RSS | ATOM | SEARCH
台風19号による教訓を行政はもちろん私たちも認識し検討しなければならない

JUGEMテーマ:ニュース

 

20191012日に日本列島を直撃した台風19号の被害状況が、徐々に明らかになってきました。

20191013日(2045分)配信の「AERA dot.」の情報だと、

総務省消防庁の発表(13日午後6時時点)では、

・全国で死者は14人、行方不明者は11人、重軽傷者は180人を超す大きな被害となっている

・避難者数は1013日正午時点で約23万人

だそうです。

 

当初、メディアでは、最悪の場合、死傷者は数千人規模(8000人と予測した記事も確かあった)と報じていたので、その予想と比較すれば、ことばは不謹慎ですが「不幸中の幸い」レベルで被害はおさまったといえるのかもしれません。

 

また、この「AERA dot.」では、

「「コンビニの棚は空」「動物を置いて避難できない」台風19号で露呈した東京のもろさ〈週刊朝日〉」

という見出し記事を報じていますので、概要を記しておきたいと思います。

 

《北陸新幹線》

・長野市内の車両基地が冠水し、10編成、計120両が水につかった

・全車両の約3分の1が被害に遭うという異常事態

・北陸新幹線の運転再開の見通しは立っていない

JR東日本によると「水につかった車両は最悪の場合、使えなくなる可能性がある」という

 

《東京の影響と災害に対する脆さ》

・交通機関の計画運休によって住民が孤立化した

・都内の人は、移動手段は鉄道やバスに頼っているため、運休が始まると身動きがとれなくなる

12日から13日夕方まで段階的に続いた運休により従業員らが出勤できないこともあった

・その結果、都心のほとんどの小売店や飲食店が臨時休業した

・タクシー運転手らも移動できないためタクシーの台数もまばらとなった

・物流がマヒし、営業している一部のコンビニでもお弁当やおにぎりなどの棚は空っぽ

 

《東京の避難体制》

・都心の住民には、地域との関わりが薄く、訓練に参加しない人もたくさんいる

・東京23区では避難指示や避難勧告が多数出された

・しかし、ネット上では「そもそも避難場所がわからない」という声があった

・携帯・スマホの緊急速報メールで避難情報を知らされても、どうしていいかわからない

・ペットの対応はバラバラで、同じ区内でも受け入れた避難所と、だめなところがあった

・災害を経験している自治体では、こうしたケースに職員が臨機応変に対応しやすい

・台東区では、「ホームレス」とみられる人が、避難所での受け入れを12日に拒否された

・台東区では避難所を開設したことが少なく、住民以外にどう対応するかの観点がなかった

・今回の台風では駅や地下鉄施設などが早い段階で閉鎖され、雨風をしのげる場所が少なかった

・避難では外国人観光客らへの対応も課題となる

・来年の東京五輪・パラリンピックも控えている

・日本語が通じず災害情報が届きにくい外国人へのケアが課題となる。

(記事の概要(引用)、ここまで)

 

北陸新幹線の車両冠水については、1013日付のコラムで触れましたが、水没車両が合計120両になっているとはショックです。

個人的には、仕事で、1011日に北陸新幹線を利用したので、その時乗車した車両ももしかしたら、車両基地で浸水してしまったのかも、と考えるととても残念で、感慨深いものがあります。

 

食料調達、都内の移動手段については、今回の台風のように「12日程度でおさまる」災害に対しては、「都内がゴーストタウンと化してもしょうがない」という気持ちを私たちが持つしかないのでは、と思います。

要は、お店が臨時休業し、公共交通機関は計画運休、タクシーもまばら、という状態を「災害時は当然」と捉えた生活や行動をとる必要があるでしょう。

 

対策の検討が必要なのは、外国人はもちろん、日本人を含め出張者や旅行者、ホームレス、ペットなどへの対応でしょう。

 

表現は不適切ですが、今回の台風は、当初予測された最悪の予想より被害規模は小さかったと思います。この台風19号で得られた知見を自治体はもちろん、政府レベルでしっかりと検証と対応をして行かなければ、災害規模が大きい場合、都心は大パニックに陥ることになるでしょう。

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434262858/bloglogcom-22/ref=nosim/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:ニュースを題材にした話, 07:50
comments(0), trackbacks(0), - -
北陸新幹線車両の水没は防げなかったのだろうか

JUGEMテーマ:ニュース

 

20191013日のNHKのニュースで長野信参戦車両センターが水没した映像が流されていました。

報道によると、死傷者はいなかったようですが、衝撃的なのは、10両編成の北陸新幹線が、どっぷりと水没している映像です。

 

車輛に関する技術的知識がないので、素人感覚ですが、

10編成が、すべて廃車になったら、損害額はとんでもない金額(100億??)

・電気系統の検査や安全性確認には相当時間が掛かりそう

・電気系統の分解、整備、交換をするにしても、車両の配置系計画が難しそう

・配車予定の旧車両をしばらく配備してしのぐしかない

・・・

といったことが想像できます。

 

JR東日本(JR西日本)の車両管理部門の方々は、台風に備えて頑張っていたと思うので、その頑張りに「塩を塗る」つもりは毛頭ありませんが、「新幹線基地による車両の水没」は、衝撃画像を見れば見るほど「何とかならなかったものか」と思います。

 

その理由は、

JR東日本(西日本)という大企業に緊急事態対応マニュアルがないはずがない

・地震と違って台風は、ある程度、影響される日時とその度合いがわかっている

・千曲川の決壊の可能性はすでに分かっており、新幹線基地の水没は想定できた

12日は終日、北陸新幹線を運休しており、高架である本線に車両を移動し避難するすることは可能

だと思うからです。

 

JR東日本(西日本)は、台風19号被害の目の前の処理が終わったら、ただちに、今回の「車両水没」という事態の発生について、原因究明するべきでしょう。

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434262858/bloglogcom-22/ref=nosim/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:ニュースを題材にした話, 14:41
comments(0), trackbacks(0), - -
台風19号

JUGEMテーマ:日記・一般

 

都内の「海抜ゼロメートル地帯」である東京都江戸川区。

江戸川区の約7割が「海抜ゼロ」だそうです。

20191012日付の朝日新聞デジタルによると、あたりが白く見えるほど雨が強まり、浸水への不安が高まるなか、江戸川市民は続々と避難所を訪れているそうです。

予測では、江戸川区は大規模水害が起きると、ほぼ全域が12週間以上、浸水するそうです。

 

今回の台風19号は、101215時現在、

・速さ 30km/h

・中心気圧 945hPa

・最大風速 中心付近で45m/s

・最大瞬間風速 60m/s

・暴風域(25m/s以上) 南東側330km、北西側260km

となっています。

 

つまり、中心気圧は、9月に千葉で大停電になった台風15号と同レベルですが、最も違うのは、暴風域の広さです。

要は、台風の影響範囲がとても広域なわけです。

 

ここ340年間の首都圏・関東を通過する台風は、沖縄や九州、四国、あるいは、東海地方に上陸した後、首都圏・関東に接近するので、それなりに勢力が弱まっていました。

しかし、台風15号も今回の19号も現在の予想では、ほぼダイレクトに太平洋から首都圏・関東に勢力を維持したまま上陸です。

 

素人目にも近年の台風は明らかに発生個所とコースが日本列島に影響を与えてきた過去の台風の傾向と違ってきています。

この原因を、個人的には「地球温暖化の影響」と即断したくないですが、少なくとも海面水温の上昇など海象の変化が大きな要因になっていることは間違いないでしょう。

 

地震と違って台風の場合は、観測技術、データのコンピューター解析技術の発達により、かなり高い精度で予測できるので、避難勧告が出ている地域に住んでいる場合は、自治体が用意した避難所に非難するのが無難でしょう。

 

マンションに住んでいる場合は、高層階なら浸水リスクについては、まず安心ですが、立地によっては、建物の周囲が浸水すれば、建物内に取り残されるリスクもあるでしょう。

首都圏・関東にお住いの方は、今晩は不安な一夜になると思いますが頑張って欲しいです。

 

工場勤務でユーティリティの管理をしている知人の話だと、取引先との契約もあり、工場の稼働をゼロにはできないし、設備を停めるわけにもいかないので出勤だそうです。

じっと自宅や避難所で台風をやりすごすのが一番ですが、それができない立場の方は、くれぐれも無理せず、無事でいて欲しいと思います。

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434262858/bloglogcom-22/ref=nosim/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:一般コラム, 16:25
comments(0), trackbacks(0), - -
ラベル

JUGEMテーマ:日記・一般

 

学生時代の友人と飲んでいる時に、「学歴」の話になりました。

その友人の現在は、傍から見れば、人生の成功者で、幸せに暮らしています。

しかし、飲むと若かりし頃の悔しかった思い出がよみがえるようです。

 

就職先は中堅メーカーでしたが、国立大学卒業の先輩たちから出身大学をバカにされ、入社時点で上に上がれないシステムに気づき、悔しかったそうです。

 

家庭の事情があり、10年ほどでその会社を退職し、故郷に戻って教員を目指した時も悔しい思いをしたそうです。

この友人は、私と一緒に大学院を修了しましたが、その後、別の大学に入学しています。

その理由は、やはり学歴。

 

友人は、地元の国立大学に入学し、2回目の大学生をしました。

飲んでいる時なので、詳しくは語りませんでしたが、採用試験では、毎年厳しいことを言われ、正規採用ではない非常勤講師は、隣県の高校に勤務していました。

私も彼も「工業高校教諭」の教員免許は持っていますが、当時、なぜ、2回目の大学入学をしたのかわかりませんでした。

「理科や数学の教員免許を取って採用の可能性を広げるためなのかな」

と漠然と思っていましたが、彼曰く「そこまでさせるなよ」の気持ちだった悔しい経験が採用段階で何度もあったようです。

 

ただ、皮肉なことに、当時、学歴をバカにされ採用されなかった地元の教育委員会から教員をやってくれないか、という連絡が近年は毎年あるそうです。

ご多分に漏れず教員人材が不足しているのでしょう。

彼曰く「今さら何を!」の気持ちでいっぱいだそうです。

 

定時制高校に勤務していた時に、頭はいいけど、家庭事情で進学できなかった人は、資格を取りまくっていたそうです。

資格を取りまくって、学歴に負けないレベルに自分のラベルを貼り換えて行かないと、世の中の仕組み上、上に立てない。

理不尽だなぁ、と思ってもそれが現実だ、と教師をしながら、強く感じたそうです。

 

私の仕事仲間で、60才近くになって大学院の博士課程に入学し、博士号を取得した方がいます。

その方は、ある専門分野の世界では知識が豊富で、国家資格である技術士の資格もあるので、バリバリ仕事をされています。

しかし、博士号を取得したら、まわりの見る目が全然変わった、といいます。

「博士号を取得するために努力はしたけど、自分自身はそんなに変わっていないのに」とおっしゃっていました。

 

実力があっても、ラベルを貼り換えて行かないと評価されない、採用されない、出世できないことが世の中の仕組み上、たくさんあります。

私がサラリーマンを辞めるときに、職場のある先輩から言われたのは「コンサルタントの世界は経験や実力ももちろん大事だけど、学歴がものをいう世界。厳しいよ」と私の学歴から将来を案じてくれた先輩もいました。

私は、独立後、学生時代の友人のようなあからさまな学歴差別は受けてこなかった(もしかしたら、私自身が能天気に差別されていることに気づかなかっただけ?)のですが、世間一般では、ことばにはしなくても、こうした理不尽さに悔しい想いをしている人は、たくさんいるのでしょう。

 

高校の同級生と飲んだ時も、その旧友は都市銀行勤務(現在は関連会社に転籍)なのですが、入社式の時に大学のランクで席が決まっていて、先輩から、「お前たちはあそこに座っている奴らから使われる存在なんだ」と言われ「入社時点ですでに経営幹部コースと中堅幹部コースがきっちり分かれているんだ」と社会人になったとたんに痛感したそうです。

 

大きな組織は、こうした序列をつけないと人事管理ができないのかもしれませんが、同じ大卒でも体育会系出身者には、外回りの仕事、といったように与えられる仕事があらかじめ決まっていて、よほど実力者に気に入られるなど、飛躍のチャンスがない限り、評価されるチャンス自体が与えられないのです。

 

・・・冒頭の話に戻りますが、そんな愚痴を言っていた友人も私も、現役世代としての人生は後半戦。

就職した当時の日本なら、楽隠居する年齢に近づいてしまいました。

ただ、まだまだ「このままで終わらせたくない」と信念を持っているライフワークもあるので、もうちょっと地道に頑張ろうと思います。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ664号より)

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434262858/bloglogcom-22/ref=nosim/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:一般コラム, 06:03
comments(0), trackbacks(0), - -
マネジメントシステム監査における間接部門の審査方法

JUGEMテーマ:ビジネス

 

組織の仕事の仕組み(マネジメントシステム)が国際規格に適合し、有効に機能しているかを第三者が審査し、世間に公表するISO認証制度がある。

 

このISOマネジメントシステム審査について、最近、個人的に気になっている点を備忘録代わりに、何回かに分けて少しまとめておきたい。

 

今回のテーマは、「マネジメントシステム監査における間接部門の審査方法」について。

 

今回のテーマでよく話題になるのが、

◆総務、経理部門は適用範囲から除外できるのか

◆営業部門、購買部門における環境側面は、電気、ガソリン、紙の使用等だけなのか

です。

 

マネジメントシステム監査で最もポピュラーな品質マネジメントシステムで考えてみます。

例えば、総務部の場合、主に以下のような業務を担っています。

・文書や社印、固定資産、設備、備品、消耗品などの管理(文書管理、設備管理)

・保安・防災業務(設備管理、緊急事態対応)

・情報セキュリティの整備(文書管理、機密管理)

・受付業務(外部コミュニケーション)

・福利厚生業務(業務環境管理)

・安全衛生管理(安全管理)

・従業員の健康管理(業務環境管理)

・社内外の慶弔業務(内部・外部コミュニケーション)

・秘書業務(役職員の業務支援)

・会社行事、イベント業務(内部・外部コミュニケーション)

・契約、契約書管理(利害関係者に関する文書管理)

・株主総会・取締役会業務(外部コミュニケーション、経営計画)

・株式管理(経営計画)

IRの実施(外部コミュニケーション)

・社内・社外広報(内部・外部コミュニケーション)

・ホームページの管理業務(外部コミュニケーション)

・官公庁との渉外(外部コミュニケーション)

・地域との渉外(外部コミュニケーション)

・社会貢献活動(外部コミュニケーション)

・環境対策(外部コミュニケーション、コンプライアンス)

・リスクマネジメント(経営計画、コンプライアンス)

・業務委託管理(購買管理) 

など

 

括弧書き部分は、主な機能(役割)ですが、組織が提供する製品/サービスそのものに直結することは少ないですが、事業活動を円滑かつ促進する上で、重要な間接的役割を担っています。

したがって、一般的には、「適用範囲から除外する」ということは難しいでしょう。

 

次に、「営業部門、購買部門など間接部門における環境側面や環境影響」を考えてみたいと思います。

どんな業種でも同じような状況ですが、多くの組織の間接部門で目にする環境側面は、いわゆる「紙・ごみ・電気系」のみです。

しかし、例えば営業部門なら、今どきの会社で「単なる御用聞きをするだけの役割」という営業部門は新人営業部員でないかぎり、まずないでしょう。

つまり、製造業でもサービス業でも、「顧客に対する提案営業」は多かれ少なかれしているはずです。

こうした提案の中には、結果として、業務効率や品質・安全面を向上させる提案もあるでしょう。

そうであるならば、その提案は、結果的に、廃棄物の削減やエネルギーの削減といった環境影響(間接影響)に関係してきます。

けれども、実際多くの組織では、こうした環境側面や環境影響は抽出され特定されていないので、評価もされていません。

 

購買部門も同様です。

建設会社の購買部門の場合、実務レベルでいえば、騒音・振動対策や軟弱地盤の地域における対策として「工法や業者の選択」を購買部門が提案しています。

しかし、これも「購買仕様書を作成する、発注書を作成する」(環境側面)→「紙の使用、電気の使用」(環境影響)といった環境側面抽出と環境影響評価しかされていないケースがほとんどです。

 

言わずもがなですが、環境マネジメントの場合「業務の本質的役割で環境影響を考慮」すれば、いろいろと隠れているものが出てくるのですが、なかなか組織も、監査する審査員も「ダイナミックな発想の転換」ができていないケースが多いのが現状です。

 

実際のところは、「結果としてやっている」ケースが多いのですが(結果オーライなのだから、審査側が組織に対して、煩がられると面倒だし嫌われるから、とやかく言わないでおこうという心理がありありです)、「自らの業務の役割と環境とのつながり」という点で捉えると、「意識的には業務管理していない」訳で、組織が気づいていなければ、審査員は、それを気づかせる監査をするべきなのでしょう。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ545号より)

 

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434262858/bloglogcom-22/ref=nosim/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:ISOマネジメントシステム全般, 06:58
comments(0), trackbacks(0), - -
組織の新たな活動と環境側面

JUGEMテーマ:ビジネス

 

組織の仕事の仕組み(マネジメントシステム)が国際規格に適合し、有効に機能しているかを第三者が審査し、世間に公表するISOマネジメントシステム認証制度がある。

 

このISOマネジメントシステムについて、最近、個人的に気になっている点を備忘録代わりに、何回かに分けて少しまとめておきたい。

 

今回のテーマは、「組織の新たな活動と環境側面」について。

 

環境マネジメントシステム規格(ISO140012015年版)では、「環境側面」について、次のように要求事項が規定されています。

 

(以下、規格から引用)

組織は、環境マネジメントシステムの定められた適用範囲の中で、ライフサイクルの視点を考慮し、組織の活動、製品及びサービスについて、組織が管理できる環境側面及び組織が影響を及ぼすことができる環境側面、並びにそれらに伴う環境影響を決定しなければならない。

環境側面を決定するとき、組織は、次の事項を考慮に入れなければならない。

a) 変更。これには、計画した又は新規の開発、並びに新規の又は変更された活動、製品及びサービスを含む。

b) 非通常の状況及び合理的に予見できる緊急事態

組織は、設定した基準を用いて、著しい環境影響を与える又は与える可能性のある側面(すなわち、著しい環境側面)を決定しなければならない。

組織は、必要に応じて、組織の種々の階層及び機能において、著しい環境側面を伝達しなければならない。

組織は、次に関する文書化した情報を維持しなければならない。

− 環境側面及びそれに伴う環境影響

− 著しい環境側面を決定するために用いた基準

− 著しい環境側面

注記 著しい環境側面は、有害な環境影響(脅威)又は有益な環境影響(機会)に関連するリスク及び機会をもたらし得る。

(引用、ここまで)

 

今回は、組織が、環境側面を決定するときに考慮すべき点のうち、

「変更。これには、計画した又は新規の開発、並びに新規の又は変更された活動、製品及びサービスを含む。」

について考えてみます。

 

この要求事項では、意訳すると

・変更箇所は考慮しなさい

・計画した、または新規の開発は考慮しなさい

・新規の活動や変更した活動は考慮しなさい

・新規の製品、サービス、変更した製品、サービスは考慮しなさい

ということでしょう。

 

例えば、この「変更」に関し、製造業において、

・製造設備を新設、増設、あるいは撤去した

・新規製品を開発(計画段階、開発中含む)した

・製造方法を改良し、原材料や製造工程が変更になった

というようなケースは、「環境側面の変更(追加・削除)や環境影響の変更(影響度の増減)」があることは、想像がつくでしょうし、実際、組織も環境側面の見直しをされています

 

「変更」に関して、私の経験で、考慮から漏れやすいのが、

・本社など製造設備以外の建屋の増改築

・生産量の大幅な増減

・働き方改革など労働時間の短縮、休暇の増加

・近隣の清掃活動など地域貢献

・地域行事への組織としての参加や支援

・情報システムなど情報インフラの更新

 

環境側面を特定し環境影響を決定する場合、どうしても、本業の部分に目が行きがちです。

また、労働環境の改善や安全パトロールの強化による事故の未然防止などは、労働安全面の活動と捉え、環境マネジメントシステムとのつながりはピンときません。

また、設備や施設の増設などは目に見える変化ですが、勤怠管理や生産管理に関するソフトウエアの改良、更新は、業務上は明らかに業務効率がアップされるなど変化がありますが、物理的な見た目の変化は殆どないので、見落としがちです。

もちろん、こうした活動に関する環境側面は、従来の環境側面の特定の仕方がざっくりであれば、現状特定されている環境側面に包含されてしまうものもあるでしょう。

 

いずれにせよ、環境側面の特定は、環境マネジメントを考える上での出発点になりますので、組織として、変更など変化点があれば、「環境側面の特定に影響がないか」という点で見直しを考慮することは必要でしょうね。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ655号より)

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434262858/bloglogcom-22/ref=nosim/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:ISOマネジメントシステム全般, 07:17
comments(0), trackbacks(0), - -
国や地域を代表する団体や組織経営陣を取り換える制度が必要だ

JUGEMテーマ:ビジネス

 

2019103日付の共同通信が、

「関電監査役、総会前に問題把握 幹部の金品受領、公表見送り」

という見出し記事を報道していました。

 

記事によれば、

・関西電力の監査役が金品受領問題を20196月の株主総会を前に把握していた

・金品受領問題について、経営陣の対応に疑問を投げ掛けていた

・監査役は経営陣を監視する機能を担うが、関電の隠蔽体質を崩せなかった

・関電は、問題の公表を見送り、監査役の役割は機能不全に陥っていた

・経営陣が不都合な事実を隠してきたことを監督官庁の経済産業省は問題視している

・筆頭株主の大阪市の松井一郎市長も「新しい体制をつくるべきだ」と述べている

・経営トップの辞任要求が強まっている

という状況のようです。

 

関西電力に限らず、監査役の機能不全は、よくあることなのかもしれません。

本来であれば、監査役は社外取締役と同じように原則、社外から選任するべきですが、多くの組織では、内部昇格のような形で監査役に就いているケースが多いように思います。

また、月並みですが、不適切な事態が起きた時は、外部に公表する義務も法律で課すべきなのかもしれません。

 

しかし、「社会に対して不適切事象は公表する」、「監査役としての役割を俺は全うする」という仕事に対する正義感、責任感より、「監査役としての報酬は会社からもらっている」、「公表することで会社の利益が棄損される」と考え、こうした考えが正義感を上回るケースが殆どでしょう。

民間企業に対して、そこまで法律で縛ることは難しいのかもしれませんが、少なくとも上場企業の監査役は、社外かつ、組織外の機関が指名した人物が就く仕組みにして、問題を知っていたのに公表しなかった場合は監査役に罰則を科すといった法整備が必要なのかもしれません。

 

話題は少しそれますが、日本テコンドー協会の騒動もそうですが、国や地域を代表する団体や関電のような実質的には地域における唯一の公共企業は、経営陣が社会的に見て「おかしい」という状態になったら、外部から人事を見直せる制度を作らないとダメだと思います。

一般的な民間企業であれば、経営陣が「おかしい」状態になれば、業績が落ち、優秀な人材が抜け自然淘汰されるかもしれません。

しかし、分かりやすい事例だとスポーツ団体のような公益財団法人や関電のような実質唯一無二の会社は、「おかしくなったからお取りつぶし」というわけにはいきません。

けれども、たいていは、おかしくなった場合、内部からの改革、つまり自浄作用はまず、働きません。

いい意味での「外圧」の仕組みを整備しなければ、国や地域を代表する組織として、いい体制の時は問題ないですが、ダメになると戻すことができないと思います。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ666号より)

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434262858/bloglogcom-22/ref=nosim/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:経営・ビジネスに関する話, 06:15
comments(0), trackbacks(0), - -
1974年のロッテオリオンズ日本一がプロ野球ファンになった原点

JUGEMテーマ:スポーツ

 

2019106日に、プロ野球で前人未到の400勝を達成した金田正一さん(86)が敗血症のために亡くなった。

夜、大河ドラマを見終わって、そのままNHKをみていたら突然テロップが流れて、驚きました。

最近は、テレビでは、TBS系の関口宏のサンデーモーニングに年1回は最低出演されていて、元気に「かねやん節」を披露していたので、亡くなったのがにわかに信じられなかったのです。

 

金田さんは、1969年に現役を引退しているので、私自身はリアルタイムでの金田投手を知りません。

野球人の金田さんとして一番私の中で古い記憶は、1974年にロッテオリオンズ(当時)が巨人軍の10連覇を阻止してリーグ優勝した中日ドラゴンズを日本シリーズで破って日本一になった時です。

当時、私は小学校1年生で、プロ野球に興味を持った年だったので、それまで万年Bクラスと言われていたロッテを日本一に輝かせた手腕は子供心にまぶしく、この年以降、現在まで私はロッテファンを貫いています。

ちなみに、この年に、ミスタージャイアンツこと長嶋茂雄氏が「我が巨人軍は永久に不滅です」の名文句を残して現役引退していますが、私の中では、ロッテが日本一に輝き、金田監督が胴上げされているシーンの方が記憶が鮮明です。

 

金田投手は、現役時代は、創設まもない国鉄スワローズ(現在のヤクルト)に入団し、晩年期は巨人に移籍して400勝を達成しました。

月並ですが、もし、入団していた球団が弱小スワローズではなく、巨人だったら、間違いなく500勝を達成していたでしょう。

また、投手としての球種は、ストレートとカーブの2種類のみだったといわれています。

カーブに関しては、フォークやドロップ、カットボールのような球種もあり、5種類あったそうですが、いずれにせよ、縦の変化が中心の球種だったようです。

 

監督や評論家としての評価は、割れるので私にはわかりませんが、印象としては、「投手は足腰が命」、「走り込みがプロ野球選手の基本」など自身の経験を基にした下半身強化の重要性や、精神論の側面の指導が強かったのかな、と感じます。

選手として注目されるのは、400勝、完全試合含むノーヒットノーラン3回、4490奪三振という投手としての輝かしい成績以外に、打者としても通算38本のホームランを放っていることです。

 

金田さんの親族では、実弟3人がプロ野球入りし、末弟の金田留弘投手は、東映、ロッテ、広島などで活躍し、ロッテが日本一になった1974年には最多勝に輝いています。(通算勝利数は128勝)

また、甥の金石昭人投手は、広島、日本ハム、巨人で活躍し、通算72勝をあげています。

 

誰もがいつかは、寿命を迎えるので、生物としての摂理として仕方がないですが、昭和の大スターの逝去は寂しいものです。

豪快奔放な金田節がもう聞けないのは、残念ですが、サンデーモーニングでの盟友、張本勲氏は、自習の放送でなんとコメントするのかな、と思います。

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434262858/bloglogcom-22/ref=nosim/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:スポーツ・芸能に関する話, 06:22
comments(0), trackbacks(0), - -
無精ひげ

JUGEMテーマ:日記・一般

 

風邪をこじらせて寝込むとき以外は、外出予定がなくても「髭剃り」をする習慣が私はあります。

ひげを生やしている人に嫌悪感は持ちませんが、自分自身は、生やすのは好きではありません。

男性としては比較的、肌が白いこともあって、数日、髭を剃らないと顔に黒い点々(髭)が目立ってみっともないので、嫌なんで「無精ひげ」が嫌いなんです。

そのため、面倒くさいなぁ、と思っても、朝、歯磨きをするのと同様に、ひげをそります。

 

これまでの人生を振り返れば、定かな記憶は忘れましたが、明確に毎日、ひげそりをするようになったのは、たぶん高校生の時です。

中学生の時は、まだ、産毛のようなひげだった気がするので、散髪の際に一緒に剃ってもらえば十分だった気がします。

高校生になって、最初は、T字型の安全カミソリでひげをそりましたが、顔の肌が、カミソリに慣れていないせいか、すぐにカミソリ負けしてヒリヒリし、すぐに電池式の電気カミソリを買いに行きました。

 

その後、学生時代、社会人と電気カミソリ愛好者でした。

しかし、出張が多くなり、持ち運ぶ荷物が増えるようになると、たかだか手のひらサイズの電気カミソリでも邪魔に感じるようになり、宿泊先では、備え付けの安全カミソリを使用するようになりました。

けれども、40を過ぎてから、ランニングを始めるようになり、日焼けが日常的になりました。

すると、元々、肌が弱いため、日焼けすると切れ味の悪い安全カミソリだと、肌荒れが酷くなるのです。

そこで、少し価格の高い刃を交換するタイプの5枚刃(Gillette)に変更しました。

使い捨てではなくなったので、持ち運び荷物となってしまいましたが、備え付けのカミソリと違って、断然、滑らかに髭が剃れます。

 

髭を剃るようになって約35年。ざっと振り返ると、私の髭剃り人生は、

・安全カミソリ(数ヶ月)

・電気カミソリ(おおよそ20年)

・出張先ではホテルの備え付けのカミソリ、自宅では電気カミソリ(おおよそ5年)

・出張先も自宅も5枚刃のカミソリ(おおよそ10年前から現在)

という感じです。

 

話題を冒頭の「ひげ剃り習慣」に戻しますが、数日前、自宅に「籠城」して、たまった仕事を片付ける用事があり、3日ほど「無精ひげ」を珍しく生やしてしまいました。

仕事が一段落したところで、仕事の打合せもあり、髭を剃ろうと鏡を見ると、「あれ?ひげがない」と一瞬、感じました。

でも、手であごを触ると明らかに、あの無精ひげのチクチクした感覚が手に伝わります。

もう一度、よく鏡をのぞき込むと、「顔の髭が殆ど白髪になっている」ことに気づきました。

 

私は、頭部の毛髪は、白髪染めをせずともまだ、黒い方ですが、あご、口元、頬の髭は、すっかり白髪の含有率が高くなり、無精ひげを生やしても、ぱっと見には、髭が白髪なので、目立たなくなっていたのです。

髭は、基本的に毎日剃るので、こんなにも白髪が進行しているとは全く気づきませんでした。

こうして、気づかないうちに、からだはどんどん老化しているんだな、と実感した出来事でした。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ666号より)

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434262858/bloglogcom-22/ref=nosim/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:一般コラム, 04:42
comments(0), trackbacks(0), - -
50キロ競歩の鈴木選手に続き金メダルを獲得した20キロ競歩の山西利和選手

JUGEMテーマ:スポーツ

 

日本時間の2019105日早朝、早起きして、陸上の世界選手権男子20キロ競歩をテレビ観戦しました。

結果は、ご存知の通り、鈴木雄介選手の50キロに続き、京都大学出身の山西利和選手が金メダルを獲得した。

 

近年の男子競歩は、世界選手権やリオ五輪でメダルを獲得していますが、表彰台に上がっているのは、いずれも50キロ競歩。

しかし、50キロ競歩は、2022年の世界陸上から廃止が決まっており、五輪での開催は東京五輪がラストになります。

国際陸連は、「10キロ、20キロ、30キロ、35キロのうち男女各2種目で争う」としているので、男子種目は、例えば、20キロと35キロとか10キロと30キロというような2種目が競技種目になるのでしょう。

 

男子20キロ競歩はといえば、これまでの世界選手権、五輪の最高位は6位。

20キロの世界記録は、鈴木雄介選手が持っており、記録的には、今回の世界陸上20キロ競歩で9位になった高橋選手も鈴木選手の世界記録に匹敵するタイムを持っており、常に期待されていますが、結果が出なかった種目なので、競歩陣営の喜びはひとしおでしょう。

 

それにしても、今回もコンディションは相当悪い状況だったようです。

日本以外の前回メダリストなどの有力選手がどんどん失速して、テレビで見ている限り、最後はふらふらでゴール。

そう考えると、日本チームは、山西選手が金、池田選手が5位、高橋選手が9位ですから、立派で、冷却シートを給水ごとに首に巻き、キャップに氷を入れた暑熱対策が功を奏したのでしょう。

 

テレビを見ていて驚いた点が二つあります。

・美しい歩形

・優勝しても冷静なコメント

です。

 

歩形については、確か一度、警告カードを出されていましたが、素人目にも、「世界一美しい歩形」と言われる鈴木雄介選手と同じような上下動のないきれいな歩形です。

テレビを見ながら調べていると、山西選手は、鈴木選手同様「内田隆幸氏の指導を定期的に受けていた」そうです。

堀川高校時代にジュニアで頭角を現し、関東の陸上強豪校からの誘いもあったそうですが、実力で京都大学工学部に進学。

現在は、愛知製鋼陸上部に所属しているそうですが、本人はもちろん、両親からも「このまま競歩を続けていいのか」と相当苦悩されたようです。

 

それと、ゴール後の表情とインタビューがとても印象的です。

鈴木選手は、ゴール後号泣でしたし、これまでの世界陸上で金メダルを獲得した谷口浩美氏、鈴木博美氏、浅利純子氏は、歓喜の表情でしたが、山西選手は、「当然」という雰囲気でケロっとしている。

インタビューでも「自分が勝って嬉しいだけでは意味がない」、「自分の歩く姿を見せて何かを感じて欲しい」旨の発言をしていて、今までの金メダリストたちとは少し違うな、と感じました。

 

50キロで金を獲得した鈴木選手は、20キロでの日本代表選考レース出場を検討しているそうです。

外野からすれば、東京五輪では、20キロ、50キロに世界陸上の金メダリストが出場して欲しいところですが、東京五輪の競歩の予定コースは晴れていれば全く日陰のない皇居外苑。

50キロの鈴木選手は「完走できるかどうか恐怖を感じるコース」と言っていますので、50キロになんとか出場してもらうためにも、東京オリンピック委員会は、競歩コースの見直しを検討して欲しいものです。

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434262858/bloglogcom-22/ref=nosim/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:スポーツ・芸能に関する話, 08:56
comments(0), trackbacks(0), - -