RSS | ATOM | SEARCH
壇蜜さん出演の宮城県PR動画の効果

JUGEMテーマ:ニュース

 

タレントの壇蜜さんが出演している「宮城県のPR動画」が話題になっています。

ネットニュースやワイドショーでも取り上げられていたので、遅ればせながら、視聴してみました。

 

◆壇蜜さん出演の宮城県PR動画

https://www.youtube.com/watch?v=X9Gkus1V6wA

 

動画を見れば一目瞭然ですが、この動画は、

・壇蜜さんが伊達家家臣の末裔という役柄でPRしている

・モチーフは浦島太郎

・舞台(宮城)を竜宮城ならぬ「涼・宮城(りょうぐうじょう)」に見立てている

・壇蜜さんのくちびるのアップが何度となく繰り返される

・壇蜜さんのささやくような吐息声がセクシー

・涼宮城に連れていく「亀」に「乗っていいですか?」と尋ねるセリフ

・新幹線で「あっという間にイケちゃう」というセリフ

といった内容で、確かに、捉え方によっては「性的描写がある」と言えなくもない。

 

ネットによる「世間の評判」をチェックすると、「やりすぎ」「この表現はアウト」といった声も数多い。

また、社民党市議団は718日に

「女性が男性をもてなすというコンセプトで作られており問題だ。品位に欠けている」

として、動画の即時配信中止を求める要請書を市に提出したという。

 

これらの声を受けて、奥山恵美子仙台市長(次期選挙は出馬せず)は、

「男女共同参画という視点からは、配慮に欠けた部分があったのでは」

と述べ

村井嘉浩知事は、

「賛否両論があったことは逆に成功につながっているんじゃないかと思う」

と評価し、今後も配信を続ける方針を示したという。

 

私の意見は、結論から言えば、

◆賛否が出るのは当然

◆不快に感じる市民がいるのは理解できるが配信を中止する類いのものではない

◆広告宣伝とは、マイナス評価を含めて(限度はあるが)話題になることが優先されるもの

と考えます。

 

また、勝手な想像ですが、社民党の市議団の即時配信中止の要請書は、「人権尊重、女性の味方」という立場を取るための「社民党という政党の性質」からの行動であると思うし、奥山市長の「配慮に欠けた部分もあった」というコメントも「品位に欠ける」と動画に批判的な市民層に向けてのコメントであり、「こんな動画を配信してしまい猛省しています」というものではないでしょう。

 

話は少しそれますが、人生も仕事も「無難にやり過ごす」という方針の場合は「可もなく不可もなく」が「賢い選択」でしょう。

しかし「議論沸騰」「ムーブメントを起こす」といった狙いがある場合は「賛否が出るような内容」が必要です。

顧客満足度を上げるために「減点部分を排除」するだけでは、「まとまりすぎ」となり、「プラス評価面」も削ぐことになることが現実問題として多いです。

管理側としては「何もない」(可もなく不可もなく)ことの方が「管理が楽」ですが、それでは、長い目で見て、本当の意味での顧客満足(顧客の期待を超える)向上にはつながらないでしょう。

 

話は全く変わりますが、宮城県の村井知事は、今年57歳になる防衛大学校卒→陸上自衛隊入隊→松下政経塾→宮城県議会議員を経て、知事になった方ですが、最近、現在、おおさか維新の会の法律顧問を務める橋下徹氏(今年で48歳)に容姿が似ている気が一段としてきました。

正確には、橋下氏が昔の「茶髪でやんちゃ」なイメージから「年齢相応の風貌」になり村井知事に寄ったという感じです。

世間の「似ている人」を投票するサイトでは、現在、82%の人が「そっくり」と評価しているようです。

http://sokkuri.net/vote1/%E6%9D%91%E4%BA%95%E5%98%89%E6%B5%A9/%E6%A9%8B%E4%B8%8B%E5%BE%B9

 

話を戻しますが、個人的には「仙台にはしょっちゅう訪問」しています。

しかし、PR動画をきっかけに宮城県制作の他の動画をチェックしていたら、その他の宮城県には、ピンポイントでしか訪問していないので、「ひとり旅してみたいな」と正直思いました。

私のように、報道をきっかけに宮城県のウェブサイトにアクセスした人は多数いるわけで、この動画はそういう意味でも、「効果あり」ではないでしょうか。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ551号より)

 

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:ニュースを題材にした話, 08:44
comments(0), trackbacks(0), - -
政治評論家「田崎史郎氏」の思想の変遷

JUGEMテーマ:ニュース

 

2017720日配信の週刊文集デジタル「テレビ健康診断」で、作家の亀和田武氏が、「田崎史郎から目が離せない」というタイトルのコラムを寄せていました。

http://ch.nicovideo.jp/shukanbunshun/blomaga/ar1300898

 

お読みになった方は、ご存知だと思いますが、このコラムから、印象的な意見を下記にピックアップしてみます。

 

(以下、主な個所を引用)

 

◆政局がさらに混迷の度合を深めて、政権維持も困難と誰の目にも映ったとき、田史郎は『ひるおび!』のスタジオで、なおも総理とその取り巻きを擁護し続けるのだろうか。

 

◆時の権力者におもねり、媚びへつらう。田史郎の印象といえば、これに尽きる。おまけに論旨は不明確だし、滑舌は悪い。華もないのにエバッてる。

 

◆ある日。前川喜平氏の国会参考人招致が話題になった。官房長官が前川氏の人格攻撃をし、招致する必要はないと言い放っていたころだ。

前川招致の必要性について訊かれた田は「あり得ないですよ」と一言。「スキャンダルを攻撃されたりして、国会が混乱するだけ」。

驚いた。権力に徹底しておもねるマスコミ人と知ってはいたが、まさか官房長官の発言を、そのままオウム返しで視聴者に投げつけるとは。

 

◆山本地方創生相が、獣医学部を新設する際に「需給について、数量をハッキリさせるのは無理」と発言した件についてコメントを求められた荻原次晴が「普通の会社なら、ちゃんとマーケティングして検討しますけど」と至極、真っ当な感想を述べた。

 

すると田史郎は「ただ、これは国が作るわけではなくて。獣医学部を作りたいという人がいて、その認可権をどうするという問題ですから」と詭弁を弄する。

 

さすがに呆れたか、伊藤惇夫が「私学助成金が多額に出されるわけですから」国民の問題ですよと指摘すると、黙りこむ田であった。

 

◆権力の露払いに特化したジャーナリスト。その存在に憤りを覚え『ひるおび!』を見るようになった。恐らくTBSには多くの田批判が寄せられているだろう。なのに彼をなぜ降板させないか。

 

◆ひょっとすると。田が安倍内閣をなりふり構わず弁護するたび、逆に内閣への不信感は募る。田を出せば、視聴者は覚醒して内閣支持率は下落する。そんな深謀遠慮が働いて、きょうも田史郎はゴマスリ役を演じることを許されている気がしてきた。

 

(引用ここまで)

 

田崎史郎氏は、肩書上は「時事通信社特別解説委員」であるが、事実上は、時事通信社との再雇用期間を65歳で終え(2015年)でおり、現在は、「政治評論家」といえるでしょう。

経歴的には、福井県屈指の名門県立高校の藤島高校を卒業し、中央大学法学部に進学し、時事通信社に定年まで勤務したジャーナリストである。

Wikipediaによれば、学生時代は、成田国際空港建設に関する「三里塚闘争」に参加して逮捕されたことや、時事通信社では会社を相手取り「浦和支局への異動は不当労働行為である」と提訴したこともあるようなので、どちらかといえば、若いころの思想・行動は「時の政権に対する反骨精神の塊」で「左翼的」です。

 

それが、今では「時の政権の犬」と揶揄されるほどの変遷ぶり。

ネットで「田崎史郎」と検索すると、補助ワードには「安倍の犬」とか「犬」「三流コメンテイター」などのワードが並びます。

 

若いころの活動を知れば、「田崎氏の中で、どのような思考回路で、権力にこびへつらうようになったのか?」ということに興味がわきます。

時事通信社内での政治部記者としての活動は、大平首相の番記者となり、その後、田中派、竹下派、橋本派を中心に番記者を務めたようなので、これらの経験の中で徐々に、「政権よりの思想」になったのだろうか。

 

それにしても、TBSのひるおびに限らず、田崎氏を見ない日は無いというぐらい各局の報道系番組に出まくっています。

これだけ、「政権寄りのコメントをする政治評論家はかつて見ない」のに、なぜ、各局は起用し続けるのでしょうか。

きっと、視聴者からの非難の声は、テレビ各局に相当数あるでしょう。

政権に対する忖度?

それとも、亀和田氏が皮肉るように「内閣支持率を下げさせるためにわざと出演させ続けている」のでしょうか。

このある意味「喜劇的なコメント」を続ける田崎史郎氏のテレビ界での「需要」がいつまで続くのか、見届けたいと思います。

報道番組から飽きられたら「バラエティ番組」に呼ばれる??(笑)ことでテレビ界で生き延び続けることを本人は、実は、狙っているかもしれないですね。

 

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:ニュースを題材にした話, 10:08
comments(0), trackbacks(0), - -
金曜日の新垣さん

JUGEMテーマ:芸能

 

ネットでトヨタの新型ノアのプロモーション用短編動画「金曜日の新垣さん」が話題になっていると聞いて、早速、視聴してみました。

 

【七夕編】

https://www.youtube.com/watch?v=_I5_lnFlVjE

 

【向き編】

https://www.youtube.com/watch?v=S1xtNuZce2Q

 

【返事編】

https://www.youtube.com/watch?v=hrZIM82fgM0

 

ネットの反応では「悶絶する」という声が続出しているそうですが、や〜、大げさではないです。

私も、パソコンの前で「なんだこれ!」とつぶやいてしまいました。

 

私が新垣結衣さんの存在を初めて知ったのはティーン向けファッション雑誌の「二コラ」ではなく、2005年に放送された「ドラゴン桜」でした。

その時は、主役の山P(山下智久さん)との絡むのが多い役が長澤まさみさんだったので「かわいい女優さんだなぁ」ぐらいのごくごく普通の印象でした。

しかし、その後、ポッキーのCMで観た新垣さんの「ポッキーダンス」のかわいらしさに卒倒して、注目するようになりました。

 

辛口の芸能評論家の方からは「演技がワンパターン」「主役級を張る割には演技力が成長していない」といった意見も聞きますが、「コードブルー」や「リーガルハイ」「逃げるは恥だが役に立つ」のような演技が見られれば、ファンとしては、きゅんきゅんして十分に癒されるから、新垣さんは今のままで全く問題なしです。

 

冒頭の「金曜日の新垣さん」に話題を戻しますが、この動画は、91日まで、全9回が公開される予定だそうです。

この動画の制作に、やや、不満があるとすれば、私の見た動画が編集されているのかもしれませんが、16日配信の「向き編」は、最後に「トヨタ ドット ジェイピー」という新垣さんのセリフがあり、「急に現実(あっ、これはコマーシャルなんだ)」に引き戻されます。

(七夕編と返事編は、文字としてトヨタのCMであることがわかりますが、新垣さんのセリフはありません)

 

そういえば、「逃げるは恥だが・・・」での新垣さんの役柄は、「雇用主と従業員」という形の「契約結婚」をする「職業主婦」でした。

「ガッキーが職業主婦だったらなぁ」と妄想した独身男子は、星の数ほどいましたが、この発想は「女子にはあまり受け入れられないのかなぁ」と思っていました。

しかし、20代、30代前半の女子と話をしてみると、「わたし、料理は好きだし、家事も苦手じゃないし」と「意外とこのような職業主婦」にあこがれる女子はいるんですね。

でも、平匡さん(星野源さんが演じた役)のような財力がある男子がいないと。

なかなか、出会いは、難しいものですね。

 

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:スポーツ・芸能に関する話, 10:10
comments(0), trackbacks(0), - -
劇物の硝酸銀を紛失した千葉大学はISO14001を取得している(問われる監査の有効性)

JUGEMテーマ:ビジネス

 

2017721日付の千葉日報によると、

「千葉大学で劇物の硝酸銀400グラムが紛失し警察に盗難届」

が出されたそうです。

 

記事によると(以下、引用抜粋)

◆「硝酸銀」400グラム(8万円相当)の入った瓶1本が亥鼻キャンパスで紛失した

◆硝酸銀は、摂取すると頭痛や目まいを起こすことがあるが、現在、健康被害は確認されていない

◆二重に施錠していた場所からなくなっており、19日に千葉中央署に盗難届を出した

◆盗難された硝酸銀は、マウスなどの臓器の異常を知るために病理標本の染色などに使われる

10日午前10時ごろ、医学部棟3階の皮膚科学試薬分析室で女性職員が使用しようとしたところ、棚に保管されているはずの瓶がなくなっていた

◆皮膚科学内の各部屋を探し、教職員らへの聞き取り調査などをしたが見つからなかった

14日に千葉中央署に相談し、あらためて複数回探し、各部屋、関係者に聞き取り調査を行った

◆千葉大では、1996年ごろ、500グラム購入し、毒物及び劇物使用簿で使用状況を管理していた

◆今回紛失に気付いた女性が年に数回程度しか使っていなかったそうで、最後の確認は今年315日であった

◆保管部屋は暗証番号キーで出入りが管理され、番号を知っているのは医師や職員のみで約30人

◆棚は通常施錠されていて、鍵は試薬分析室内にある

◆他にも約70種類の劇物と毒物があったが、硝酸銀だけがなくなっていた

ということらしい。

 

状況を報道で知る限り、毒劇物取締法で規定されている施錠された保管場所で保管されており、使用状況も使用管理簿が付けられていたので、その点では問題がない。

ただ、

・硝酸銀の使用頻度が年数回

・無くなったことに気づいた女性以外、使用していない

ということではあるが、「保管部屋の暗証番号」は、約30人が知っており、「鍵は試薬分室内」にあるということだから、おそらく「部屋の暗証番号を知っている約30人は鍵の取り出しが容易に可能な状態」であったのだろう。

つまり、私の感覚的には、

「硝酸銀の保管されていた棚は鍵は掛けられていたが、事実上、使用(取り出し)していたのは女性のみにもかかわらず、部屋に入室できる約30人が取り出せる状況にあった」

わけで、「千葉大学の劇物の管理状態が不十分だった」といえるのではないかと思う。

 

記事によると、千葉大学の立石公史広報室長は、

「薬品を取り扱う全ての研究室と情報を共有し管理意識の向上を図り、全学で組織される化学物質管理運営委員会でもさらなる管理の徹底と、定期的な在庫の確認など再発防止策を検討していく」

と述べたそうであるが、原因がはっきりしない中で「化学物質管理委員会での管理の徹底」と叫んだところで、効果的な再発防止策とは、全く言えない。

 

千葉大学は、環境マネジメントシステム規格の「ISO14001」を取得しており、「法規制の順守状況確認体制」はもちろんあっただろうし、内部監査や外部監査もしっかりやられていたはずだ。

しかし、仮に、内部監査や外部監査(第三者監査は日本能率協会(JMAQAが担当))されていたとしても、「現状の鍵の管理体制は実質的な使用者以外の者が劇物を持ち去るリスクが高い」ことを指摘していなかったとしたら、「内部監査も外部監査も効果的に機能していなかった」と(担当された監査員には申し訳ないが)いえることは間違いない。

 

第三者監査を担当している日本能率協会は、千葉大学に状況確認と盗難(紛失?)の原因と再発防止策の報告を求めるとともに、千葉大学の内部監査の有効性をしっかりチェックさせて報告させる必要がある。

また、JAB(日本適合性認定協会)も、日本能率協会からの型通りの報告ではなく、「監査が有効に機能していたのか」をしっかり検証して報告してもらうことが必要であろう。

 

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:ISOマネジメントシステム全般, 11:15
comments(1), trackbacks(0), - -
海に入ることが嫌いな人は4割

JUGEMテーマ:ニュース

 

2017713日付のチバテレビによると、

「海に入ることが嫌いな人は4割に上る」

と報じていました。

 

記事によると、

 

◇この調査は、日本財団が20174月から5月にかけて、全国の15歳から69歳を対象に海に対する意識調査を行い、11600人から回答を得た

 

◇調査結果によると、全体の30.7%が海に親しみを感じず、41.5%が海に入ることが嫌いと答えた

 

◇ここ5年間で海水浴に行った人の割合は11.4%に留まっていて、「海離れ」が顕著となっている

 

10代から30代の5人に1人が、「海が好きだとは言えない」と答えた

 

◇調査結果について、日本財団は、「子どもの頃に海と接する機会が低下したため」と分析してる

 

◇千葉県によると、県内の海水浴客はピーク時の1971年には1344万人に上ったが、2016年の海水浴客は1521000人で、ピーク時の11%に落ち込んでいる

 

そうです。

 

この調査結果は、少し驚きです。

「海に入ることが嫌い」な人の割合が「4割」は、なんとなくわかりますが、千葉県の海水浴客が約45年前と比較して11%というのは、衝撃です。

もちろん、1971年といえば、昭和46年なので、今の時代よりもプールが少なく、「水遊び=海」だったという時代背景もあるかもしれません。

しかし、そうだとしても、海水浴客が当時の1割強というのは「激減」過ぎます。

 

ただ、そういう私も、実は「水泳をするならプール」派です。

千葉で育った私は、千葉の海の海水浴には行きましたが、千葉の海は、波はあるし、砂浜は灰色だし、海水は決して汚くないけど透き通っていないし、日焼けすると痛いし。。。という理由で、「友達に誘われたら行く」という感じで、積極的には行きませんでした。

 

中学生の時に行った奄美大島の海は、穏やかで、砂浜は白色で、海水は透き通っていてサンゴやウミヘビ(超危険です)も見えるし、「これが海水浴か!」と感動しました。

 

海は、ライフガードのおにいさんやおねえさんがいますが、泳ぎが達者な人でも、離岸流で流されたりクラゲなどがいるので、私は正直、怖いです。

奄美大島で泳いだ時は、調子に乗って、どんどん岸から離れて泳いで行ってしまいましたが、ウミヘビを見たときは「かまれなくてよかった」と心の底から思いました。

友達と一緒でしたが、ライフガードがいる海ではなく、プライベートビーチのような海でしたので、かまれたら、きっと助からなかったでしょう。

 

「水に親しみがわかない」という調査結果なら「問題」に感じますが、「海水浴客減少」は、「海の観光産業」には打撃ですが、「リスク社会」の現代としては当然の結果かもしれません。

「海に親しみを持って貰おう」と考えるなら「海水浴客を増やす」という指標より「海に出かける人の割合を増やす」という施策の方がいいと思います。

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:ニュースを題材にした話, 10:47
comments(0), trackbacks(0), - -
かっぱ寿司の食べ放題キャンペーンはとりあえず成功

JUGEMテーマ:ニュース

 

2017719日付の毎日新聞が、

「<かっぱ寿司>食べ放題に11万5765人」

という見出し記事を報じていました。

 

記事によると、

613714日に一部店舗で実施した食べ放題に、延べ115765人が来店した

◆通常の34倍に相当する客数

◆かっぱ寿司は「予想を上回る反響をいただいた。今後の実施についても、今回の結果を考慮し前向きに検討したい」としている

◆食べ放題は、平日の午後25時に80種類以上のすしなどが税抜き1580円(男性の場合)で70分間食べ放題になるサービス

◆全国348店舗のうち、青森県から大分県までの21店舗で「トライアル」と位置づけて実施した

◆初日に3999人が来店、最も多かったのは619日の金曜日で、5415人が店を訪れた

◆期間中には最高で30皿以上食べた客もいた

そうです。

 

このキャンペーンのニュースはキャンペーン開始前に知りましたが、正直、魅力を感じませんでした。

というのも、

・かっぱ寿司は、そもそもメニュー単価が安い(定番握りは税抜き100円)

・極上大トロ、大切り真鯛などの「極みネタ」でも税抜き180

・私自身が年齢とともに食が細くなり10皿も食べればお腹いっぱい

だからです。

 

仮に、コストパフォーマンス重視で、数少ない「極みネタ」ばかりを食べたとしても、10皿程度で「ギブアップ」ですから、税抜き1800円。

食べ放題価格が1580円ですから、したがって、「オトク感」はほとんどありません。

 

しかも、私の場合、タコとかイカとかしめ鯖とか、納豆やサラダの軍艦巻きといった「税抜き100円の定番ネタ」が大好物です。

また、キャンペーン時間帯が「2時〜5時」となるとなかなか訪問チャンスがありません。

 

しかし、この企画は、かっぱ寿司としては「成功」だったと思います。

・ニュースに取り上げられ話題になった

・来店客が増えた

という効果は大きいです。

ミスドの「税抜き100円キャンペーン」のような「定番キャンペーン」として、定期的にかっぱ寿司もキャンペーンを打てば、売上など効果が見込めると思います。

 

それにしても、食べ物ネタのコラムを書いていると、食べたくなってしまいますね。

 

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:ニュースを題材にした話, 15:09
comments(0), trackbacks(0), - -
約3年ぶりに初回視聴率が16%を超えた月9ドラマ(コードブルー)

JUGEMテーマ:芸能

 

「月9は終わった」と言われて久しいですが、2017717日から放送開始された『コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜THE THIRD SEASON』(フジテレビ系)の第1話の視聴率が、16.3%(関東地区)と、201410月期の「信長協奏曲」以来の15%超えの好発進となったそうです。

 

ご存知のように、この作品は、「ドクターヘリ」をテーマに取り上げた医療ドラマで、2008年の1st seasonでは、翔陽大学附属北部病院救急センターに赴任してきたフライトドクター候補生が研修を受ける中で、救急救命や災害医療に奮闘する姿が描かれ、2年後の2010年(2nd season)では、研修修了までが描かれた。

そして、今回は、研修終了から7年が経ち、それぞれの道を歩き出している彼らにフォーカスが当たっている。

 

私個人は、2008年の1st season は、「途中で観るのをやめてしまった」人です。

というのも、いくら「研修医」といっても、当時の彼らの年齢は「二十歳前後」で、「研修医としての奮闘ぶりを描くとしても、ちょっと若すぎるなぁ」という印象があり、見ていられなくなったのです。

 

また、「山Pとガッキー」といえば「2005年放送のドラゴン桜」で「東大受験に奮闘」しているドラマのイメージがあり、それから約3年で「研修医」という設定がどうも私の中でしっくりこなかったのもあります。

 

しかし、2008年放映当時、研修医だった彼らが実年齢的にも「アラサー」となったので「中堅医師」となった姿なら「想像ができ感情移入できるかなぁ」という思いで見てみました。

戸田恵梨香さんが相変わらず「激やせ」していて、山Pが「ムキムキマッチョ」になっていたのは、気になりましたが、ドラマのテンポも展開も早く、今後の展開が気になり「次回も見てみたい」という気になりました。

 

しかし、「月916%超え」は、「20147月期のHERO」以来だそうです。

「若者のドラマの視聴傾向が変わったことや見たい番組はリアルタイムではなく録画する傾向が強いことが月9視聴率低迷の原因」といわれますが、作品の質が高ければ、(17日は祝日最終日で自宅にいた人も多かったのかもしれませんが)「月9」自体は死んでいないわけです。

ただ、「HERO」にしろ、「コードブルー」にしろ、かつての高視聴率ドラマの続編なので、「新しいヒット作品の種」をそろそろ生み出しておかないと、月9の視聴率復活は「一時的な現象」となるでしょう。

 

月並な言い方ですが、「主演ありき」でドラマを作るのではなく「作品にあったベストキャスト」という思想でドラマを作らないと、「ミスキャスト」になりやすいし、「事務所の力関係がミエミエ」のドラマになって視聴者は「話題性の高い最初だけ見てリピートしない」ということになってしまう気がします。

「コードブルー」の今後に注目したいと思います。

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:スポーツ・芸能に関する話, 13:59
comments(0), trackbacks(0), - -
ド・ドドンパの事故原因が解明されるまでは営業再開すべきでない

JUGEMテーマ:ニュース

 

16日放送の「真相報道バンキシャ」を見ていたら、山梨県富士吉田市にある「富士急ハイランド」のジェットコースター「ド・ドドンパ」がコースを逆走して停止するトラブルが発生(16日午後250分ごろ)したと報じていました。

 

その後の各メディアの報道によると、

◆乗客は7人で、けがはなかった

◆逆走原因は、車両の下にある「主車輪」と呼ばれるタイヤ20本のうち、1本がパンクして減速した

◆高さ約49メートル、直径約40メートルのループを昇りきれずに逆走し、ループ手前のカーブで止まった

◆従業員が車両を手で押して安全な場所まで動かし、乗客全員を降車させた

◆「ド・ドドンパ」は、2001年に開業した人気アトラクション「ドドンパ」を改良したもの

◆スタートから1.56秒で時速180キロに到達するのが特徴

15日に営業運転を開始したばかり

だという。

 

テレビのニュースを見ているときのうろ覚えなので、正確ではないですが、確か、営業開始前のメディア向けの試乗会でも、逆走などのトラブルにはならなかったが、走行中にタイヤのパンクが発生したらしい。

 

富士急ハイランドは、老舗遊園地ですから、新しいアトラクションの設計はもちろん、妥当性確認を十分に実施したうえで営業開始を決定しているでしょう。

しかし、短期間に2回もタイヤのパンクが発生するようでは、「想定外のトラブル」であり、「なぜ、タイヤがパンクするのか」しっかりと検証して、安全性を再検証するまで、営業再開は延期するべきでしょう。

 

素人考えですが、

・スタート直後に時速180キロに達する超過速度

・外気温が30度を超えたときのタイヤの空気圧

といった点がタイヤに想定以上の負荷をかけ、パンクしているのかもしれません。

 

ジェットコースターの事故といえば、200755日に発生した大阪府吹田市にあるエキスポランドのジェットコースター「風神雷神供廚了故を思い出します。

確か、あの事故も、ゴールデンウィークに合わせて新アトラクションの営業開始を始めたばかりの事故だった。

富士急ハイランドの「ド・ドドンパ」も7月の3連休、夏休みと客足が増えるタイミングに合わせて、スケジュール的な焦りがあったとは思いたくないですが、しっかり、事故原因を検証して再発防止に取り組んでほしいと思います。

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:ニュースを題材にした話, 17:12
comments(0), trackbacks(0), - -
安倍首相の人事はお友達か同じ思想を持っている人かイエスマン

JUGEMテーマ:ニュース

 

2017716日付の産経新聞が、

(以下引用)

「自民党の村上誠一郎元行政改革担当相は16日のフジテレビ系「新報道2001」で、安倍晋三首相の人事について「『お友達』か、同じ思想を持っている人か、イエスマンかの3つのパターンだ」と批判した」

と報じていました。

 

記事によると、村上氏は、

83日に予定している内閣改造・自民党役員人事について「違う考え方の人を入れなければ、自民党の政治の幅ができない」と強調した。

◆自身が入閣を打診された場合については「自分の受け持ったところに対して、自分の考え方などがある。それを聞いてもらえなければ、なっても意味がない」と述べた

 

また、鴨下一郎元環境相は、

◆入閣の可能性について「私はあり得ないだろう」と答えた。

◆「ある程度距離がある人たちを入れることは安倍内閣の政策の転換につながる。そのための合意形成を任命権者が努力すべきだ。努力をしている姿は『安倍さんは変わった』という評価になる」と述べた。

という。

 

安倍首相の人事は、確かに、

・お友達

・憲法改正など思想が同じ人

・イエスマン

で構成されていることは明らかです。

もちろん、「派閥バランスを考慮して配置」している人事や「危険人物だからあえて近くに置いておく」というケースもあります。

具体的には、麻生財務大臣は、思想は近いですが、お友達やイエスマンではありませんし、前回の内閣にいた石破茂氏は、「変な動きをされないように閣内にかこっておく」ことを意図した人事でしょう。

 

「新報道2001」に出演していた村上氏や鴨下氏がおっしゃるように、「自分の考えと違う人を内閣に取り込む、距離がある人を内閣に取り込む」ということで、「合意形成を任命権者である安倍首相は努力する必要」はあるし、昔の自民党の歴代首相はそうだったと思う。

 

ただ、「お友達、思想が同じ、イエスマン」に人事がなるのも、ある意味、仕方がないのかもしれません。

思想が違う人を閣内に取り込んだ場合、合意形成を図る前に、記者の質問に勝手に発言されて「閣内不一致」とマスメディアに掻き立てられるのを恐れているのでしょう。

 

あと、2週間強で改造内閣人事や自民党三役の発表されますが、どういった人事をされるのか、注目してみたいと思います。

 

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:ニュースを題材にした話, 17:24
comments(0), trackbacks(0), - -
東京マラソンのチャリティエントリー

JUGEMテーマ:スポーツ

 

2018年の東京マラソンのチャリティランナーの受付が、募集から「8日間」という衝撃的なスピードで終了しました。

3900人もの枠があったにも関わらず、たったの8日間で満員です。

 

東京マラソンにエントリーする仕組みを少しおさらいしておきます。

基本的な流れは、次のようになります。

 

◇先行エントリー 71日〜

 先行エントリーに参加するためには、年会費を支払って「ONE TOKYOプレミアムメンバー」になる必要があります。

先行エントリーの抽選結果は8月中旬です。

外れた場合は、自動的に一般エントリーに申し込まれます。

 

◇一般エントリー 81日〜

9月下旬ごろに抽選結果が発表されます。

 

2次抽選エントリー 11月中旬

先行エントリー、一般エントリーで落選した人の中から、2次抽選が行われます。

 

つまり、年会費が必要なプレミアムエントリーなら、最大「3回」の抽選機会がありますが、一般エントリーは2回となります。

上記が「一般的なエントリー方法」で、よく「抽選倍率が100倍を超えた!」というニュースになるのは、一般エントリーを指しています。

 

その他の方法としては、冒頭で話題とした「チャリティエントリー」です。

私が東京マラソンの抽選に参加した2013年大会は、

「先行エントリーで落選」→「一般エントリーで落選」→「2次抽選エントリーで落選」→「10万円募金してチャリティエントリー」ということが可能でした。

 

それが、年々チャリティ枠のエントリー速度が早まり、2016年大会では、「一般エントリー落選」→「2次抽選結果を待たずに10万円募金してチャリティエントリー」となり、2017年は、「プレミアムエントリー落選」→「一般エントリー結果を待たずに10万円募金してチャリティエントリー」となりました。

 

その経験から「2018年大会はもっと早まるぞ」とは思っていましたが、まさか、8月になる前に、それも7月上旬に定員に達するとは、驚愕です。

 

東京マラソンを主管する東京マラソン財団は「寄付文化が浸透していると実感している」とコメントしたそうですが、「マラソンブーム」ということ以外に、確かにそういう側面はあるかもしれません。

 

ちなみに、私は2015年大会が一般エントリー、2016年と2017年はチャリティエントリーでした。

2018年大会は、抽選チャンスは3回まだありますが、普通に考えれば「まず無理」でしょうから、「おとなしく東京マラソンの応援に徹する」か「東京マラソンと同日開催の他の大会にエントリーしてみる」という選択をしてみようと思います。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ550号より)

 

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:スポーツ・芸能に関する話, 05:05
comments(0), trackbacks(0), - -