が取り置き→配送」とスムーズにオペレーションしなければ、「店舗販売」とかぶり「注文切れ」が生じると思います。

その場合、近隣の他店補からの補充や配送でフォローできればいいのですが、そもそも、店舗在庫が少ない商品は、こうしたバックアップ体制が極めて難しい気がします。

いずれにせよ、「店員、配送業者」さんの業務負担増加は、半端ないでしょうね。

 

話は変わりますが、コンビニエンスストアも、ISOマネジメントシステム認証を受けているところがあります。

店舗における審査は、今までは「店舗で完結」していましたが、「ネットコンビニ宅配サービス」が始まると「仮想サイト」、「一時的サイト」という概念が加わり、審査工数や審査プログラムを再検討する必要性が出てくるな、と思います。

 

それにしても、札幌からサービス開始ですので、スマホに多くの専用アプリをインストールするのは、個人的にはあまり好きではないですが、サービス開始とともに「利用してみたい」です。

また、利用後にネットコンビニのレポートしてみたいと思います。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ593号より)

 

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ
7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:ISOマネジメントシステム全般, 04:12
comments(0), trackbacks(0), - -
昭和の大スター西城秀樹さんの訃報

JUGEMテーマ:芸能

 

本メルマガでは、ビジネスに関する話題を主たるテーマとしていますが、516日に歌手の西城秀樹さんが亡くなった報道は、衝撃的でしたので、触れておきたいと思います。

 

ご存知のように、西城秀樹さんは享年63歳。

早すぎる死です。

それにしても、2003年の48歳の時に1度目の脳梗塞を発症し、2011年に2度目の発祥で、右半身にマヒが残った姿がたまにテレビで取り上げられていましたが、全盛期の西城さんをリアルタイムで知っている者としては、ジャイアンツの終身名誉監督の長嶋茂雄さんと同様に、非常に寂しいものがありました。

 

西城さんは、広島県出身。

広島県には、偉大な歌手をたくさん輩出している件です。

レコードの売上ランキングとしては、

1位:矢沢永吉 1445万枚

2位:T-BOLAN 1367万枚

3位:浜田省吾 1338万枚

4位:西城秀樹 1329万枚

5位:ポルノグラフィティ 1291万枚

と西城さんは堂々の4位です。

 

しかし、報道では、425日に意識を失い、横浜の昭和大学藤が丘病院に搬送され、公の報道が出たのは、亡くなった翌日。

脳梗塞により、第一線を事実上退いていたため、「昭和の大スター」の西城さんであっても、マスメディアの報道は、若干遅くなってしまったのでしょう。

 

西城さんの訃報に驚いていたら、なんと同じく16日に昭和の大スターである女優の星由里子さん(74)も肺がんのため京都市の病院で亡くなったそうです。

星さんは、最近のテレビのバラエティ番組で拝見していたので、こちらも驚きです。

 

話は変わりますが、ここ数年、親族、仕事など近しい知り合いがどんどん亡くなっています。

しかし、タイミングが合わず、葬儀に出席できることは少ないし、また、今の時代、ご遺族からも「近親者のみで葬儀を執り行いました」と後日、案内が送られてくることも多くなりました。

今の時代、交通網は発達し遠方の人に会うことは容易ですし、電話やメールはもちろん、テレビ電話やスカイプで瞬時に相手と話すこともできます。

しかし、別れは突然やってきて、中には、「もっといろいろ教わりたかったな」「もっと優しく接しておきたかったな」と悔いが残る方もいます。

身近な近しい人であっても、「一期一会」の気持ちで互いに誠意を尽くす心構えで接していくことが心残りを少なくする付き合い方なのかもしれません。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ594号より)

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ
7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:スポーツ・芸能に関する話, 07:41
comments(0), trackbacks(0), - -
部下の指導における10の手順

JUGEMテーマ:ビジネス

 

「はたらくす」によると、「部下の指導には10の大切な手順」があるそうです。

 

「部下の指導における10の手順」:

 

1 期待していることを伝える

→期待していることを明確に伝え、気分よく仕事をさせるように仕向ける

 

2 目標を共有する

  →部門目標とそれに基づく部下の目標を共有すること(きちんと割り当てる)

  →目標達成に必要な指導や支援を惜しまないと伝える。そしてやる気を高める

 

3 スケジュールを共有する

  →定期的に進捗状況を共有する

  →報告手順を明確にして実施することでコミュニケーションも安定する

 

4 情報を共有する

  →情報を小出しにして権威を保つはやる気をそぐ

→部下がしっかり働く上で必要な情報を共有する

 

5 コミュニケーション方法を整備する

  →部下が相談や報告をしやすい環境整備を行うこと

 

6 指導役を任命する 

  →上司へ報告する前に相談できる人物が明確に決まっていれば部下も安心する

 

7 進捗状況を確認し、評価する

  →指示した作業が計画通りに実行しているか否かを確認、評価することが大切

 

8 成果の確認、評価

  →頑張ったことと最終目標を達成したことを分けて評価する

→十分な成果を得られなかったときに適切な改善対応を考えることができる

 

9 改善策を考えさせる

  →部下が自ら改善策を考えなければ、指示待ち姿勢で育たない

 

10 改善対応のフォロー

  →何度やってもダメな場合は上司が具体策を示すことも大切

 

即戦力の部下は、滅多にいません。

組織にうまく馴染み、上司や先輩の支援があって一人前になるもの、という気持ちで広い心で育てていくことが部下の適切な成長を促し、ひいては組織のためになる、と捉えることが大切なのでしょう。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ505号より)

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ
7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:経営・ビジネスに関する話, 08:39
comments(0), trackbacks(0), - -
環境経営システムが目指すものと審査活動ですべきこと

JUGEMテーマ:ビジネス

 

「環境経営システムは組織にとってのモラルである」 

1)組織は生産活動、事業活動およびそれらに関連する活動において直接的あるいは間接的に大なり小なり何らかの環境に優しくない影響を出している。

2)その影響を少しでも減らしていこうと言う一人一人の環境に対する意識、配慮そして行動を求めている。 

3)その一人一人の、環境を少しでも良くしていこう、と言う行動が組織へ、地域へ、国へ、世界へそして地球規模にまで広がって行く。

4)便利さの追求の為に犠牲になった、汚された環境を少しでも良くしようと言う気持ちと実践が今求められている。

 

すなわち、環境経営とは、組織の為、組織に関係する利害関係者のため、社会のため、次世代の人々の為、そして地球上のあらゆる生き物の為に、できる範囲で、徐々にでもよいから、環境を良くしていこうと言うものである。

 

「環境マネジメントシステム認証企業にた情報公開が求められる」

1)環境経営システムは、組織全員が環境目的と目標を明確に理解し、計画(P)→実行(D)→点検(C)→見直しと改善(A)をルール通りに回し、実行することで継続的な改善ができる

2)そのためには、組織のトップが公に誓約した環境方針の理解と遵守が不可欠

3)公平性、透明性そして説明責任について組織をとりまく不特定多数の利害関係者は情報の公開を求めており、組織はその期待に応えなければならない

4)環境経営システムの基本は、その組織に適用される環境に関する総ての法規、法令、条例、住民との取り決めや同意書、更には産業界の規範等を総て遵守している事を立証しなければならない

 

「私たちの使命は次世代の人々に少しでもきれいな環境を維持して引き継ぐこと」

企業が社会に貢献し、業務をとりまく環境リスクを認識して備え、利益をもたらす体質に変貌する為には、経営者が環境経営システムを真に理解し、日常業務とシステムを関連付けて取組まれる事が重要です。

環境経営システムを審査する上で重要なことは、審査基準を満足しているか否かの判定が一義的には、もっとも重要ですが、こうしたこと「環境経営が目指していることの本質」を組織に対して、伝え、気づいていただくよう促していくことも大きな役割なのです。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ577号より)

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ
7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:ISOマネジメントシステム全般, 07:53
comments(0), trackbacks(0), - -
昔話「桃太郎」から学ぶ報告書の技法

JUGEMテーマ:ビジネス

 

「わかりやすい報告書」はどのようにすればかけるのか?について、仕事仲間の先輩とお話ししていたら、「昔話の桃太郎で考えればいいんですよ」という。

 

よくお聞きすると、なるほど、です。

その先輩がまとめてくれた話を紹介したいと思います。

 

【1 結論を先にする】

1)略奪された財宝は、鬼軍団から奪還できた

2)村人(元の所有者)に戻すことができた

3)功績者は、桃太郎、犬、猿、雉である。

 

沢山は書かない―3項目/5項目程度

長文を避ける―読み直しが必要になる

 

【2 原因・理由】

なぜ目標を達成できたのか?

 

・桃太郎が指揮官となった

・彼の目標達成の意思が強かった

・犬猿雉の持つ特性を発揮させた

3匹は、きび団子で懐柔された

・鬼の軍事訓練は駄目だった

 ポイント  

・沢山の理由を書かない

 ・分析・納得性・理由づけ

 

【3 各論1:きび団子の効能】

軽量・高カロリーで、携帯性に優れる。

長期保存性に優れ、補給の心配が無い。

一度で陶酔、度々の給餌は不要だった。

 

影響因子、効果、理由、対象、手段などから選ぶ。

ゴチャゴチャ書かない。

長文は、理解しにくい。悪評の/でで文、がが文

長文好き: …で、…で、 …が、…が、

150文字、200文字になることは禁止

 

【3 各論2:疑問点を述べる】

以下は疑問点である→多角的に考える

1.桃を拾った時点に高齢者の二人、

  鬼退治成功後にも再登場。←異常話

2.桃の中に赤ん坊が生きているのは

  不自然である。←誘拐・捨て子説

3.桃と赤ん坊、当日の洗濯物を、

  婆が同時に運べるか。←グループ説

 

【3 各論3:不要なことは書かない】

爺さんは、山へ芝刈りに行った

めでたし、めでたし。

 

【3 各論4:校正と構成を大事に】

誰が、いつ、どこで、何を、どうした

5W1H

 

【3 各論5:嫌だぜワンパターン文章】

Very special one pattern -である。

 

・・・

上記をポイントに報告書をまとめると、確かにわかりやすいです。

私もそうですが、人は、どうしても言いたいこと、伝えたいことがあると、「だらだらと一文が長く」なる傾向があります。しかし、状況がわからない人にとっては、長文になると苦痛だし、そもそも読んでいる途中で意味が分かりにくくなり伝わりません。(・・・で、・・・が)

報告書作成のイロハなので、参考にしていただけると幸いです。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ565号より)

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ
7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:経営・ビジネスに関する話, 07:37
comments(0), trackbacks(0), - -
大手メーカーと零細メーカーの協力業者の管理の違い

JUGEMテーマ:ビジネス

 

以前、大手電機メーカーのマネジメントシステム監査を担当したことがあった。

購買部門の目標は、数千社ある協力業者を数百社に絞り込むことと協力会社の製品・サービスの質を上げることが掲げられていました。

 

塗装、メッキ、熱加工、部品製造・・・などの業者は、各カテゴリーごと何社もあり、経営、品質、価格、安全などのいくつもの評価項目がありました。

また、月単位で納入実績が評価され、供給する製品・サービス群が同じカテゴリー同士では、協力業者のランキングが付けられていました。

 

このように、大手企業が協力業者を管理する場合は、たくさんの協力会社の中から優秀な会社を選別すればいいのです。

逆に言えば、選別しなければ、協力業者の会社のレベルを監視し、時には現場指導などをして育成するので、協力業者がたくさんあると管理コストが無駄に多くかかってしまいます。

 

一方、例えば、1050人程度の製造メーカーでも、自社ですべて製作し、製品を顧客先に届けることは不可能ですから、当然「協力会社の評価・選定」というプロセスは発生します。

ただ、この時に、大手企業のような協力業者の評価をすると、どうも馴染みません。

 

「どうも馴染まない」の理由は、大手メーカーのような「ふるい落とすことを目的としたような評価をする」からでしょう。

中小零細企業でも、創業から30年、40年と経過していれば、「長年付き合いがある協力業者さん」は、いくつもあるでしょう。

ただ、塗装、メッキ、溶接、加工外注・・・といった協力会社は、各カテゴリーごとに何社もあるわけではありません。

例えば、メッキ屋さんは、昔は数社の取引先があったけど、価格や納期の関係で、メインの取引先が1社で、仕事量が過剰になったときのために保険的にあと12社と取引がある、というようなケースがほとんどでしょう。

 

そう考えると、「ふるい落とす評価」をしても何の意味もありません。

考え方の基本としては「現在、お取引のある協力会社の経営体制(後継者問題)や品質、価格、納期などの実績をチェックしつつ、使い続けるしかない」はずです。

つまり「取引を継続することを前提としてどのような点を管理していくことが重要か」がポイントとなるわけです。

逆に言えば、大手メーカーの協力業者評価表のように、各評価項目で評価し、5段階の総合評価(51)で、32になっても、「ふるい落とすことができるわけがない」わけです。

 

したがって、協力業者に発注する場合の管理方法(例:納入品の不良の傾向を分析することにより提出してもらう出荷検査の仕様を見直す、など)を絶えずチェックして、「安定的に使い続ける管理」が協力業者の管理として求められるわけです。

 

話は少しそれますが、いまだに、「ISOマネジメントシステムを経営に生かす=ISOで決められた書式があってその書式に沿った管理をすることで会社レベルが上がる」と勘違いしている経営者さんは、たくさんいます。

自社の業務特性をよく理解して、自社の特徴に合った管理をしなければ、「無駄な管理記録類か増えるだけ」になってしまうでしょう。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ566号より)

 

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ
7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:ISOマネジメントシステム全般, 07:46
comments(0), trackbacks(0), - -
本州にもっと進出して欲しいセイコーマート

JUGEMテーマ:ビジネス

 

本州の方には、馴染みが薄いコンビニエンスストアに「セイコーマート」があります。

その北海道で圧倒的な人気を誇る「セイコーマート」(道内では約1100店舗)が、本州(関東)に出店してから、2018年で31周年になったそうです。

関東初出店は、埼玉で1987年、次に茨城に出店したのが1988年で、現在は、埼玉に11店舗、茨城には、なんと85店舗もある(道内以外の店舗は96店舗)そうです。

 

セイコーマートの特徴は、

◆店内調理コーナー「ホットシェフ」がある

◆メロンアイスなど道産商品がある

◆他の大手コンビニエンスストアと比較して価格が安い

◆格安のPBブランド商品が多い

◆店舗によっては24時間営業ではない

などの特徴があります。

 

ちなみに、コンビニエンスストアとしての顧客満足度調査(サービス産業生産性協議会調べ)では、2011年以降、2015年を除き「1位」を獲得し続けています。

経営トップの方針が、

「お客様のリクエストがあれば、採算度外視で全力で応える」

といっており、組織として、サービスの基本的な考え方になっているのでしょう。

 

個人的には、炭酸飲料の「ガラナやリボンナポリン」、乳酸飲料の「カツゲン」、インスタントの「やきそば弁当」などは、無性に欲するときがあるので、本州にももっと進出して欲しいな、と思います。

 

なお、「やきとり弁当」(やきとりと言っていますが、豚串です)を提供する函館を中心とした「ハセガワストア」や根室方面にある「タイエー」は、セイコーマートの傘下(業務提携?)のようで(その他の業務提携は、「ハマナスクラブ」)店舗に入るとセイコーマートのPB商品がたくさんあって、まるでセイコーマートのようです。

道内企業は元気がない企業が多いですが、セイコーマートは、大手3社と組むことなく、独自路線を突っ走ってもらいたいですね。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ588号より)

 

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ
7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:経営・ビジネスに関する話, 07:16
comments(0), trackbacks(0), - -